ABTスポーツライン、「アウディ SQ7」用ワイドボディ・エアロパッケージをリリース

公開日 : 2021/02/22 06:30 最終更新日 : 2021/02/22 06:30


ABTスポーツラインの「アウディ SQ7」用ワイドボディ・エアロパッケージが登場

ABT Audi SQ7

ABT アウディ SQ7

 

 

ABTエンジン・コントロールは開発中

 

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、アウディのフラッグシップSUV「SQ7」のチューニングプログラムに、新形状エアロパーツとアロイホイールを追加した。

 

アウディ SQ7は、これまでのトルクフルな4.0リッターV型8気筒ディーゼルツインターボから、搭載エンジンを4.0リッターV型8気筒ガソリンツインターボに変更。最高出力507hp(373kW)を発揮することで、2.3トンという重量モデルながらも0-100km/h加速はわずか4.1秒。オンロードスポーツカーを凌ぐパフォーマンスを誇る。

 

現在、ABTスポーツラインは、SQ7の4.0V8TSFI用エンジンコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール(AEC)」の開発を行っており、間もなくさらなる出力アップメニューがラインナップに加わる予定だ。

 

ABTスポーツラインの「アウディ SQ7」用ワイドボディ・エアロパッケージが登場

SQ7のフォルムを崩すことなく、迫力あるエクステリアを実現した「ABTワイドボディ・エアロパッケージ」。オプションでリヤスポイラーやフェンダーインサートも用意されている。

 

ハイパワーに相応しい迫力あるエクステリア

 

ABTスポーツラインは、すでに完成されたエクステリアを持っているSQ7に「動力性能に見合ったエアロダイナミクスを与えよう」と考えたという。

 

今回、リリースされた「ABTワイドボディ・エアロパッケージ」は、アグレッシブなデザインの「フロントスカート・アドオン」「フェンダー・エクステンション」「ドアストリップ・アタッチメント」「リヤスカート・アドオン」「エンドパイプ・カバー」をセットで装着。

 

オプションとしてフェンダーエクステンションを省いたスリムボディキット・バージョンも用意。さらに、ABS樹脂製/カーボンファイバー製の「ABTリヤスポイラー」や「フェンダーインサート」なども加えることができる。

 

ABTスポーツラインの「アウディ SQ7」用ワイドボディ・エアロパッケージが登場

足元には写真の「HR Aero」をはじめ、3種類の22インチホイールからチョイスが可能となっている。

 

3種類の22インチ・アロイホイールを展開

 

ノーマル仕様では20インチホイールが与えられているSQ7に、ABTスポーツラインは22インチ・アロイホイールをラインナップした。

 

「Sport GR」はグロスブラックとマットブラックの2色を展開し、どちらもダイヤモンド加工が施されている。さらにダークスモークにマットブラックのエアロリングを組み合わせた「HR Aero」、ハイパフォーマンス仕様の「HR-F」などから、自分の好みのホイールをチョイスすることが可能だ。

 

インテリアにはカーボンファイバー製「ABTダッシュボード」や、「シートフレーム・カバー」「ABTスタート/ストップ・スイッチキャップ」「ABTエントランス・ライト」など、豊富なオプションが揃っている。最新のラインナップに関しては下記のABTコンフィギュレーターを使うことでそれぞれの組み合わせを試すことが可能だ。

 

 

【関連リンク】
・ABTコンフィギュレーター
https://www.abt-sportsline.com/tuning/configurator/