BMW アルピナ B3、パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを日本・ドイツでダブル受賞

公開日 : 2020/12/15 06:30 最終更新日 : 2020/12/15 06:30


ドイツと日本で「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したBMW アルピナ B3

BMW ALPINA B3

BMW アルピナ B3

 

 

日本とドイツのジャーナリストからの高い評価

 

「第41回2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、新型BMW アルピナ B3が「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2019年11月1日から2020年10月31 日の期間に日本国内で発表・発売された国産車と輸入車が選考対象となり、新型BMW アルピナ B3は多くの選考委員の評価を得て、感動的なドライブフィールを味わえるクルマに与えられる賞「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 

また、新型BMW アルピナ B3は、10月13日に発表された「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー(G-COTY)2021」においても、パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、日独両国での受賞という快挙を達成した。

 

ドイツと日本で「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したBMW アルピナ B3

今回、日本とドイツという自動車大国において、BMW アルピナ B3のパフォーマンスが高く評価された。

 

ふたつの自動車大国のファンを虜にしたアルピナ

 

アルピナの日本総代理店ニコル・オートモビルズのC.H. ニコ・ローレケ社長は、今回のダブル受賞に喜びを隠さない。

 

「この喜びをドイツのアルピナ創業者、ブルカルト・ボーフェンジーペン、そして日本の自動車ファンの皆さまと分かち合いたいです。そして、日本の自動車ファンの皆さまにBMW アルピナ B3をご紹介できることを光栄に思います。このクルマはあの日の私の心を鷲掴みにしたように、間違いなく皆さまの自動車人生を豊かにしてくれるでしょう」

 

「BMW アルピナ B3はドイツ・カー・オブ・ザ・イヤーにおいても並みいる強豪をおさえ、栄えあるパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。自動車大国であるドイツと日本のモータージャーナリストの心をとらえたBMW アルピナ B3は、まさに真のドライバーズカーと呼べる存在です」

 

アルピナのアンドレアス・ボーフェンジーペン社長も、次のように感謝のコメントを発表している。

 

「数週間前、BMW アルピナ B3がドイツで『パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー2021』を受賞し、私たちはこれを大変嬉しく思っていました。そして、私たちは日本からさらに喜ばしいニュースを受け取りました。日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいても『パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したというのです。なんという名誉でしょう」