ルイス・ハミルトン率いる「X44」とプロドライブ、セバスチャン・ローブを擁してエクストリームEに参戦 【動画】

公開日 : 2021/04/01 14:55 最終更新日 : 2021/04/01 14:55


ルイス・ハミルトン率いる「X44」とプロドライブ、セバスチャン・ローブを擁してエクストリームEに参戦

X44 ODYSSEY 21

X44 オデッセイ 21

 

 

経験豊富なプロドライブとハミルトンがタッグ

 

スバルのWRCワークスチームや、アストンマーティンのGTレース活動で知られる英国のプロドライブ(Prodrive)は、F1王者のルイス・ハミルトンが立ち上げたチーム「X44」とともに、今週末サウジアラビアで開幕される電動オフロードレースシリーズ「エクストリームE(Extreme E)」に参戦する。

 

ハミルトン自身のレーシングナンバーにちなんで名付けられた「X44」は、エクストリームEのシーズン1に参戦。2021年は開幕戦サウジアラビアを皮切りに、ネパール、グリーンランド、ブラジル、セネガルと、気候変動にさらされている世界中の大自然を舞台にオフロードEVバギーでのレースを実施。

 

チーム創設者のハミルトン自身がドライバーとして「X44」の活動に加わる予定はないが、彼がトップレベルのモータースポーツのキャリアから学んだ様々な経験や知見をチームへとフィードバックしていくという。また、チーム活動を通じて環境問題への認識を高めるという社会貢献にも参加する。

 

エクストリームEシリーズは、氷の融解、森林破壊、砂漠化、海面上昇など、気候変動の脅威にさらされている5つの地域でEVバギーを走行。シリーズ内には気候変動のスペシャリストで構成される、独立した科学委員会が設置されている。

 

ルイス・ハミルトン率いる「X44」とプロドライブ、セバスチャン・ローブを擁してエクストリームEに参戦

WRCやGTレース、ラリーレイドなど様々なカテゴリーで豊富な経験を持つプロドライブによって、電動バギー「X44 オデッセイ 21」がプリペアされた。

 

最高出力550bhpを発揮する電動バギー

 

2021年シーズンの開幕戦としてサウジアラビアで開催される「デザート Xプリ(Desert X Prix)」は、世界トップクラスのドライバーと9つのチームがエントリー。電動バギーによるホイール・トゥ・ホイールの接戦が、2日間にわたって行われる。

 

プロドライブと「X44」から参戦するのは、元WRC王者のセバスチャン・ローブと、スペイン出身の女性ドライバーのクリスティーナ・グティエレス。ふたりはプロドライブがプリペアした電動バギー「X44 オデッセイ 21」をドライブする。X44 オデッセイ 21は、最高出力400kW(550bhp)を発揮し、0-100km/h加速は4.5秒を誇る。プロドライブの設立者であり会長のデイビッド・リチャーズは、今週末の開幕戦に向けて次のようにコメントした。

 

「エクストリームEは、とてもエキサイティングでユニークなコンセプトを持っています。2年前にこのプロジェクトが立ち上げられて以来、私は魅了され続けてきました。今回、ルイス(ハミルトン)がチームとして参加を表明し、プロドライブとしてその活動をサポートできることを嬉しく思います」

 

ルイス・ハミルトン率いる「X44」とプロドライブ、セバスチャン・ローブを擁してエクストリームEに参戦

WRCドライバーズタイトルを9度も獲得しているセバスチャン・ローブと、ダカールラリーで豊富な経験を持つクリスティーナ・グティエレスが、X44 オデッセイ 21をドライブする。

 

オフロードで経験豊富なローブとグティエレス

 

ローブはWRC史上最も偉大なドライバーのひとりであり、モータースポーツ界のレジェンドと言える存在。WRCで9回のドライバーズ選手権王座、79回のWRC勝利という前人未到の記録を持つ。WTCCやGTレースにも参戦し、モータースポーツの異種格闘技戦「レース・オブ・チャンピオンズ」では3度も優勝を手にした。さらに、2021年のダカール・ラリーにもプロドライブから参戦している。

 

ローブのチームメイトを務めるクリスティーナ・グティエレスは、2017年のダカールラリーでスペイン出身の女性ドライバーとして初めて4輪市販車部門を完走。さらにデビュー戦ながらも5位入賞を果たすという歴史的快挙を達成している。

 

「今シーズン、X44のワークスドライバーとして、エクストリーム Eに参戦します。ふたりのレジェンドドライバー、セバスチャン・ローブとルイス・ハミルトンと一緒に、この素晴らしい夢をかなることにワクワクしています」と、グティエレスはコメントしている。