スーパースポーツ3番勝負! 田中哲也が鈴鹿サーキットを全開アタック:BMW M5 コンペティション編 【Playback GENROQ 2020】

公開日 : 2021/01/29 17:57 最終更新日 : 2021/01/29 17:57

AUTHOR :

BMW M5 コンペティションの走行シーン

Circuit Attack!! in SUZUKA

サーキットアタック in 鈴鹿サーキット

 

 

600psオーバーの“狂宴”。BMW M5 コンペティション編

 

ボディの軽量化、空力性能の向上、新型ターボチャージャーの搭載など、フルモデルチェンジ並のビッグチェンジを敢行したGT-R ニスモ 2020年モデル。その進化の度合いを確かめるため、田中哲也が鈴鹿サーキットで全開アタック! 骨太なAMG GT 63 SとM5コンペティションの2台を加え、豪華な“狂宴”となった。

 

鈴鹿アタック最後は、スポーツセダンのM5にさらなるチューニングを施し、走行性能を引き上げたBMW M5コンペティション。ベースモデルより25psアップの最高出力625psを発揮するエンジンや軽量なカーボンルーフが見せる恩恵とは?

 

BMW M5 コンペティションの走行シーン

専用の走行モード「M xドライブ」により多彩な走行を披露するBMW M5 コンペティション。FRモードと4WDモードでのフィーリングの違いを確認した。

 

BMW M5 Competition

BMW M5 コンペティション

 

変幻自在な“M”

 

現行型M5コンペティション(M5もそうだが)でサーキットを走るのは僕にとって今回が初めての体験だった。一般道でさえ現行型では走ったことがないのだ。2018年に登場した6代目M5はMモデルのセダンで初めて4WDを採用したモデルだ。M5コンペティションに採用されるM専用の「M xドライブ」がどのような走行性能を味わわせてくれるのか、非常に興味深かった。

 

まず走行前にM5コンペティションの複雑な走行モードを予習する。色々と試してみたが、今回は後輪の駆動トルク配分が増加し、リヤホイールのスリップ許容量が大きくなるMダイナミックモード(MDM+4WDスポーツ)とDSCオフ+4WDスポーツモード、後輪駆動となるDSCオフ+2WDモードの3つの走行モードをチョイスしながら走行することにした。

 

BMW M5 コンペティションのエンジン

M5に搭載される4.4リッターV8ツインターボエンジンをベースにさらなるチューニングを施すことで最高出力625psを実現。0-100km/h加速は3.3秒と俊足だ。

 

「出力、レスポンス、サウンドのどれもが“M”のアイデンティティに溢れている」

 

さあいよいよコースインだ。

 

まずは搭載される4.4リッターV8ツインターボエンジンに惚れ惚れした。M5より25ps高められた625psの出力、レスポンス、サウンドのどれをとっても「M」だけが持つアイデンティティに溢れている。実に刺激的なエンジンだ。サーキット走行に適したパワー、そして気分を高揚させる獰猛なエンジンサウンドの演出も素晴らしい。中でもエンジンレスポンスが素晴らしく、ターボであるということを走行中に忘れてしまうレベルである。ストレートスピードも250km/hオーバーを記録したので、リアルワールドでの速さも十分だ。

 

気になるM5コンペティションのサーキットでの振る舞いだが、先述した走行モードのチョイスによって様々な挙動の変化を体験できるのがとてもユニークだった。基本的にM5コンペティションはアンダーステア傾向にはなりづらい。しかしDSCオフ+2WDで走った場合、リヤのスライドが少し大きいというFRならではの特性が味わえる。これは従来のM5の特性が継承されているのだろう。

 

BMW M5 コンペティションのインテリア

ステアリングに備わるマルチファンクション機能により、M xドライブやクルーズコントロール、エンターテインメントの操作を行うことが可能。高級なレザーを使用したシートはややホールド性に物足りなさを感じる。

 

「2WDではリヤがスライドして高度なステアワークが必要」

 

腕に自信のある方はDSCオフ+2WDで走ると、リヤを積極的にコントロールしながらハイパワーFRならではの挙動を楽しめるだろう。一方、走行モードを4WDに変更した途端、M5コンペティションの走りは大きく変化する。4WDがいかに安定しているか、そしてその安定性がサーキットでの速さに繋がることを痛感するのだ。

 

特に違いが出るのがコーナーの出口でパワーを掛けていくシーンだ。2WDではリヤがスライドして高度なステアワークが必要だが、4WDではリヤがスライドすることなくクルマは前に進んでいく。ドライバーがコントロールする仕事は圧倒的に少なく、簡単にトラクションを掛けて走ることができる。つまりタイムに直結する挙動に変化するのである。

 

BMW M5 コンペティションのホイール

「通常の4WD、DSCオフ時の2WD/4WDスポーツなど様々な走行モードが1台で楽しめる稀有なモデル」であり、走行モードによって挙動が著しく変化。ドライブしてワクワクさせるモデルと筆者は評価する。

 

「スイッチひとつで異なる走りを楽しめる、そんなクルマは唯一無二だ」

 

そして4WDモードの中でもMダイナミックモードはマシンバランスがよりニュートラルになり、楽にタイムを出すことが可能になる。マシンバランスとトラクションの掛かり具合が素晴らしく、不自然な挙動は一切顔を出さない。とにかく走りやすいのだ。だが、ダンロップからデグナー、ヘアピンからスプーンなどのハイスピードで加速していくコーナーではDSCの介入が少し過剰で、加速が鈍く感じる。この2つのコーナー以外は非常にバランスがよかった。

 

一方、DSCオフ+4WDスポーツモードはDSCの介入が一切ないため、ハイスピードコーナーでも車速が伸びる。鈴鹿ではDSCオフ+4WDスポーツモードの方がラップタイムは期待できるだろう。M5コンペティションはこのように通常の4WD、DSCオフ時の2WD/4WDスポーツなど様々な走行モードが1台で楽しめる稀有なモデルだ。僕が今まで乗ったクルマの中で走行モードによる挙動の変化の差が最も大きく、本当にワクワクするクルマだった。

 

4WDでタイムを狙うも可、2WDでドリフトを楽しむも可。スイッチひとつで異なる走りを楽しめる、そんなクルマは唯一無二だろう。

 

 

REPORT/田中哲也(Tetsuya TANAKA)
PHOTO/益田和久(Kazuhisa MASUDA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

BMW M5コンペティション

ボディサイズ:全長4965 全幅1905 全高1480mm
ホイールベース:2980mm
車両重量:1950kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:4394cc
最高出力:460kW(625ps)/6000rpm
最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-5860rpm
トランスミッション:8速DCT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前275/35ZR20 後285/35ZR20
車両本体価格:1858万円

 

 

※GENROQ 2020年 1月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連リンク】

・GENROQ  2020年 1月号 電子版

※雑誌版は販売終了

 

 

【関連記事】

・スーパースポーツ3番勝負! 田中哲也が鈴鹿サーキットを全開アタック:ニッサン GT-R ニスモ編 【Playback GENROQ 2020】

 

・スーパースポーツ3番勝負! 田中哲也が鈴鹿サーキットを全開アタック:メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+編 【Playback GENROQ 2020】