ベントレー、英国クルー本社工場でのサステナビリティを大幅に向上。2025年までに環境負荷を75%削減へ

公開日 : 2021/03/29 14:55 最終更新日 : 2021/03/29 14:55

AUTHOR :

ベントレーのサステナビリティ

世界で最もサステナビリティなラグジュアリーカーメーカーを目指す

 

ベントレーは、英国クルー工場でも製造過程における最新の環境と持続可能性に関するデータを公開。2010年と比べてすべての分野で目覚ましい改善があり、2025年までに製造過程における環境負荷を75%削減するという目標を掲げ、世界で最も持続可能なラグジュアリーメーカーに向けてさらに前進した。

 

2010年から2020年までのデータによると、ピムスレーン工場のCO2排出量は99.5%も減少して、1台あたりたったの29kgとなっている。これは主に工場内のソーラー発電システムで生産されるエネルギーを利用した結果で、工場内では12ヵ月サイクルでグリーンガスと電力を供給している。

 

ベントレーサステナブル廃棄物

リサイクルプロセスの改善によって、リサイクルできずに埋め立てられる廃棄物は99.1%減少を達成した。

 

リサイクルできない廃棄物は99.1%も減少させた

 

CO2の超低排出燃料である水素化植物油(HVO)燃料施設を導入し、従来型燃料の替わりに工場内の物流で利用するなど、英国クルーにあるベントレー本社内で行われた様々な革新的施策もCO2削減に貢献している。

 

自動車製造における水の使用量も10年間で55.9%削減して、1台あたり21.1平方メートルから9.31平方メートルとなり、約12平方メートルを削減。これはバスタブ約150杯分にも相当する。これはリサイクルシステムの導入や在宅勤務者の増加に伴う生活用水の減少により達成した。サーキュラーエコノミー(循環型経済的)・アプローチを反映したプロセスの改善で、リサイクルできずに埋め立てられる廃棄物の量は2010年比で99.1%減少し、2020年は1台あたりわずか3.57kgとなっている。

 

ベントレーサステナブル廃棄物3

2025年までに環境負荷を2010年比で75%減少させることを目標に事業展開を行っていくとしている。

 

サーキュラーエコノミー・アプローチをさらに推し進める

 

製造部門担当のディレクターであるピーター・ボッシュは以下のように説明する。

 

「気候変動に配慮した『ドリームファクトリー』の設立は、世界で最もサステナビリティなラグジュアリーカーブランドになるというベントレーの『ビヨンド100』戦略の中核をなすもので、環境に配慮した製造過程の見直しを始めて10年目を迎えたフォルクスワーゲングループ全体の、“go to zero”精神を反映したものです」

 

「ベントレーは資源効率化及びサーキュラーエコノミー・アプローチをさらに推し進め、2025年までに製造過程での環境負荷を2010年比で75%削減することを目標としています。今回、エネルギー、水、原材料の分野でこのようなポジティブな結果を得られたことは大変喜ばしいことだと考えています。この目標を達成するためにはベントレーの製造に関わる全ての人の協力が必要です。そこで、2021年は工場のサステナビリティにパラダイムシフトを起こすという、新しい『Wings』製造戦略の立ち上げに、従業員が参加することからスタートしました」