なぜポルシェ カイエンのベストバイは「GTS」なのか? シリーズ屈指の優れたバランスに迫る

公開日 : 2021/04/01 17:55 最終更新日 : 2021/04/01 17:55

AUTHOR :
ポルシェ カイエン GTSのサイドビュー

Porsche Cayenne GTS

ポルシェ カイエン GTS

 

 

絶妙なバランスのGTS

 

「ターボ」と「S」の間に位置づけられる待望の「GTS」モデルが導入された。先代より20ps/20Nm高められた4.0リッターV8ツインターボを搭載することで、最高速度が8km/hアップ、0-100km/h加速は0.6秒短縮されている。絶妙な調律が素晴らしいGTSを夜の都内でじっくり味わってきた。

 

ポルシェ カイエン GTSの走行シーン

新たにポルシェ カイエンシリーズに加わったGTS。Sとターボの中間に位置するGTSのパフォーマンスを確認した。

 

「市街地では至極快適なクルマであり、走りの質感はまさにポルシェそのものだ」

 

ポルシェのフルサイズSUV、カイエン/カイエンクーペのラインナップに、新グレードとなる「GTS/GTSクーペ」が追加設定された。GTSといえば、このカイエンのみならず、ポルシェのラインナップでは、よりスポーティなキャラクターを強く味わうことができるモデルとして人気のグレード。今回はスタンダードなSUVスタイルを持つカイエンGTSの試乗車が用意されたというので、早速そのステアリングを握ってみることにした。

 

試乗を始める前に、カイエン GTSのメカニズムを簡単に解説しておこう。GTSでまず注目しなければならないのは、やはりフロントに搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンだろう。最高出力と最大トルクは、460ps/620Nmという数字で、これはひとつ下のグレードとなるカイエン Sに対して最高出力で20ps、逆にひとつ上にラインナップされるターボには、90psのエクストラを与えている計算だ。ちなみにこのパワー差は、ターボの過給圧の違いによるもの。最高速度の270km/h、0-100km/h加速の4.5秒(スポーツクロノパッケージ仕様)という運動性能を見ても、それはこのサイズのSUVとしては十分に魅力的なものであることが試乗を始める前から想像できる。トランスミッションは、8速AT=ティプトロニックSが使用される。

 

ポルシェ カイエン GTSのエンジン

460ps/620Nmを発揮する4.0リッターV8ツインターボエンジン。スポーツクロノパッケージ仕様では最高速度270km/h、0-100km/h加速4.5秒のパフォーマンスを誇る。

 

「ドライバーは車高の高さを意識することなく、コーナーを軽快にクリアできる」

 

GTSのキャラクターは、シャシーにも表れている。それはそもそもオンロード走行を重視して開発され、車高はスタンダードなカイエンよりも20mm低い。さらに試乗車にはオプションでリヤアクスルステアリングやポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を含む、レベリングシステムと車高調節機能を備えたアダプティブサスペンション等々のオプションを装備。オンロードでの走りへの対応としては、まさにこれ以上の備えはない。

 

それにしてもカイエン GTSとは快適なクルマだ。市街地を通常の流れに沿って走っていると感じるのは、おそらくはこのような第一印象だろう。これは前で触れたPASMなどの機能がきわめて優秀なことが理由で、実際に意識的に路面の大きな凹凸を超えてみても、キャビンに伝わるショックは想像したほどに大きくない。このスムーズな乗り心地、そしてPDCCが巧みにロールを制御してくれることで、ドライバーは車高の高さを意識することなく、コーナーを軽快にクリアしていくことができる。

 

ポルシェ カイエン GTSのインテリア

アルカンターラやブラックのブラッシュアルミを使用したスポーティなインテリア。SUVモデルと言えどもポルシェのフィロソフィが濃く演出されている。

 

「どのような速度域からでも大柄なボディをストレスなく加速させてくれる」

 

これは着座位置が高いだけで、紛れもないポルシェが造り出した走りの世界だ。カイエンでGTSの誕生を待っていたカスタマーは、このスポーティなセッティングと、コストパフォーマンスの高さを期待していたのだともいえる。ただし定価で税込み1682万円のカイエン GTSも、試乗車と同様のオプションを選択すると、それを加えて2000万円近い価格に跳ね上がってしまう。いわゆる「フル」装備のポルシェは、客観的にはまだまだ一般人には壁が高いと言わざるを得ない。

 

それでも多くのカスタマーが、カイエン GTSに憧れるのはなぜなのか。その答えが明快になったのは、高速道路上で搭載されるV型8気筒ツインターボエンジンのフルスロットルを試した時だった。そのスムーズな回転はレッドゾーンまで一切の衰えを感じさせることなく連続し、最大トルクの620Nmは1800〜4500rpmまでフラットに発揮されるため、どのような速度域からでも空車重量(DIN値)で2145kgという大柄なボディを、ストレスなく加速させてくれるのだ。

 

ポルシェ カイエン GTSのシート

伝統のハイバック式でホールド性に優れるスポーツシートを採用。ヘッドレストには“GTS”ロゴがあしらわれている。オン/オフを問わず快適性を発揮するのはさすがポルシェだ。

 

「いかにオンロード走行を重視したとはいえ、オフロードでの機能性も忘れてはいない」

 

リヤアクスルステアをオプションで搭載した恩恵で、高速域での安定性もより魅力的なものになった。それはステアリングのリニアな動きに最もダイレクトに表れており、センター付近の微小な動きにも、忠実にノーズが反応することで、結果的にそれが快適な乗り心地とともに、長距離ドライブの疲れを軽減する理由となっていることが分かる。

 

SUVとしての基本性能、そしていかにオンロード走行を重視したとはいえ、オフロードでの機能性もポルシェは忘れてはいなかった。トランク容量は772リットルだが、リヤシートを収納した時には、それは1708リットルにまで拡大することが可能。最大積載量は715kgで、さらにルーフにも100kgのラゲッジを搭載することができるのだ。これだけの積載能力をフルに使うような場面は、日本ではなかなか考えられない。

 

ポルシェ カイエン GTSのリヤスタイル

筆者は試乗を終え「プレミアムブランドのSUVを購入したいと考えるユーザーには、ぜひこのGTSをコアに、その存在をもう一度熟考していただきたい」と、GTSの高い完成度を評価した。

 

「GTSはシリーズ中、最もバランスに優れ将来的に高いリセールバリューをもつだろう」

 

最低地上高は、エアサスペンションの標準レベルでも180mmを確保。アプローチアングルやランプアングル、そして渡河可能な深さも、十分に魅力的な数字がスペックシートには並ぶ。唯一の問題となるのは、日本市場ではやはりそのボディサイズだろうか。全長×全幅×全高は、4929×1983×1676mm。ホイールベースは2895mmとなっているが、ここでもリヤアクスルステアが駐車場やタイトな交差点、あるいはコーナーでは大活躍する。

 

カイエンのラインナップに新たに追加されたGTSは、最もバランスに優れ、そして将来的には高いリセールバリューを誇るモデルとなることは間違いない。プレミアムブランドのSUVを購入したいと考えるユーザーには、ぜひこのGTSをコアに、その存在をもう一度熟考していただきたいモデル。それがポルシェ・カイエンなのだ。さらにスタイリッシュなSUVを望む方には、カイエンクーペという選択肢もある。

 

 

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)
PHOTO/篠原晃一(Koichi SHINOHARA)

MAGAZINE/GENROQ 2021年5月号

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ カイエン GTS

ボディサイズ:全長4929 全幅1983 全高1676mm
ホイールベース:2895mm
車両重量:2145kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3996cc
最高出力:338kW(460ps)/6000-6500rpm
最大トルク:620Nm(63.2kgm)/1800-4500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(リム幅):前285/40ZR21(9.5J) 後315/35ZR21(11J)
0-100km/h加速:4.8秒
最高速度:270km/h
車両本体価格:1682万円

 

 

【問い合わせ】
ポルシェ カスタマーケアセンター
TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ 公式サイト

http://www.porsche.com/japan/