ポルシェとエクソンモービル、レースでバイオ燃料とeフューエルの実証テストをスタート

公開日 : 2021/04/09 15:55 最終更新日 : 2021/04/09 15:55


バイオ燃料とeフューエルのテストを「ポルシェMobil 1スーパーカップ」でスタート

過酷なモータースポーツで次世代燃料をテスト

 

総合エネルギー企業「エクソンモービル(ExxonMobil)」とポルシェは、将来的な市販モデルへの採用を目指し、先進的なバイオ燃料と再生可能・低炭素燃料「eフューエル(eFuels)」のテストを共同で行う。

 

第1弾として開発された「ESSOリニューアブル・レーシング・フューエル(Esso Renewable Racing Fuel)」は、主に先進的なバイオ燃料をブレンドした燃料。エクソンモービル社内の研究者とエンジニアチームによって特別に調合されている。

 

ESSOリニューアブル・レーシング・フューエルは、液体燃料ながらも温室効果ガスの排出量の大幅な削減が可能。2021年と2022年シーズンの「ポルシェMobil 1スーパーカップ」シリーズにおいて、ワンメイクレーシングカーのポルシェ911 GT3 カップに投入され、高性能モータースポーツ用エンジンでのテストが決まった。

 

バイオ燃料とeフューエルのテストを「ポルシェMobil 1スーパーカップ」でスタート

次世代燃料の開発を進める、ポルシェのR&D担当取締役のミヒャエル・ステイナー。次世代燃料を使用することで、温室効果ガスの排出量を最大85%も削減することが可能になる。

 

温室効果ガスを85%削減する「eフューエル」

 

ポルシェとエクソンモービルの共同研究では、水素と二酸化炭素から生成される合成燃料「eフューエル」にも焦点を当てている。両社は早ければ2022年にeフューエルの成分を含んだESSOリニューアブル・レーシング・フューエルの第2弾をテストする計画を立てている。

 

eフューエルは、現在使用されている乗用車の燃料基準に合わせて混合することで、温室効果ガスの排出量を最大85%も削減することが期待されている次世代燃料だ。ポルシェのR&D担当取締役のミヒャエル・ステイナーは、今回の試みについて次のように説明する。

 

「車両の電動化はポルシェの最優先課題です。そしてこの『eフューエル』は、パワートレイン戦略を補完するものとなります。eフューエルによって、お客様は従来の内燃機関を搭載した車両や、温室効果ガスの排出量を大幅に減らすことのできるプラグインハイブリッドにも乗ることができるのです」

 

「エクソンモービルとのコラボレーションにより、eフューエルをモータースポーツの厳しい条件下でテストすることが可能になりました。これは、eフューエルを従来の燃料に代わる、安価で温室効果ガスの排出量が少ない燃料とするための重要なステップとなるでしょう」

 

バイオ燃料とeフューエルのテストを「ポルシェMobil 1スーパーカップ」でスタート

2021年から「ポルシェMobil 1スーパーカップ」において次世代燃料第1弾となる「ESSOリニューアブル・レーシング・フューエル」のテストを開始。2022年はeフューエルのテストも行われる予定だ。

 

2022年から「eフューエル」のテストも開始

 

eフューエルは、シーメンスと共同でチリ南部マガジャネス州に建設する専用実験プラント「Haru Oni」で製造。eフューエルに用いられるのは風力タービンで生成されるグリーン水素となる。風力で稼働する電解槽を使って水を酸素と水素に分離し、ここに大気中の二酸化炭素と組み合わせることで合成メタノールを作り出す。これをベースにエクソンモービルが開発したMTG手法を用いて、合成燃料eフューエルが完成する。

 

実験段階ながらも、2022年には約13万リットルのeフューエルを生産する予定。この燃料の主な使用者となるポルシェは、2022年シーズンから「ポルシェMobil 1スーパーカップ」で、このチリ産のeフューエルを使用する。エクソンモービルの戦略&計画担当副社長のアンディ・メイデンは、ポルシェとの共同事業について次のようにコメントした。

 

「過去四半世紀にわたってエクソンモービルはポルシェと協力して高性能な製品を開発し、公道やサーキットでポルシェのパフォーマンスを支えてきました。再生可能なバイオ燃料とeフューエルに関する協力関係は、温室効果ガスの低減に関する技術面だけでなく、商業的実現性を評価するための重要なステップとなります」

 

ポルシェとエクソンモービル、バイオ燃料とeフューエルのテストを「ポルシェ・モービル1スーパーカップ」

将来的な実用化を目指し、過酷な使用が想定されるレースでテストされるポルシェとエクソンモービルの次世代燃料。EV用オイルに続き、市販化も遠い将来ではなさそうだ。

 

2021年シーズンを通して行われる次世代燃料のテスト

 

「ESSOリニューアブル・レーシング・フューエル」の最初のテストは、2021年3月30日にオランダのザントフォールト・サーキットですでに行われた。このテストプログラムは、2021年と2022年の「ポルシェMobil 1スーパーカップ」を通じて継続される予定だ。

 

今回のポルシェとの協業は、エクソンモービルによる自動車やトラックの燃料使用量削減を目指した燃料やオイルの開発に基づくもの。すでにポルシェとエクソンモービルは、電気自動車専用に開発されたオイルシリーズ「モービル EV(Mobil EV)」を共同で開発し、発売している。