フェラーリ ポルトフィーノの改良新型が日本上陸! 「M」の称号を得た跳ね馬GTスパイダーの進化点とは

公開日 : 2021/01/14 13:20 最終更新日 : 2021/01/14 13:20


フェラーリ ポルトフィーノ Mのフロント

Ferrari Portfino M

フェラーリ ポルトフィーノ M

 

 

「走り」と「環境」をグレードアップ

 

フェラーリ ジャパンは2021年1月14日に、改良新型「ポルトフィーノ M」を国内初披露した。車名の「M」はイタリア語のModificana、英語のモディファイを意味するもので、フェラーリでは「パフォーマンスを向上させ、進化を遂げたモデル」に使われてきたシンボルだ。

 

リトラクタブルハードトップを備えた2+GTスパイダーのポルトフィーノにもたらされた“進化”のハイライトは、大きく分けて3つ。「パワートレインの進化」「マネッティーノの5モード化」「ADAS(先進運転支援システム)やインフォテインメントのアップデートなどコクピット環境の進化」が改良の目玉となった。

 

フェラーリ ポルトフィーノ Mのサイドビュー

リトラクタブルルーフを備えたフェラーリ ポルトフィーノ Mは、クーペ、オープンカーいずれのスタイルでも跳ね馬ならではの美しさをキープするデザインを美点としている。

 

20馬力アップしたV8ユニット

 

ポルトフィーノ Mに搭載する3855ccのV型8気筒ガソリンターボエンジンは、出力を従来より20馬力引き上げた620cvを発生(最高出力620cv/5750〜7500rpm、最大トルク760Nm/3000〜5750rpm)する。

 

新たにガソリンパティキュレートフィルターを装着し、ヨーロッパの最も厳しい排出ガス基準(Euro-6D)に適応させながらも、V8のポテンシャル自体も一段階高めた。

 

フェラーリ ポルトフィーノ MのV8ユニット

フェラーリ ポルトフィーノ Mにはインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの常連となっている傑作V8ターボユニットを搭載。最高出力は従来比で20cvアップの620cvまで引き上げられた。

 

完全新設計の8速DCTを搭載

 

組み合わせるトランスミッションもこれまでの7速から、新設計の8速デュアルクラッチギヤボックスに変更している。ちなみに、オープントップのフェラーリモデルが8速を採用するのはこれが初。

 

8速ギヤボックスは従来の7速とはまったく異なる設計のユニットで、オイルバス式デュアルクラッチ構造を採る。クラッチモジュールを20%小型化するとともに、トルクデリバリーを35%向上するなど、これまで以上に効率の良いユニットとなっている。

 

フェラーリ ポルトフィーノ Mのコクピット

フェラーリ ポルトフィーノ Mは、コクピット環境もアップデート。マネッティーノは5モードから選択できるようになった。

 

マネッティーノに「Race」モードを追加

 

走行モードをシチュエーションによって切り替えることのできる「マネッティーノ」には、これまでの「ウェット」「コンフォート」「スポーツ」「ESCオフ」に加えて「Race(レース)」を追加。

 

レースモードの追加は、ポルトフィーノ Mのもつ優れたハンドリングとトラクション性能を一層強化することが目的だという。各キャリパーのブレーキ圧を調整してコーナリング時の車両の挙動をコントロールする「フェラーリ ダイナミック エンハンサー(FDE)」のアシストを得て、よりシャープなハンドリングを実現する。

 

フェラーリ ポルトフィーノ Mのパセンジャー用ディスプレイ

フェラーリ ポルトフィーノ Mのタッチディスプレイは、ダッシュボード中央に加え、パッセンジャー用として助手席前方にも設置できるようになった。

 

最新のADASもオプションリストに登場

 

デザイン面での変更は最小限に抑えているが、フロントにはよりアグレッシブなバンパーを採用し、リヤもディフューザーの形状を刷新するなど、よりスポーティで精悍さを増した印象に。

 

コクピットにも10.25インチのタッチスクリーンや助手席用ディスプレイなど、最新の車載インフォテインメント環境を整えた。

 

また、ACCや自動ハイビーム、ブラインドスポットモニター、標識認識機能、車線逸脱警告、緊急ブレーキ、リヤクロストラフィックアラート、3Dサラウンドビューを含むADAS(先進運転支援システム)を新たにオプション設定。さらに、ベンチレーション及びヒーター機能搭載シートもラインナップし、ポルトフィーノが生来備えてきた快適性の高さを一層引き上げている。

 

フェラーリ ポルトフィーノ Mのリヤビュー

「M」の称号を得て、さらなる進化を遂げたポルトフィーノ。V8ターボならではの軽快感や敏捷性をドライバーがより一層感じられるようになった。

 

オープンカーにも、クーペにも

 

V8ターボならではの軽快な走りをオープンエア、クーペ、いずれのスタイルでも堪能できるポルトフィーノ M。“M”の称号を得てさらに進化した跳ね馬は、単なる「改」モデルではなく、真新しい8速ギヤボックスと5ポジションのマネッティーノを、フェラーリのGTスパイダーとして初採用した意欲作といえる。

 

フェラーリ ジャパンのフェデリコ・パストレッリ代表取締役社長は次のように語っている。

 

「ポルトフィーノ Mは、真のGTパフォーマンスに、ドライビングプレジャー、敏捷性、日常的に活躍する卓越した汎用性を兼ね備える、まったく前例のないモデルとなっています。日本のお客様には、乗るたびに再発見の旅を提供するでしょう」

 

 

【SPECIFICATIONS】

フェラーリ ポルトフィーノ M

ボディスサイズ:全長4594 全幅1938 全高1318mm

ホイールベース:2670mm

車両乾燥重量:1545kg

エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:3855cc

最高出力:456kW(620ps)/5750-7500rpm

最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000-5750rpm

トランスミッション:8速DCT

駆動方式:RWD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)

最高速度:320km/h

0-100km/h加速:3.45秒

 

 

【関連リンク】

・フェラーリ 公式サイト

https://www.ferrari.com/ja-JP/