恒例のチューンドポリスカー企画にACシュニッツァーが「BMW M850i」のポリス仕様を発表!【動画】

公開日 : 2020/12/27 06:30 最終更新日 : 2020/12/27 06:30

ACシュニッツァーが製作した「BMW M850i xDrive」ポリス仕様

Police BMW M850i xDrive by AC Schnitzer

ポリス BMW M850i xDrive by AC シュニッツァー

 

 

ドイツ・カー・チューン連盟が提唱する”安全なチューンドカー”

 

ドイツ・カー・チューン連盟(VDAT)は、道路法規に合致した「安心・安全なチューニングカー」をアピールする「TUNE IT! SAFE」キャンペーンを実施。毎年エッセン・モーターショーにおいて、様々なチューニングカーブランドが手掛けたポリスカーコンセプトを発表してきた。

 

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて2020年はエッセン・ショーが開催できなかったことから会場でのお披露目はなかったものの、ACシュニッツァーが製作した「BMW M850i xDrive」ポリス仕様が公開された。

 

このキャンペーンはドイツ連邦運輸省とデジタル・インフラストラクチャー省からのサポートを受けており、今回発表されたM850i xDriveポリス仕様も、ドイツの道路法規をクリアしている。

 

ACシュニッツァーが製作した「BMW M850i xDrive」ポリス仕様の4.4ツインターボ

今回、ベースに選ばれたのは「BMW M850i xDrive」。搭載される4.4リッターV8ツインターボは、パフォーマンスアップグレードキットの装着により、最高出力620hpを発揮する。

 

BMW M850iのV8ツインターボを620hpまでチューン

 

2020年のベース車両に選ばれたのは、BMW M850i xDrive。4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、ACシュニッツァーのパフォーマンスアップグレードキットにより最高出力が530hpから620hpに向上。このエンジンパフォーマンスアップグレードも、ドイツの法規をクリアしている。

 

排気系統にはACシュニッツァー・スポーツエキゾーストを装着。片側2基のエキゾーストフラップと2本のカーボンスポーツ・テールパイプを備えており、抜群のエキゾーストノートを実現。こちらもドイツにおける騒音規制に則って開発された。

 

ACシュニッツァーが製作した「BMW M850i xDrive」ポリス仕様

チューンドポリスカーだからこそ、足まわりと足元にもこだわった。ACシュニッツァー製サスペンションスプリングキットにより、大幅なローダウン化を実現している。

 

ローダウン化による迫力のアピアランス

 

ホイールはACシュニッツァー製「AC3」軽量鍛造アルミをチョイスした。カラーはシックなマット・アントラシート、サイズはフロントが9.0J×21インチ、リヤが10.0J×21インチを装着。タイヤはハンコック製の「Ventus S1 evo 3(フロント255/30R21、リヤ295/25R21)」を履く。

 

足まわりにはACシュニッツァー製サスペンションスプリングキットを採用。標準モデルと比較してフロントが約20~30mm、リヤが約20~25mmローダウン化された。足まわりのセッティングはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェにおいて徹底的に煮詰めたという。

 

ACシュニッツァーが製作した「BMW M850i xDrive」ポリス仕様

すでにBMW 8シリーズ用パーツとしてリリースされている、カーボンファイバー製エアロパーツが贅沢に装着された。

 

贅沢にカーボンパーツをあしらったエクステリア

 

エクステリアは、ACシュニッツァーが展開する「カーボン・フロントスポイラー・エレメント」「フロントスプリッター」「カーボン・フロントサイドウイング」「カーボン・サイドスカート」「カーボン・リヤディフューザー」「カーボン・リヤスポイラー」など、レーシーなカーボンファイバー製パーツを贅沢に使用した。

 

これらの空力パーツは、アグレッシブなアピアランスに加えてサーキットにおけるダウンフォースレベルを大幅に向上させる効果を持つ。

 

インテリアにはACシュニッツァー「アルミニウム・シフトパドルセット(ブラックアルマイト処理)」「アルミニウム・ペダル」「アルミニウム・フットレスト」「アルミニウム・キーホルダー」「iDriveコントローラー用カバー」などが装着された。