アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】

公開日 : 2021/01/06 17:55 最終更新日 : 2021/01/06 17:55

AUTHOR :

マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスのフロントスタイル

MASERATI LEVANTE × JAGUAR F-PACE S

マセラティ レヴァンテ × ジャガー Fペイス S

 

 

ブランド初のSUV同士が競う“粋”バトル

 

マセラティ、ジャガーともにブランド史上初となるSUVがこの2台だ。イタリアとイギリスを代表する“粋”な両メーカーが手がけるだけあり、レヴァンテ、Fペイスともにスタイリッシュかつスポーティな仕上がり。伊達男にこそ似合うラグジュアリーSUV2モデルをじっくりと味わってみた。

 

マセラティ レヴァンテの走行シーン

最高出力350ps/最大トルク500Nmを発生する3.0リッターV6ツインターボを搭載するマセラティ レヴァンテ。Cピラーが傾斜して後端が絞り込まれるSUVクーペスタイルを採用している。

 

「泥臭さを見事に払拭し洗練さを身につけたという点で、2台は同じ地平線上に立っている」

 

もともとピックアップから派生したSUVもついにここまで進化し、ここまで“都市化”したかという意味では実に感慨深い2台である。マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイス。生まれ故郷はイタリアとイギリスという違いがあって、それが走りやデザインに色濃く反映されているものの、泥臭さを見事に払拭し、くすみひとつない洗練さを身につけたという点で、2台は同じ地平線上に立っているように思う。

 

もうひとつ、2台に共通しているのは、それぞれのブランドが手掛けた初のSUVであるという点。「いやいや、ジャガーは同じグループ内にランドローバーというSUV

 

スペシャリストがあるじゃないか」とアナタは反論するかもしれないが、少なくとも今回試乗した範囲でいえば、Fペイスにランドローバーの影響はほとんど認められなかった。そんなことより重要なのは、Fペイスによって「ジャガーのSUV」という新たな個性が創出されたことにあるはず。実際、Fペイスは既存のSUVではあまり味わうことのできない、なかなかユニークな世界が表現されていたのである。

 

2台のスペックは驚くほど似ているが、実車を目の前にしたときの印象と対照的で面白いと思ったのが全長の違い。見た目にはルーフが水平にすっきりと伸びたFペイスのほうが長く見えるのに、実際にはレヴァンテのほうが260mmも長い。これは、レヴァンテのルーフ後端がFペイスよりも強い傾斜角で下降していることと、レヴァンテのリヤフェンダーが力こぶのように盛り上がっていて、この部分が独立しているように見えることに原因がありそうだ。

 

マセラティ レヴァンテのインテリア

ダッシュボード中央にはナビ機能、オーディオ、シートヒーターなどのコントロールを行える8.4インチのマセラティ・タッチ・コントロールを装備。全グレードともレザーシートを標準採用するが、パッケージオプションで世界的な紳士服ブランドとコラボした「エルメネジルド・ゼニア・エディション」のインテリアを設定する。

 

「視覚的な広々感でも実際のスペースでもレヴァンテがFペイスに優る」

 

現実に長いボディが与えられたレヴァンテにはそれなりのメリットもあって、たとえばトランクの容量はFペイスの508リットルを凌ぐ580リットルを実現している。一方で不可解なのがリヤのレッグルームで、Fペイスのホイールベースはレヴァンテより130mmほども短いのに、後席の膝まわりにはレヴァンテを明確に上まわる余裕があった。ただし、ヘッドルームを比べると両者の立場は逆転し、視覚的な広々感でも実際のスペースでもレヴァンテがFペイスに優っている。もっとも、これらの差は厳密に比較して初めて明らかになる程度のもので、一方が他方を圧倒的に上まわるほどの違いではないことは強調しておきたい。

 

走りのテイストはどうか?

 

エンジンはともに排気量3.0リッターのV6過給機付き(レヴァンテはターボでFペイスはスーパーチャージャー)で、最高出力と最大トルクはレヴァンテ:350ps/500Nm、Fペイス:380ps/450Nmと大差はない。実際、2台を乗り比べても速さに決定的な差はないものの、そのフィーリングには見逃せない違いがある。レスポンスがより鋭いのはレヴァンテのほうで、スロットルペダルを踏み込むと同時に加速Gが素早く立ち上がるのを体感できる。そのせいか、エンジンがすぐ吹けきって加速感も早々に下降傾向へと転じるのもレヴァンテの特徴だ。

 

ジャガー Fペイスの走行シーン

同門にランドローバーを擁するジャガーがブランド初のSUVとしてマーケットに送り出したのがFペイス。当然ランドローバーの知見は盛り込まれているが、見事にジャガーネスを表現している。搭載エンジンは最高出力380ps/最大トルク450Nmを発生する3.0リッターV6スーパーチャージド。

 

「Fペイスは長く伸びやかに続く“息の長い加速感”が特徴」

 

これに比べるとFペイスは背中をぐいと押されるまでにはひと呼吸が必要なものの、いざ本格的な加速が始まると、その感覚は長く伸びやかに続いていく。いわゆる“息の長い加速感”というヤツだ。

 

両者の特徴は、スピードのピックアップが良好で俊敏な加減速が容易なイタリアン・スポーツカーと、鋭い加速は得意でなくともバランスのいいシャシーを武器に高い速度を保ったまま次々とコーナーをクリアしていくブリティッシュ・スポーツカーの違いにも通じるところがあるように思えて、なかなか興味深い。

 

同様のことはハンドリングについてもいえる。硬めのサスペンションと比較的クイックなステアリング・レシオを利して素早いターンインを実現するレヴァンテに対し、優れたスタビリティとロードホールディングを武器にし、路面の不整などものともせずにワインディングロードを駆け抜けていく力強さと安定感がFペイスにはある。

 

ジャガー Fペイスのインテリア

10.2インチのタッチスクリーンを備えたセンターコンソール上の液晶パネルと、3Dマップビューを表示できるメーター内の12.3インチのバーチャルコクピットを組み合わせた最新のインフォテインメントシステムを採用。後席は、足元が945mm、膝まわりが65mmの空間で大人が快適に座れるスペースを誇る。電動リクライニング機能付き。

 

「より安心してステアリングを握っていられるFペイス」

 

Fペイスの安心感を生み出す源は、レヴァンテを上まわるボディ剛性感にあるのだろう。暴れ回ろうとするサスペンションを最後はボディが抑え込み、路面にタイヤを適切に接地させる。このボディの担うべき役割が明確になっているからこそ、Fペイスのほうがより安心してステアリングを握っていられるのだ。

 

もっとも、比較すればFペイスのほうがボディ剛性は高く感じられるものの、ボディがバツグンに頑丈とまで言い切れないのはFペイスもレヴァンテも同様で、これが時として感じる乗り心地の荒さにつながっている点は否めない。大きな衝撃がサスペンションに加わったときにボディがしなやかに受け止めきれず、微細な振動となって乗員に伝わってしまうのだ。どちらもベースとなったXEとギブリはしっかりとしたボディ剛性感を備え、乗り心地に荒れた点など見当たらないだけに、これはいささか残念に感じられた。

 

マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスのリヤスタイル

両モデル共にオンロード性能はもちろん、オフロード性能も十分以上に担保しているはずだが、筆者は試乗を通じて「2台が本当に光り輝く舞台は荒涼とした原野ではなく、夜ごとパーティが繰り広げられる大都会ではないだろうか?」と語る。

 

「絶対的な性能や味わいという面でいえば2台は驚くほど似ている」

 

いずれにせよ、再三指摘しているように、それらはレヴァンテとFペイスを乗り比べてようやく浮き上がる程度の違いで、絶対的な性能や味わいという面でいえば2台は驚くほど似ている。では、レヴァンテとFペイスの決定的な差はなにかといえば、内外装が醸し出す世界観の違いに他ならないと思う。

 

全般的にいって、レヴァンテにはクラシカルなエレガンスがある。センターコンソールやダッシュボードに貼られたウッド調のフェイシア、緩やかな曲線を描くシートに縫い込まれた繊細なステッチなどは、その象徴ともいえる部分だ。一方でFペイスの造形を素っ気ないと言ってしまうのは簡単だが、レザーを含めた全般的な質感はこちらのほうが明らかに高く、先進的なデザインが随所に施されている。その違いは、クラシックで優雅なスタイルのイタリアンスーツと、仕立てのよさを基本としながらも部分的に遊び心を取り入れた最新のブリティッシュスーツの違いにも通底しているようだ。

 

もちろんレヴァンテとFペイスはちょっとした悪路などものともせずに走破するオフロード性能を備えているはずだが、2台が本当に光り輝く舞台は荒涼とした原野ではなく、夜ごとパーティが繰り広げられる大都会ではないだろうか? 私にはそんなふうに思えて仕方なかった。

 

 

REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI)
PHOTO/篠原晃一(Koichi SHINOHARA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

マセラティ レヴァンテ

ボディサイズ:全長5000 全幅1985 全高1680mm
ホイールベース:3005mm
車両重量:2140kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2979cc
圧縮比:9.7
最高出力:257kW(350ps)/5750rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/4500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション:前後スカイフック+エアサスペンション
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前後255/60ZR18
最高速度:243km/h
0-100kmh加速:6.3秒
燃料消費率:10.7L/100km(EU複合)
車両本体価格:1080万円

 

ジャガー Fペイス S

ボディサイズ:全長4740 全幅1935 全高1665mm
ホイールベース:2875mm
車両重量:1980kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
総排気量:2994cc
圧縮比:10.5±0.5
最高出力:280kW(380ps)/6500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/3500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後インテグラルリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前後255/50R20
最高速度:250km/h
0-100kmh加速:5.5秒
燃料消費率:10.1km/L(JC08モード)
車両本体価格:981万円

 

 

※GENROQ 2017年 1月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連リンク】

・GENROQ  2017年 1月号 電子版

※雑誌版は販売終了