アウディとライカがコラボした写真展「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」開催

公開日 : 2021/02/25 17:55 最終更新日 : 2021/02/25 17:55

AUTHOR :
柏木龍馬氏によるAudi RSの魅力を最大限に表現する写真展

アウディジャパンとライカカメラジャパンがコラボレーション

 

「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」は、デビュー以来ライカ社製のカメラで写真を撮り続けているイメージコンセプター、柏木龍馬氏によるスポーティでラグジュアリーなRSモデルを被写体にした写真展。2021年2月26日(金)から3月31日(水)まで、東京都港区の「Audi House of Progress Tokyo」にて開催される。

 

Hyper_Monochrome_RS_exposition_Audi_Leica

ドイツを代表するエンジニアリングであるアウディとライカによるコラボレーション写真展を開催。

 

レースという過酷な環境で戦うマシンやドライバーを撮り続けてきた柏木氏独自の視点によってアウディ RSモデルの様々な表情が映し出され、アウディの魅力を体感できる展示となっている。ドイツのエンジニアリングを代表するアウディとライカのコラボレーションは、精緻な機械が生み出す芸術作品として結実しており、見る者に新鮮な感動を与えるだろう。

 

Hyper_Monochrome_RS_exposition_Audi_Leica

中野信治選手によるドライビングでアウディ RSのパフォーマンスと洗練性を表現。

 

全ての写真はライカ TL2により撮影

 

今回の作品集はアウディの美しい造形を、クラフトマンシップを凝縮したMade in Germanyのライカ TL2のみで撮影。さらにアウディ RSモデルの魅力を最大限に引き出すために、元F1ドライバーである中野信治選手を起用している。アウディ R8 LMSでのレース参戦経験がある中野氏のドライビングによって、アウディ RSモデルの高いパフォーマンスや洗練性を細部にまでこだわって表現した。

 

Hyper_Monochrome_RS_exposition_Audi_Leica

Lica TL2によりAudi RSの撮影を行った柏木氏。

 

展示された作品はスマートホンなどでダウンロード可能

 

また、写真だけにとどまらず、車両やカメラのボディなどに使用されているカーボンやアルミ素材に画像を焼き付けるなど、独自の表現方法を駆使した作品も展示されている。会場内では専用のQRコードをスマートホンなどで読み取ることにより、作品をダウンロードして持ち帰ることができるなど、アウディ RSや柏木氏の作品を身近に感じられるコンテンツも用意されている。

 

 

【プロフィール】

柏木龍馬

1976年4月20日、静岡生まれ。写真家の故・奥村嘉邦に師事。Newsweek誌、NATIONAL GEOGRAPHIC誌を経て、フランス・パリのギャラリーLWS/PHOTO 4との専属作家契約を持ち、作品発表及び展示は全てLeicaのサポートにより行われる。

現在はFIA WEC世界耐久選手権やル・マン24時間レースをメインに、レーサーたちのヒューマンドラマを追っている。作画は全て、ライカTL2とアポ・ズミクロンM 50mmだけで行う。ライカGINZA SIXなどにて作品展を実施。

 

 

【イベント概要】

「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」

開催場所:「Audi House of Progress Tokyo」(東京都港区南青山5-3-2)
開催日程:2021年2月26日(金)~ 3月31日(水)
営業時間:平日11:00(土日祝10:00)~ 20:00

定休日:期間中定休日なし
来館料:無料

 

 

【問い合わせ】

アウディ コミュニケーション センター
TEL 0120-598106

 

 

【関連リンク】

・柏木龍馬 Instagram

https://www.instagram.com/superfilm5

 

・Audi House of Progress Tokyo 公式サイト

https://www.audi.jp/progress/audi-brand-store/

 

・アウディ ジャパン 公式サイト

https://www.audi.co.jp/