プジョー 208/e-208、 日本カー・オブ・ザ・イヤーの 「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得  

公開日 : 2020/12/09 06:30 最終更新日 : 2020/12/09 06:30

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したプジョー 208/e-208

Peugeot 208 / e-208

プジョー 208/e-208

 

 

2020年度の輸入車の中で最多得点を獲得

 

「プジョー 208/e-208」が、2020年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて輸入車の最多得点を獲得したモデルに与えられる「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 

プジョー 208/e-208の受賞理由に関して、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、以下のようにコメントしている。

 

「高剛性ボディとしなやかに動くサスペンションの組み合わせで実現した、クラスを超えた上質な乗り心地と、ドライバーの意のままにライントレースするハンドリングが秀逸。フランス車らしい内外装の高いデザイン性と精緻な作り込みも魅力で、発進時から豊かなトルクを発揮しガソリン車同様のフットワークを持ちながら、400万円を切る車両価格のEVモデル『e-208』を選べる点も評価した」

 

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したプジョー 208/e-208

電気自動車の「e-208」は、3年3万kmでの所有コストが、ガソリンモデルの208と変わらないレベルを実現した。

 

ガソリンモデルと変わらないコストで所有できるEV

 

208/e-208は、プジョーブランド伝統のコンパクトハッチバックであり、スタイリッシュかつ凝縮感のあるエクステリアデザインを実現。「3D i-Cockpit」を初採用し、機能と意匠の両面で自動車業界をリードするUI/UXを提供するインテリア、グループPSAの新世代プラットフォーム「CMP(Common Modular Platform)」による爽快な走りを特徴としている。

 

さらに、CMPの恩恵により、同じプラットフォームでガソリン内燃機関(ICE)と電気自動車(EV)の両パワートレインを同時にラインナップ。カスタマーに選択の自由を提供する独自の「Power of Choice」コンセプトを打ち出している。

 

これにより3年・3万kmでのおおよその所有コスト(プジョー試算)が208(Allureグレードで259万9000円〜)とe-208(Allureグレードで389万9000円〜)で同等となり、ガソリンエンジン版を購入するのとさほど変わらないコスト感で、電気自動車を購入することができるようになった。

 

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したプジョー 208/e-208

7月の導入後、208が1818台、e-208が105台の合計1923台を受注。日本でも好調なセールス実績を残している。

 

導入以来日本でも好調なセールスを記録

 

グループPSAジャパンの代表取締役社長、トマ・ビルコは今回の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞について以下のように喜びを語っている。

 

「このたびは日本カーオブザイヤー輸入車部門での名誉ある賞をいただき、まことに嬉しく光栄に思います。2020年の今年、素晴らしいクルマばかりノミネートされておりました。その中であっても新型208、そしてe-208は、多くのジャーナリストの方をうならせるほどの仕上がりだったと我々も自負しております」

 

「e-208の日本市場への導入によって『多くの方に手の届く電気自動車』をインポーターとして実現できたことも大きな成果と位置づけております。日本カーオブザイヤーのインポート・カー・オブ・ザイヤーをいただいたことで、内燃機関でも電気でもどちらの動力源であってもデザインや居住性を損なうことなく、生活スタイルに合わせたモデルを自由に選べるというプジョーブランドの提案 “POWER OF CHOICE” をお客さまに感じていただきたく思います」

 

208/e-208は「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」や「レッドドット・デザインアワード」など、世界各国で名誉ある賞を受賞し、世界的なセールスも好調に推移。日本国内でも7月のデビュー以来、幅広い層から支持され、顧客受注実績で208が1818台、e-208が105台の合計1923台(12月6日現在)と、好調なセールスを記録している。