プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_05 | 5枚目の写真 (全9枚)

公開日 : 2021/03/31 17:55 最終更新日 : 2021/03/31 17:55

AUTHOR :

  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_09 | 1枚目の写真 (全9枚) モータージャーナリストの大谷達也氏は、EVの重要性を考慮したうえで「今後の自動車界の主役に躍り出ると考えるのは早計だ」と、早急なEV礼賛の意見には異を唱える。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_M | 2枚目の写真 (全9枚) メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの走行シーン
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_08 | 3枚目の写真 (全9枚) ボディディメンションは、全長4770×全幅1925×全高1625mmのEQCが、全長4695×全幅×1895×全高1565mmのジャガー Iペイスより大きい。しかしホイールベースはEQCが2875mm、Iペイスが2990mmと100mm以上長い。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_07 | 4枚目の写真 (全9枚) EQCが備える肉厚のフロントシートは座り心地も良く、長距離ドライブでも疲れにくい。EVであるから当然ではあるが静粛性の高さも特筆レベルにあった。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_05 | 5枚目の写真 (全9枚) 弧を描くルーフ形状の恩恵を受け、運転席のヘッドクリアランスは成人男性でも余裕があった。ジャガーらしいレザー使いも高級感を漂わせる。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_06 | 6枚目の写真 (全9枚) 運転席からインパネ中央部まで切り取られたような未来的なインテリアデザインを採用するEQC。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_04 | 7枚目の写真 (全9枚) Iペイスは10インチと5インチの高解像度デュアルタッチスクリーンを組み合わせたインフォテインメントシステムを採用。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_03 | 8枚目の写真 (全9枚) プレミアムブランドが生み出したフルEVのSUV、メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイス。個別試乗はあるが今回初めて2台を同時に試乗することになったというモータージャーナリストの吉田拓生氏。
  • プレミアムEVは主流になるか? メルセデス・ベンツ EQCとジャガー Iペイスの試乗を通じて考察【Playback GENROQ 2020】 | GQW_EV_Touring_02 | 9枚目の写真 (全9枚) EQCは80kWhのバッテリーを搭載し、WLTCモードの航続距離は400kmを計上。一方のIペイスは90kWhのバッテリーを採用して同じく航続距離は438kmをスペックシートに掲げる。

※ スワイプで前後の画像を表示