コンチネンタルタイヤ、「エクストリームE 」参戦車両に最先端のタイヤ管理システムを提供

公開日 : 2020/12/29 06:30 最終更新日 : 2020/12/29 06:30

AUTHOR :
コンチネンタルタイヤ、エクストリームEにタイヤを供給

地球の最果てを走るマシンのため、専用タイヤを提供

 

2021年3月に新たなモーターレースカテゴリーとしてスタートする「エクストリームE(Extreme E)」。電動SUVベースのレースカーが、世界中の荒野や極地で速さを競うこともあって、世界中のモータースポーツファンから大きな注目を集めているレースのひとつだ。

 

予定される開催地はサウジアラビアの砂漠やセネガルの海岸地域、 氷に包まれるグリーンランド、 ブラジルの熱帯雨林、 パタゴニアの氷河地帯と、いずれも地球の最果てのステージ。灼熱の砂地や砂利、岩だらけのガレ場、アップダウンが激しい泥地など、オンロードを走るレース以上にタイヤにも大きな負担がかかるのは必至だろう。

 

世界各地のレースシーンで積極的に活動するコンチネンタルタイヤ。エクストリーム Eでは創設パートナーとして強力なバックアップ体制も整えている。

 

過酷なレースに挑むタイヤのコンディションをリアルタイムで監視

 

エクストリームEの創設パートナーであるコンチネンタルタイヤは、この過酷なレースに参戦する車両のために専用開発したスペシャルタイヤを供給。サプライヤーとしても強力にバックアップする。

 

さらにコンチネンタルタイヤのサポートはタイヤの供給だけでは終わらない。レース中のタイヤの空気圧や温度などのデータをリアルタイムに収集して送信する、同社のタイヤ管理ソリューション「ContiConnect(コンチ・コネクト)」も提供される。

 

コンチネンタルタイヤ、エクストリームEにタイヤを供給

過酷な環境下で強靭な走りをみせるワンメイクSUV 「ODYSSEY 21」。エクストリームEのコースは、急加速や急ブレーキ、ドリフト、さらにジャンプなどタイヤにとって厳しいシーンが多いことが予想される。

 

ワンメイクSUV「ODISSEY 21」の足もとを強力にカバー

 

エクストリームEのために開発されたワンメイクSUV 「ODYSSEY 21 (オデッセイ 21) 」は、最高出力は約550hp、さらに最大トルクはフォーミュラ Eの第2 世代車両(Gen 2)と比べて3倍のトルクと、強烈なパワースペックが与えられる。悪路を疾走するレースだけに、サーキットレース以上にタイヤには強大な負荷がかかってしまう。加えて、いずれのチームも限界ギリギリで戦うだけに、不意のトラブルの可能性はゼロにはならない。そのレース中に発生するリスクをデジタルの力を最小限にしようというのが、この「ContiConnect」の狙いだ。

 

コンチネンタルタイヤ、エクストリームEにタイヤを供給

エクストリームEのために開発されたスペシャルタイヤ。コンチネンタルタイヤは、すべての参戦車両に対して厳しいコンディショ ンに対応できるタイヤと最先端のデジタル・タイヤ・モニタリングを提供する。

 

最先端のデジタル・タイヤ・モニタリング

 

走行中にタイヤ内部に設置されたセンサーが測定・分析したデータは、即座に運転席に備え付けたモニターに表示される。空気圧や温度の変化は光と音の信号で示されるため、何らかの異常が発生したとしてもドライバーは速やかに対処できる仕組みだ。さらにこのタイヤデータはレースチームのサポート部門のコンピューターに送信されるため、レース後の分析にも大きな貢献を果たしてくれる。

 

デジタルの力を用いることで安全なレースをサポートしたい。このコンチネンタルタイヤの試みは、多くのレース関係者からも注目を集めるだろう。

 

 

【関連リンク】

・コンチネンタルタイヤ 公式サイト

https://www.continental-tire.jp/car