ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化! カーボン製パーツに加えて最高出力が802hpに向上 【動画】

公開日 : 2021/01/20 09:15 最終更新日 : 2021/01/20 09:15

ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化

NOVITEC FERRARI F8 TRIBUTO

ノヴィテック フェラーリ F8 トリブート

 

 

ECU新マッピングを採用し、さらなるパワーアップを実現

 

ランボルギーニやマクラーレンなどのスーパースポーツモデルをベースにしたチューニングカーを展開するドイツのノヴィテック(NOVITEC)が、「フェラーリ F8 トリブート」のカスタマイズプログラムをさらに進化させた。

 

今回、ノヴィテックはパワーユニットに2基の「ノヴィテック・Nトロニック・コントロール・モジュール」を搭載。ECUに新たなマッピングを導入し、電子制御ブーストプレッシャー・コントロールに変更を加えた。

 

3.9リッターV型8気筒DOHCツインターボに様々なエンジンアップデートプログラムを用意しており、最もパワフルな仕様は最高出力590kW(802hp)・最大トルク898Nmにまで進化を果たした。

 

パワーとトルクの向上によって、基本的な走行性能が向上した上に、スロットルレスポンスも大幅に改善。この結果、0-100km/h加速は2.6秒、最高速度は340km/h以上を実現している。

 

ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化

ステンレスとインコネルから選択できる「ノヴィテック・スポーツエキゾースト」は、24金メッキを使用したことでエンジンベイ内の放熱性が大幅に向上する。

 

F1にも採用されているインコネル製エキゾースト

 

「ノヴィテック・スポーツエキゾースト」は、ステンレス製に加えてF1マシンでも使用されている超軽量素材のインコネル製をラインナップ。貴金属の24金メッキを使用したことで、エンジンベイ内の放熱性が大幅に向上する。オプションで電子サウンドマネジメント・システムの装着も選択可能だ。

 

カーボンとステンレススチールを組み合わせた2基の大型テールパイプが、リヤセクションのレーシングルックを強調する。

 

ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化

2020年6月に発表されたF8 トリブートのアップデートプログラムでは開発中となっていたカーボンファイバー製ボディパーツが完成。エクステリアをレーシーに変化させるだけでなく、ダウンフォースが大幅に向上する。

 

ダウンフォースを大幅に向上するカーボン製パーツ

 

ボディワークは、ダウンフォース向上効果を持つレーシーなカーボンファイバー製パーツをラインナップ。すべてのパーツが、オプションでハイグロスクリアコートを施したネイキッドカーボン仕様を選ぶこともできる。

 

今回、ノヴィテックのデザイナーはエキサイティングなルックスだけでなく、何よりも空力効率を重視した。フロントセクションには2ピース・フロントスポイラーとF1マシンのフロントスポイラーを彷彿とさせるワイドエアインテーク用カーボントリムを装着。ボディサイドのロッカーパネルはサイドビューにスポーティな印象を与えるだけでなく側面のエアフローを改善する効果を持ち、サイドエアインテーク・フラップを装着。これらのデバイスによって高速走行時のリフト量を大幅に低減させる。

 

リヤセクションには、ダウンフォースを大幅に向上させる大型リヤウイングが配置された。標準採用されているリヤディフューザーには、カーボン製カバー、エアアウトレット、フィンを装着することも可能だ。

 

ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化

F8 トリブートでは前後で異なるホイールサイズを採用。今回はヴォッセと共同開発したセンターロック式「NF10」がチョイスされた。

 

ヴォッセ製センターロックホイールを装着

 

足元にはアメリカのホイールメーカー・ヴォッセ(Vossen)と共同開発したホイールが装着可能。今回はF8 トリブートのウェッジシェイプをより強調する細身の5本スポークとセンターロックが特徴の軽量鍛造「NF10」アルミホイール(フロント9Jx21、リヤ12Jx22)をチョイスした。

 

NF9には72種類のカラーバリエーショに加えて、オプションでサテン仕上げやポリッシュ仕上げも用意。また、サイズはフロント20インチ+リヤ21インチと、フロント21インチ+リヤ22インチから選ぶことができる。

 

足まわりにはノヴィテック製スポーツスプリングを装着し、ベースモデル比で35mmローダウン化。地下駐車場やちょっとした段差などでの扱いやすさを考慮し、ボタンひとつで車高を40mm上げることが可能な油圧式フロントリフトシステムを追加で装着することも可能。このシステムはスイッチを2回押すか、車速が80km/hに達すると自動的に元のポジションに復帰する。

 

ノヴィテック「フェラーリ F8 トリブート」がさらに進化

コクピットはオーナーの好みに合わせて自由なカスタマイズが可能。アルカンターラやカーボンなど、様々な素材やカラーが用意されている。

 

オーナーの好みに合わせたインテリアのカスタマイズ

 

これまでノヴィテックがリリースしてきたプログラム同様に、インテリアも様々なカスタマイズが可能。カスタマーの好みに合わせて、レザー、アルカンターラ、カーボンなど、カラーや素材に拘った独自のコクピットを作り出すことができる。