BFグッドリッチ、フジ・コーポレーションとタッグを組んで販売経路を開拓。4月から専売タイヤを供給開始

公開日 : 2021/03/13 09:55 最終更新日 : 2021/03/13 09:55

AUTHOR :
BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUS

アメリカ育ちのオールラウンドタイヤが国内に上陸

 

日本ミシュランタイヤは、フジ・コーポレーションの専売品として、「BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUS(ビーエフ グッドリッチ ジーフォース コンプツー エーエス プラス)」と「BFGoodrich Advantage Control(ビーエフグッドリッチ アドバンテージ コントロール)」を供給することを発表。この2つのタイヤは、多種多様なタイヤに対して豊富な経験と販売実績を持つフジ・コーポレーションを介して、ユーザーに提供される。

 

BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUSショルダーブロック

BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUSのサイドショルダー部。大きめのブロック形状を採用することで、トラクション性能を強化。

 

サーキットで鍛えられたスポーツタイプは4月に発売

 

アグレッシブなV字パターンを採用する「BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUS」は、キビキビとした走りと路面環境の変化にも柔軟に対応できるオールラウンドタイプのスポーツタイヤ。

 

シリカコンパウンド配合のゴムにより、低温下の路面でも柔軟さを損なわない特性を持つほか、大きなショルダーブロック形状の採用により高いトラクション性能も確保。随所にアメリカのレースで培った技術が注がれることで、優れた乗り心地とハンドリング性能を実現している。サイズ設定は18インチから20インチまで8タイプを用意。供給開始は4月(一部のサイズは6月)を予定している。

 

BFGoodrich Advantage Controlトレッド断面

BFGoodrich Advantage Controlは、4本のストレート溝とショルダー部の横溝が組み合わされたトレッドパターンが採用されたことで、安定したウェットグリップ性能を確保。

 

ウェットグリップに優れたベーシックタイプは6月に発売

 

4本のストレートグルーブによる特徴的なトレッドパターンを採用する「BFGoodrich Advantage Control」は、雨天時の排水性の良さが見所。さらにショルダー部に横溝構造を加えることで、非舗装路などで安定感のあるトラクション性能も実現。ドライ/ウェットを含めた幅広い路面状況において、安定したグリップ性能を発揮できるオールラウンドモデルになる。タイヤ設定は17インチから20インチまで15タイプを用意。供給開始は6月を予定している。

 

 

【問い合わせ】
日本ミシュランタイヤ お客様相談室
TEL 0276-25-4411

 

 

【関連リンク】

・BFGoodrich 公式サイト

https://www.bfgoodrichtires.co.jp