アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_30 | 7枚目の写真 (全12枚)

公開日 : 2021/01/06 17:55 最終更新日 : 2021/01/06 17:55

AUTHOR :
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_24- | 1枚目の写真 (全12枚) 最高出力350ps/最大トルク500Nmを発生する3.0リッターV6ツインターボを搭載するマセラティ レヴァンテ。Cピラーが傾斜して後端が絞り込まれるSUVクーペスタイルを採用している。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_23- | 2枚目の写真 (全12枚) ジャガー Fペイスの走行シーン
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_21- | 3枚目の写真 (全12枚) マセラティ レヴァンテの走行シーン
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_22- | 4枚目の写真 (全12枚) 同門にランドローバーを擁するジャガーがブランド初のSUVとしてマーケットに送り出したのがFペイス。当然ランドローバーの知見は盛り込まれているが、見事にジャガーネスを表現している。搭載エンジンは最高出力380ps/最大トルク450Nmを発生する3.0リッターV6スーパーチャージド。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_31 | 5枚目の写真 (全12枚) 両モデル共にオンロード性能はもちろん、オフロード性能も十分以上に担保しているはずだが、筆者は試乗を通じて「2台が本当に光り輝く舞台は荒涼とした原野ではなく、夜ごとパーティが繰り広げられる大都会ではないだろうか?」と語る。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_29 | 6枚目の写真 (全12枚) 10.2インチのタッチスクリーンを備えたセンターコンソール上の液晶パネルと3Dマップビューを表示できるメーター内の12.3インチのバーチャルコクピットを組み合わせた最新のインフォテインメントシステムを採用。後席は、足元が945mm、膝まわりが65mmの空間で大人が快適に座れるスペースを誇る。電動リクライニング機能付き。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_30 | 7枚目の写真 (全12枚) 10.2インチのタッチスクリーンを備えたセンターコンソール上の液晶パネルと3Dマップビューを表示できるメーター内の12.3インチのバーチャルコクピットを組み合わせた最新のインフォテインメントシステムを採用。後席は、足元が945mm、膝まわりが65mmの空間で大人が快適に座れるスペースを誇る。電動リクライニング機能付き。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_27 | 8枚目の写真 (全12枚) ダッシュボード中央にはナビ機能、オーディオ、シートヒーターなどのコントロールを行える8.4インチのマセラティ・タッチ・コントロールを装備。全グレードともレザーシートを標準採用するが、パッケージオプションで世界的な紳士服ブランドとコラボした「エルメネジルド・ゼニア・エディション」のインテリアを設定する。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_28 | 9枚目の写真 (全12枚) 10.2インチのタッチスクリーンを備えたセンターコンソール上の液晶パネルと、3Dマップビューを表示できるメーター内の12.3インチのバーチャルコクピットを組み合わせた最新のインフォテインメントシステムを採用。後席は、足元が945mm、膝まわりが65mmの空間で大人が快適に座れるスペースを誇る。電動リクライニング機能付き。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_25 | 10枚目の写真 (全12枚) ダッシュボード中央にはナビ機能、オーディオ、シートヒーターなどのコントロールを行える8.4インチのマセラティ・タッチ・コントロールを装備。全グレードともレザーシートを標準採用するが、パッケージオプションで世界的な紳士服ブランドとコラボした「エルメネジルド・ゼニア・エディション」のインテリアを設定する。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_26 | 11枚目の写真 (全12枚) ダッシュボード中央にはナビ機能、オーディオ、シートヒーターなどのコントロールを行える8.4インチのマセラティ・タッチ・コントロールを装備。全グレードともレザーシートを標準採用するが、パッケージオプションで世界的な紳士服ブランドとコラボした「エルメネジルド・ゼニア・エディション」のインテリアを設定する。
  • アーバンSUVの新潮流はイタリア風か英国流か? マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスの素顔に迫る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_SUV_20_M | 12枚目の写真 (全12枚) マセラティ レヴァンテとジャガー Fペイスのフロントスタイル

※ スワイプで前後の画像を表示