マクラーレン・オートモーティブ、英国のラグジュアリーブランド業界団体「ウォルポール」への加入を発表

公開日 : 2021/01/12 14:55 最終更新日 : 2021/01/12 14:55


英国のラグジュアリーブランド業界団体「ウォルポール」にマクラーレンが加入

英国を代表する250以上のブランドが加盟

 

1月11日、マクラーレン・オートモーティブは、英国のラグジュアリーブランド業界団体「ウォルポール(Walpole)」への加入を発表した。ウォルポールは1992年に非営利団体として設立され、バーバリー、フォートナム&メイソン、クラリッジズなど、英国を代表する250以上のブランドが加盟している。

 

ウォルポールは、英国のラグジュアリーブランドの価値を世界に広め、強化することを目的としており、今回の加入によりマクラーレンのラグジュアリーブランドとしての立場がより強化されることになる。また、ウォルポールが展開するグローバルなラグジュアリーネットワークとの連携も期待されている。

 

この強力なネットワークには、ヨーロッパの高級産業団体であるECCIA(欧州文化・創造産業連盟:European Cultural and Creative Industries Alliance)も含まれている。

 

ECCIAは、イタリアのアルタガンマ(Altagamma)、スペインのサーキュロ・フォーチュニー(Circulo Fortuny)、フランスのコルベール委員会(Comite Colbert)、スウェーデンのグスタフ3世委員会(Gustav III Committee)、ドイツのマイスタークライス(Meisterkreis)、イギリスのウォルポール(Walpole)という6つのヨーロッパのハイエンド文化・クリエイティブ産業団体で構成。これらの団体は、LVMHなどを含む600以上のハイエンド・ラグジュアリーブランドや、ラグジュアリーグループが参加している。

 

英国のラグジュアリーブランド業界団体「ウォルポール」にマクラーレンが加入

マクラーレン・オートモーティブは初のハイブリッドスーパースポーツアルトゥーラ」の発表に先立って、ウォルポールへの加入を発表。ウォルポールには英国を代表する250ものブランドが加入しており、今後多くのブランドとのコラボレーションなども期待されている。

 

様々な英国製ブランドとのコラボレーションも

 

ヘレン・ブロックルバンクCEOが率いるウォルポールは英国政府と協力し、英国のラグジュアリーブランドにとって最大市場である米国との貿易交渉も行う。マクラーレン・オートモーティブは、同社初の量産型ハイパフォーマンスハイブリッドスーパースポーツ「アルトゥーラ」のワールドプレミアを控えており、このビッグイベントを前にウォルポールへの参加を発表した。

 

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、ウォルポールへの加入について次のようにコメントしている。

 

「マクラーレン・オートモーティブがウォルポールに加われたことを心から嬉しく思います。ウォルポールはスーパースポーツ、ファッション、ホテル、新興企業からグローバルブランドまで、英国を代表する様々なラグジュアリーブランドが参加している団体です。すべてのブランドに共通しているのは、品質へのこだわり、顧客のニーズを見極め、顧客体験を向上させることにあります」

 

「マクラーレンが開拓してきた技術や様々なアプローチに関しては、スーパースポーツの領域を超えて、英国のラグジュアリー業界、特にウォルポールのメンバーが直面しているより深い問題に関連していると確信しています。ヘレン(ブロックルバンク)が率いるチームや加盟団体のメンバーと協力して、我々が共に目指すターゲットに向かって、より大きなコラボレーションを推進していきたいと思っています」

 

ヘレン・ブロックルバンクCEOもマクラーレンのウォルポール加入に喜びを隠さない。

 

「マクラーレン・オートモーティブがウォルポールに加わったことを嬉しく思います。マクラーレンは素晴らしい血統を持ちながら、絶え間ないイノベーションを続けているエキサイティングなラグジュアリーブランドです。その卓越した血統を、驚くべき性能のスーパースポーツ製造に結びつけてきました。マクラーレンが他の英国製高級ブランドとのコラボレーションを行うことで、我々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています」