ブガッティ シロン ピュール スポールは4億円の価値があるハンドリングマシン! 米自動車メディアから相次ぐ絶賛の声

公開日 : 2021/03/26 11:55 最終更新日 : 2021/03/26 11:55

ウィロースプリングスを走るブガッティ シロン ピュール スポール。フロントビュー

Bugatti Chiron Pur Sport

ブガッティ シロン ピュール スポール

 

 

邦貨約4億円のハンドリングマシン

 

ブガッティが“究極のハンドリングマシン”を目指して開発した新型車「シロン ピュール スポール(Chiron Pur Sport)」。フランス語で「純粋、ピュア」を意味する「Pur」を冠したこのモデルは、最高速度やスペックよりも、操る楽しさを最重要視して開発された。

 

世界限定60台、車両価格359万9000ドル(約4億円)の“振り回して楽しめるブガッティ”は、2021年1月からデリバリーを開始している。

 

ウィロースプリングスを走るブガッティ シロン ピュール スポール。リヤビュー

ウィロースプリングスを走るブガッティ シロン ピュール スポール。「究極のハンドリングマシン」を目指して開発された最新量産(といっても60台のみ)モデルは、米主要自動車メディアから数々の称賛を浴びている。

 

主要自動車メディアも絶賛

 

ブガッティの最新量産モデルとなるシロン ピュール スポールの第1号車が到着したのはアメリカ。各メディア向けに取材用のテスト車も用意され、そのハンドリング性能に主要自動車雑誌からは称賛の声が相次いでいるようだ。主要なものを書き出してみよう。

 

「ブガッティ シロン ピュール スポーツは、私がこれまで運転した中でベストな1台だ。以上、終わり、これ以上話すことはなし。つまりそういうことなんだ」──『Motor Trend』

 

「軽量化し、グリップ性能をアップし、ギヤ比もさらにショート化することで、ピュール スポールはよりワイルドなブガッティ シロンになった」──『Car and Driver』

 

「ブガッティ シロン ピュール スポールには価格だけの価値がある。400万ドルに充分値すべきクルマを、ブガッティは作り上げたのだ」──『Autoweek』

 

ウィロースプリングスを走るブガッティ シロン ピュール スポール。正面

軽量化を追求したシロン ピュール スポールは、バネ下重量もパーツの変更などにより16kgのダイエットを敢行。加えてチタン製ブレーキパッドとブレーキディスクの変更により、さらに3kgを削減している。

 

パワーとアジリティの幸せなマリアージュ

 

ジャーナリスト陣からの絶賛に加え、南カリフォルニアでシロン ピュール スポールをテストしたレーサー、ブッチ・ライツィンガーも次のようにコメントしている。

 

「荒ぶるパワーとアジリティが溶けあうようにマリアージュしたピュール スポールは、比類なき性能を与えられています。どんな他のクルマや、他のブガッティモデルにも比べられないほどのね」

 

ブガッティ シロン ピュール スポール。コクピット

ブガッティ シロン ピュール スポールの特等席は間違いなくドライバーズシート。W16の凶暴なまでのパワーは、優れたアジリティ(機敏、機動性)と出合うことで、これまでにないスポーツドライビング体験をドライバーにもたらす。

 

“あえて“350km/hに抑えた最高速度

 

最高速度よりもハンドリング性能に特化して開発されたシロン ピュール スポールは、駆動システム、シャシー、エアロダイナミクスをベースのシロンから大幅に変更。時速300マイル(490km/h)を超えたシロン スーパースポーツ 300+がストレートスピードに特化したモデルだったのに対し、このシロン ピュール スポールの最高速度は350km/hに留められた。

 

最高出力1500hp/最大トルク1600Nmを発揮する8.0リッターW型16気筒エンジンは、最高出力発生回転数を200rpm引き下げた6700~6900rpmに。さらに、ギヤ比をショート化することで瞬発力を向上し、0-100km/h加速わずか2.3秒という脅威のパフォーマンスを実現している。

 

ブガッティ シロン ピュール スポール。俯瞰目リヤビュー

ブガッティ シロン ピュール スポールのリヤセクションには、強烈なダウンフォースを発生させる全幅1.90mの固定式リヤスポイラーを装着。可変機構を廃止したことで、約10kgの軽量化を実現した。

 

W16を積んだピュアスポーツカー

 

また、50kgの軽量化に加え、新設計された空力デバイスを与えることで、特にコーナーリング時の安定性を向上させるためにダウンフォース量をアップ。グリップ方向を重視した新素材使用の高性能タイヤ、シャープさを増したサスペンションセットアップなどにより、ドライバーの五感を刺激するドライビングを生み出しているという。

 

W16エンジンの生み出す強大なパワーによるトップスピードを追求してきたブガッティだが、高速コーナーを純粋に楽しみたいというカスタマーの存在も少なくなかった。そんな声に応えて開発されたシロン ピュール スポールは、ブガッティにとってもスポーツカー界にとっても、新しい扉を開く1台となるはずだ。

 

 

【関連記事】

・「ブガッティ シロン ピュール スポール」デリバリー開始。1号車はアメリカのカスタマーの元に

 

・究極のハンドリングマシンにとってのオアシス、ハジャール山脈をブガッティ シロン ピュール スポールが走る!

 

・ル・マン・ウイナーのアンディ・ウォレス、ナルドで「ブガッティ シロン ピュール スポール」を初ドライブ

 

・究極のコーナリングマシン「ブガッティ シロン ピュール スポール」をセットアップ担当エンジニアが語る