英国コーチビルディングの意欲作「デビッド・ブラウン スピードバック GT」に美しきブルームーンが誕生

公開日 : 2021/01/30 17:55 最終更新日 : 2021/01/30 17:55


デビッド・ブラウン・オートモーティブが最新の「スピードバック GT」を公開

David Brown Automotive Speedback GT

デビッド・ブラウン・オートモーティブ スピードバック GT

 

 

現代に蘇った伝統的なコーチビルディング

 

英国のシルバーストンを拠点とする「デビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)」は、ハンドペイントのブルームーン・カラーで美しく仕上げられた「スピードバック GT」を完成さた。

 

ドイツのカスタマーからのオーダーで製造された今回の仕様は、あらゆるパーソナライゼーションに対応するデビッド・ブラウン・オートモーティブの能力を証明した1台だと言えるだろう。

 

2013年の創立以来、デビッド・ブラウン・オートモーティブは初代ミニを現代最新の技術で蘇らせた「ミニ リマスタード」と、アストンマーティン DB6を思わせる「スピードバック GT」をラインナップ。シルバーストンにある専用ファクトリーでは、伝統的なコーチビルディング技術を持つ熟練の職人たちによって、ミニ リマスタードとスピードバック GTがハンドメイドで製造されている。

 

デビッド・ブラウン・オートモーティブ スピードバック GTのインテリア

インテリアはサテンラッカー仕上げのウッドベニヤ・パネルに合わせて、淡い色合いのタバックタン・レザーが組み合わせられた。

 

繊細なカラーのタバックタン・レザーをチョイス

 

今回完成したスピードバック GTは、インテリアにサテンラッカー仕上げのウッドベニヤ・パネルをチョイス。ウッドの雰囲気に合わせて、ハンドクラフトで仕立てられた淡い色合いのタバックタン・レザーを採用した。アルミニウムから削り出されたブライトウェアはニッケルクロムメッキが施されており、キャビンに暖かみを与えている。

 

エクステリアは特別色のブルームーンにペイント。ポリッシュ仕上げの19インチ・ステンレス製ワイヤホイールには、エイボン・タイヤがこのホイールのために専用開発した「デビッド・ブラウン・タイヤ」を組み合わせている。

 

ステンレス製ワイヤホイールは冬季の使用が推奨されていないため、ユニオンジャックをイメージした特注のアロイホイールも付属。また、ブラックメッシュのサテングリルには、LEDライトが組み込まれた。

 

特注で誂えられたピクニックシートとピクニックセット

オーナーが最も拘ったのが、トランク内に納められたピクニックシート。シートの下にはピクニックブランケットとドリンクが納められている。

 

ハッチゲートを開くと展開するピクニックシート

 

今回、オーナーが最もこだったのがトランクに装着された特製のピクニックシート。さらに、このピクニックシートに合わせて誂えられたケースも製作された。ジントニックとクリスタルハイボールグラス2個を収納できるカスタムドリンクセットと、特注毛織のピクニックブランケットを収めたケースは、ピクニックシートの下に納められている。

 

これらのオーダーメイドイクイップメントは、オーナーの希望に合わせて特別にデザインすることが可能となっている。今回の車両をオーダーしたオーナーは、シルバーストンにあるデビッド・ブラウン・オートモーティブ本社で1日を過ごし、じっくりとカスタマイズオプションを検討。“英国的”なピクニックセットをチョイスしている。

 

特注で誂えられたピクニックシートとピクニックセット

現在、英国本土に加えて、ドイツ、日本、香港で販売されているデビッド・ブラウン・オートモーティブ。それぞれの車両は、写真のピクニックセットのように、オーナーの希望に合わせたカスタマイズが可能になっている。

 

世界中に広がるデビッド・ブラウンの販売網

 

今回のスピードバック GTは、ドイツのカスタマーに向けて間もなく納車される。2019年、デビッド・ブラウン・オートモーティブは、ドイツにおいて「クラシック・レミゼ・センター(Classic Remise Centre)」と「M.A.S.スタイル(M.A.S. Style)」というふたつの販売拠点と契約を締結。さらにドイツだけでなく、日本と香港でもブランド展開を行っている。

 

日本では、名古屋を拠点に輸入車・自動車関連用品を販売している「ホワイトハウス」が、ミニ リマスタードを販売中。今後数ヵ月以内に、新たな国における販売パートナーが発表される予定だという。

 

デビッド・ブラウン・オートモーティブのセールス&マーケティング・ディレクター、ミケーレ・ゲイはスピードバック GTについて、次のようにコメントした。

 

「ミニ リマスターが販売台数を伸ばすなか、スピードバック GTへのお問い合わせは発表以来、常に一貫しています。スピードバック GTは時代を超越したスタイリングや優れた品質という、デビッド・ブラウン・オートモーティブを象徴しているモデルです。実用的で汎用性が高く、適応性の高いグランドツアラーですし、様々なカスタマイズも可能です」

 

「今回、ブルームーンで仕上げられたこの最新のスピードバック GTは、お客様のアイデアでどんなカスタマイズでも可能だということを示しています。そして、ドイツへのスピードバック GTのデリバリーは、世界中でこの種のモデルの需要が高いことも証明しています」