新型Sクラスが最も重視したものとは? メルセデス・ベンツのTVCMに見る「高級車の新しい定義」 【動画】

公開日 : 2021/01/31 14:55 最終更新日 : 2021/01/31 14:55


新型メルセデス・ベンツ SクラスのCMキャンペーンイメージ

Mercedes-Benz S-Class

メルセデス・ベンツ Sクラス

 

 

高級車のスタンダードを作るSクラス

 

時代の先を行く機能や機構を意欲的に盛り込むことで、フルモデルチェンジのたびに高級車のスタンダードを塗り替えてきたメルセデス・ベンツのSクラス。「次は何をやってくれるのか」という期待感を裏切らず、今回も技術のショウケースたる先進セダンとして色々な“新”を満載して登場した。

 

7代目となる新型Sクラスは、「世界初のリヤシート用フロントエアバッグ」や“裸眼で3D”を実現した立体視デジタルメーター、現実世界とバーチャルを一体化したARナビゲーションといった最先端テクノロジーを採用。安全を金科玉条に掲げるメルセデスらしく、よりストレス無くドライブし、いざというときにはあらゆる手段で乗員を守ることを常に模索しているのがよく分かるフルモデルチェンジ内容となっていた。

 

新型メルセデス・ベンツ SクラスのCMキャンペーンイメージ

新型メルセデス・ベンツ SクラスのCMには、アリシア・キース、ルイス・ハミルトン、ロジャー・フェデラーといった各界の“王者”が出演。彼らのリラックスできる場所として、Sクラスのキャビンが登場する。

 

Sクラスのキャビンは「第3の場所」

 

とりわけ今回のSクラスで重視されていたのが、クルマというものを、家でもなく仕事場でもない「第3の場所」と捉える視点。顔認証/指紋認証/音声認証といった生体認証機能により、シートポジションをはじめとした自分仕様の設定が乗り込んですぐに反映され、香り・音・マッサージ・空調を駆使して乗員を活性化。より賢くなったAIアシスタントの“同乗”などにより、乗員がクルマの中で思い切りリラックスできるような空間づくりを目指した模様。

 

新型Sクラスが提案する高級車の新しい定義は、TVCMを見れば明らかだ。新型Sクラスのキャビンがリラックス、もしくはリフレッシュする場所であることを端的に表現したものになっている。

 

新型メルセデス・ベンツ SクラスのCMキャンペーンイメージ

新型メルセデス・ベンツ SクラスのCM内で、ルイス・ハミルトンは愛犬を連れ立ったドライブ中に普段とは異なる表情を垣間見せる。

 

ルイス・ハミルトンが“素”を見せる場所

 

CMに登場するのは、アリシア・キース、ルイス・ハミルトン、ロジャー・フェデラーという、音楽、モータースポーツ、テニスの世界でそれぞれ王者として君臨するプロフェッショナル。多忙な彼らの日常のヒトコマ、ちょっとホンネをもらし素顔を覗かせる一瞬に焦点を当てた30秒のムービーだ。

 

たとえばルイス・ハミルトン編では、愛犬のブルドッグをSクラスのリヤシートに乗せて走り出すハミルトンに、「世界一のレーシングドライバーに気を抜ける場所なんてあるのか?」という記者らしき人物の音声が重なる。そして一瞬、無数のカメラがストロボをたく映像が差し込まれ、もう一度先ほどの声が「計り知れない重圧のなかで、なぜ進み続けられる?」と問いかける。

 

しかし愛犬の座るパッセンジャーシートのためにエナジャイジング機能をONにしてやりながら、ステアリングを握るハミルトンの表情は終始穏やかだ。CM中、「誰かのために止まることなく、彼は記録を塗り替え続けるさ」という彼のドライビングスタイルを批評する音声の流れる中で、ハミルトンがとる“とある行動”にはモータースポーツ好きならちょっと頬を緩めてしまうはずだ。

 

新型メルセデス・ベンツ SクラスのCMキャンペーンイメージ

新型メルセデス・ベンツ Sクラスのキャビンは、先進デジタルを駆使した電脳空間。家でも仕事場でもない「第3の場所」として、あらゆる利便性を追求している。

 

日本仕様は「直6エンジン+4輪駆動」

 

アリシア・キース編とロジャー・フェデラー編も、それぞれの意外な表情が覗く一種ドキュメンタリー調の映像が差し込まれるのがユニーク。自分の素をさらけだすことのできる空間、それがSクラスのキャビンであるということを印象的に表現するTVCMとなっている。

 

2021年1月28日に国内発売した新型Sクラスは、発売記念のファーストエディションも設定し、車両価格は1293万円〜2040万円とした。直6ディーゼル搭載の「S 400 d 4MATIC」、及び直6ガソリン+ISG搭載の「S 500 4MATIC」をラインナップ。いずれも4輪駆動でそれぞれ標準ボディとロングボディを用意している。

 

 

 

 

 

【車両本体価格(税込み)】

メルセデス・ベンツ Sクラス

S 400 d 4マティック:1293万円

S 500 4マティック:1375万円

S 400 d 4マティック ロング:1678万円

S 500 4マティック ロング:1724万円

S 400 d 4マティック ロング ファーストエディション:1938万円

S 500 4マティック ロング ファーストエディション:2040万円

(いずれも右ハンドル/左ハンドルを設定)

 

 

【SPECIFICATIONS】

メルセデス・ベンツ S 500 4マティック

ボディスペック:全長5180 全幅1920 全高1505mm

ホイールベース:3105mm

トレッド:前1645 後1670

車両重量:2050kg

エンジンタイプ:直列6気筒DOHCターボ(ISG搭載)

総排気量:2996cc

ボア×ストローク:83.0×92.3mm

最高出力:320kW(435ps)/6100rpm

最大トルク:520Nm(53.0kgm)/1800-5800rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

タイヤ&ホイール:前後255/50R18

 

メルセデス・ベンツ S 400 d 4マティック

ボディスペック:全長5180 全幅1920 全高1505mm

ホイールベース:3105mm

トレッド:前1645 後1675

車両重量:2090kg

エンジンタイプ:直列6気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量:2924cc

ボア×ストローク:82.0×92.3mm

最高出力:243kW(330ps)/3600-4200rpm

最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1200-3200rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

タイヤ&ホイール:前後255/50R18

 

メルセデス・ベンツ S 500 4マティック ロング

ボディスペック:全長5290 全幅1920 全高1505mm

ホイールベース:3215mm

トレッド:前1645 後1675

車両重量:2210kg

エンジンタイプ:直列6気筒DOHCターボ(ISG搭載)

総排気量:2996cc

ボア×ストローク:83.0×92.3mm

最高出力:320kW(435ps)/6100rpm

最大トルク:520Nm(53.0kgm)/1800-5800rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

タイヤ&ホイール:前後255/50R18

 

メルセデス・ベンツ S 400 d 4マティック ロング

ボディスペック:全長5290 全幅1920 全高1505mm

ホイールベース:3215mm

トレッド:前1645 後1670

車両重量:2170kg

エンジンタイプ:直列6気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量:2924cc

ボア×ストローク:82.0×92.3mm

最高出力:243kW(330ps)/3600-4200rpm

最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1200-3200rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

タイヤ&ホイール:前後255/50R18

 

 

【問い合わせ】

メルセデスコール

TEL 0120-190-610

 

 

【関連リンク】

・メルセデス・ベンツ公式サイト

https://www.mercedes-benz.co.jp/

 

 

【関連記事】

新型メルセデス・ベンツ Sクラスの日本販売スタート! 先進機能を満載した最新フラッグシップは1293万円から

 

新型メルセデス・ベンツ Sクラス、世界初公開! 最新ハイエンドサルーンの全容を渡辺慎太郎がレポート

 

メルセデスの新型Sクラスは自動運転を実現!? 清水和夫がその真相を「パイロット・ドライブ」担当ディレクターに訊く

 

次期型メルセデス・ベンツ Sクラスの車内はSFの世界! 3DやARを満載した次世代コンセプトを渡辺慎太郎が解説

 

新型メルセデス・ベンツ Sクラスの最新情報・第2弾!「世界初」の技術を渡辺慎太郎がいち早く解説

 

新型メルセデス・ベンツ Sクラスは乗員の健康状態にまで踏み込む! 渡辺慎太郎が詳らかにする最先端キャビン

 

贅を極めた最新のマイバッハ Sクラス誕生! これぞメルセデス・ベンツが放つキング・オブ・フラッグシップサルーン

 

メルセデス・ベンツSクラスが王者になった理由。歴代フラッグシップの「革新」を振り返る

 

メルセデス・ベンツSクラスに見るエアバッグの進化。最新モデルには「世界初」の機構も投入