ディフェンダーの納車までランドローバーを乗り継げる新ファイナンスプログラム「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」スタート

公開日 : 2021/01/19 09:55 最終更新日 : 2021/01/19 09:55


ジャガー・ランドローバー・ジャパン、新ファイナンスプログラム「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」を期間限定導入

Land Rover DEFENDER 110 X-Dynamic

ランドローバー ディフェンダー 110 X-Dynamic

 

 

納車期間まで別モデルに乗りディフェンダーへの乗り継ぎが可能に

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型ディフェンダーのカスタマーを対象とした、新たなファイナンスプログラム「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」を発表。2021年1月14日(木)から3月31日(水)までの期間限定で、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにおいて導入する。

 

新型ディフェンダーは、2019年11月に発表した先行予約モデル「LAUNCH EDITION」の限定150台がわずか4日で完売。その後、先行予約モデル第2弾「STARTUP EDITION」を投入し、2020年4月からは本格的な受注を開始した。その後も受注の勢いは止まらず、販売台数を順調に伸ばしている。

 

こうした状況により、納車までの時間を要する場合があることから、今回のファイナンス・プログラムが企画された。新型ディフェンダーが納車されるまでの期間は、1台目として対象モデル(イヴォークかディスカバリー スポーツ)を使用し、その後は2台目として新型ディフェンダーに乗り継ぐことができるというプランとなる。

 

1台目購入の際、頭金と車両価格(オプション含む)の1%相当の月額費用が必要となるが、最短で8ヵ月目から2台目として新型ディフェンダーへの乗り換えが可能となる。その際、1台目の頭金は引き継がれ、車両の下取り価格を保証しているため、初期費用と維持費の負担を軽減しながら、ランドローバーの最新モデルを、連続して楽しむことができる。

 

 

【問い合わせ】

ランドローバーコール

TEL 0120-18-5568
 
 
【関連リンク】

・ランドローバー公式サイト

https://www.landrover.co.jp/