GENROQ 4月号発売中! 最新マクラーレン特集!

公開日 : 2021/02/26 06:30 最終更新日 : 2021/02/26 06:30

AUTHOR :

アルトゥーラのフロントスタイル

McLaren 2021

GENROQ 2021年4月号 2月26日発売

 

 

Recommend:1

マクラーレン・アルトゥーラを独占撮影!

 

アルトゥーラのリヤスタイル

トータル680psを誇るマクラーレン初のハイブリッドスーパースポーツだ。

 

マクラーレンから登場したハイブリッド・スーパースポーツ「アルトゥーラ 」。GENROQ 4月号ではワールドプレミアを飾ったばかりのアルトゥーラの国内撮影を敢行! 新開発のカーボンプラットフォームに新開発のV6ツインターボエンジン、そしてモーターとバッテリーを搭載してトータル680ps、0-100km/h加速3.0秒の速さと30kmEV走行を達成したスーパーマシンの詳細に、美しい写真と詳しい解説で迫る。

 

アルトゥーラのインテリア

スポーティながらセンスの良いアルトゥーラのインテリア。

 

また開発責任者へのインタビューも行い、運動性能と経済性の両立を実現した開発のポイント、今後の戦略なども明らかに。新時代のスーパースポーツの先駆けとなるアルトゥーラのどこよりも詳しい情報がここにある!

 

雪道を激走するウルス

ランボルギーニ・ウルスは想像以上の雪道性能を披露した。

 

Recommend:2

ウルスの強烈な万能感

 

ランボルギーニで雪山を目指す! と言うとちょっとした冒険を連想させるが、ウルスならばなんの心配もないだろう。今やランボルギーニの屋台骨としてブランドを支えるスーパーSUV、ウルス。これまでのランボルギーニにない、積載性や余裕の室内空間に従来どおりのランボルギーニ的スーパーな走りを併せ持つマルチな才能で、新規顧客を開拓した。

 

雪煙をあげて疾走するウルス

裏磐梯の雪山でウルスのウインター性能を田中哲也がレポートする。

 

今回、我々が目指したのは福島・裏磐梯。全国的に例年以上に降雪の多い中、ピレリ・スコーピオンウインターを装着して深雪をかき分けその性能を試すと、想像以上の驚異的性能を発揮したのだった。その全貌を田中哲也がリポートする。

 

LC500コンバーチブルとGT-R NISMO

異なるキャラクターだが、その走りの性能はどちらもホンモノだった。

 

Recommend:3

ニッポンの至宝

 

昨年レクサスLCに追加された待望のオープンモデル、LC500。対峙するのは最速を追求し続けるニッポンのスーパースポーツ、ニッサン GT-R NISMO。目指している方向性やキャラクターが異なる2台による異種格闘戦を行った。

 

GT-R NISMOとLC500コンバーチブルのリヤ走り

両車とも日本を代表するスーパースポーツと言っても過言ではない。

 

だが、両者を試乗したモータージャーナリストの山田弘樹氏は「不思議なことだが、両者ともアプローチは違えどたどり着いた境地は同じだった」と語った。その真意とは!?

 

 

【information】

GENROQ 2021年4月号

発売日:2月26日(金)発売
定価:998円(税込)

 

 

PHOTO/市 健治(Kenji ICHI)、小林邦寿(Kunihisa Kobayashi)

 

 

【関連リンク】

・GENROQ 2021年4月号