ブガッティを長く大切に乗り続けるために。ヴェイロンとシロンに適応する新サービスプログラムがスタート

公開日 : 2021/03/12 11:55 最終更新日 : 2021/03/12 11:55

ブガッティ ヴェイロン及びシロン向けのサービスプログラム「パスポート・トランキリテ」イメージ。ピット

ブガッティをいつも完璧な状態に保つ

 

1000馬力を超えるW16エンジンと、限界まで鍛え上げたシャシーが生み出す圧倒的なパフォーマンス。職人技術の粋を注ぎ込んだクラフトマンシップに、数少ない人々だけが所有することを許される稀少性。仏モルスハイムのアトリエで作られるブガッティは、一種独特の立ち位置を確立しているスーパーカーだ。

 

その特別なパフォーマンスとクオリティを常に100%維持できるよう、ブガッティは新しいオーナーシッププログラムをスタートさせた。「パスポート・トランキリテ」は、世界中にいるヴェイロンとシロンのオーナーに向け、定期的に車両の入念なメインテナンスを提供するサービス。ちなみに「トランキリテ(Tranquillite)」はフランス語で静けさを意味する単語。ブガッティにいつも心安らかに乗れるよう心を尽くしますよ、という思いがそこには込められている。

 

ブガッティ ヴェイロンおよびシロン向けのサービスプログラム「パスポート トランキリテ」イメージ。ピット

ブガッティは、ヴェイロン及びシロン向けのサービスプログラム「パスポート・トランキリテ」をスタートした。ヴェイロンは2年もしくは4年、シロンは4年のプランとなる。

 

コレクター向けの専用プランを設定

 

パスポート・トランキリテは、新車の保証期間が過ぎた車両に適用されるサービスプログラム。年1回の点検でヴェイロン及びシロンが常に最高の状態を保てるようメインテナンスするもので、ヴェイロンには2年もしくは4年のプログラムを用意している。

 

「アクティブ」もしくは「コレクター」の2種類のプラン内容を設けており、前者は日常的にドライブを楽しむオーナー向け、後者は年間200km以下の走行距離に収まるオーナー向けとなっている。いずれも、ドライバーがコクピットに収まれば、いついかなるときにも最高のパフォーマンスを発揮できるよう、車両状態に合わせたサービス内容が組まれている。

 

ブガッティ ヴェイロンおよびシロン向けのサービスプログラム「パスポート トランキリテ」イメージ。デリバリー前準備

ブガッティ ヴェイロン及びシロン向けのサービスプログラム「パスポート・トランキリテ」による入念なチェックを終えた車両は細部までクリーニングし、徹底的に磨き上げられてからオーナーの元に帰される。

 

“プレミアムなロードサービス”も用意

 

シロン向けも専用のサービス内容となり、こちらは4年間のプログラム。毎年最長14時間のサービスを行うとともに、4年に1度、およそ72時間にわたる重点的な点検・修繕作業を実施する。

 

また、万一ヴェイロンもしくはシロンに何らかの機械的トラブルが生じた場合に備えて、新しいプログラムの準備も進めている。電話ひとつで速やかに愛車を認定サービスパートナーへ移送できるという“プレミアムな”ロードサービスで、24時間365日、世界中のどこからでも利用可能。車両を入庫したオーナーが次の移動に困ることのないよう、相応しいメニューも用意するという。

 

ブガッティ ヴェイロンおよびシロン向けのサービスプログラム「パスポート トランキリテ」イメージ。証明書

「パスポート・トランキリテ」のサービスを受けた車両は、専用の証明書に内容の記入やスタンプの押印がなされる。これが、ヴェイロン及びシロンが“健康”であることの証となる。

 

ブガッティの価値を高めるパスポート

 

パスポート・トランキリテの導入により、これまでのヴェイロン・ロイヤリティ・メインテナンス・プログラムの提供は終了するが、契約済みの顧客は当初の期限及び内容通りのサービスを引き続き受けることができる。

 

パスポート・トランキリテはオーナーではなく車両自体に紐付けられるため、売却された場合はそのままプログラム内容が引き継がれる。今後、パスポートがついているか否かは、ブガッティ購入検討の際の安心材料にもなるだろう。