クロスオーバースタイルの「あげ系」、フィアット パンダ クロス4×4が215台限定で発売

公開日 : 2021/04/18 06:30 最終更新日 : 2021/04/18 06:30

AUTHOR :

フィアット パンダ クロス 4×4

Fiat Panda Cross 4×4

フィアット パンダ クロス フォーバイフォー

 

 

タフな走りをイメージさせる専用装備

 

コンパクトでありながら、5人乗車が可能で余裕のある居住性と積載性を備えたコンパクトカー、フィアット パンダ。ヨーロッパで人気の高いこのパンダに、SUVらしい高い走破性と専用の内外装デザインをプラスした「Panda Cross 4×4(パンダ クロス フォーバイフォー)」を設定して、4月24日から215台の限定で発売する。

 

フィアットパンダクロス4×4

Cross専用デザインの10スポークアルミホイールを標準装備。エクステリアを引き締めるカラー使いとルーフレールなどの特別装備を誇る。

 

日本ではラインナップのないパンダ4×4がベース

 

現在は日本国内ではラインナップしていない「パンダ 4×4」をベースに、専用デザインのフロント及びリヤバンパーやサイドモールディング、専用15インチアルミホイール&175/65R15タイヤを備え、ボディや足まわりを演出。

 

さらに専用のルーフレールを装備し、アウトドアで活躍するルーフラックやルーフボックスなどが装着可能となり、クロスオーバーらしいエクステリアデザインを引き立てている。標準モデルのフィアット パンダに比べ、全長でプラス50mm、全幅はプラス20mm、全高はプラス80mm(全長3705×全幅1665×全高1630mm)のボディディメンションを採用した。

 

フィアット パンダ クロス 4×4のシート

シートもCross専用のファブリックタイプ。フルオートエアコンも専用装備となる。

 

ボディカラーは標準モデルには設定のないモードグレーを基調に、ライト周りやバンパー、サイドモールなどをブラック仕上げとした専用カラーとなる。

 

インテリアはブラック/ブラウンの専用ファブリックシートを採用し、シートヒーターを装備。エアコンも標準モデルのマニュアルタイプからフルオートにアップグレードされ、どんな季節でも快適にドライブが楽しめる。

 

フィアット パンダ クロス 4×4のリヤスタイル

Cross専用デザインのリヤバンパーがマッシブなSUVスタイルを演出。コンパクトながらも高いデザイン性によって街中でも映える。

 

トランスミッションは6速マニュアルのみ

 

パワートレインは標準モデルと同じ875ccの水冷直列2気筒ターボの「Twin Air」エンジンで、専用の6速マニュアルトランスミッションと四輪駆動システムを組み合わせ、高い走破性を発揮するとともにクルマを操る楽しさを得ている。さらにオフロード走行のドライブモードや、急勾配の道を一定の低速で走行できるように自動制御するヒルディセントコントロール機能を備え、オフロードでも安心して走行できる。

 

フィアット パンダの使い勝手の良さに個性的なデザインと高い走破性が加わったパンダ クロス 4×4は、昨年10月に続く2度目の限定販売となるが、ボディカラーは前回と異なっている。

 

 

【車両本体価格(税込)】

フィアット パンダ クロス 4×4:263万円

 

 

【主要な専用装備】

Cross専用ファブリックシート

シートヒーター

ECOスイッチ(電動パワーステアリング、エンジン制御、ECO設定)

Cross専用ルーフレール

Cross専用フロント/リヤバンパー

Cross専用サイドモールディング

15インチ10スポーク アルミホイール+175/65R15タイヤ

フルオートエアコン(ダストポーレンフィルター付)

ドライブモードセレクター(AUTO/オフロード/ヒルディセントコントロール)

センターコンソール収納

リヤパーキングセンサー(アラーム式)

 

 

【問い合わせ】

CIAO FIAT

TEL 0120-404-053

 

 

【関連リンク】

フィアット・パンダ・クロス4×4 公式サイト

https://www.fiat-auto.co.jp/limited/panda-cross4x4-2021/