830ps超の最強ランボルギーニ、エッセンサ SCV12の開発完了! エマニュエル・ピロが開発プログラムを振り返る 【動画】

公開日 : 2021/04/18 15:55 最終更新日 : 2021/04/18 15:55

「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」の開発完了! テストドライバーのエマニュエル・ピロが振り返る開発プログラム

Lamborghini Essenza SCV12

ランボルギーニ エッセンサ SCV12

 

 

限定40台のサーキット専用V12ハイパースポーツ

 

アウトモビリ・ランボルギーニは、2020年夏にランボルギーニ・スクアドラコルセが開発し、ランボルギーニ・チェントロ・スティーレがデザインした40台限定のレーストラック専用ハイパーカー「エッセンサ SCV12」を発表。その開発プログラムが完了し、いよいよデリバリーが開始される。

 

元F1ドライバーのエマニュエル・ピロは、エッセンサ SCV12の生みの親のひとりだ。ランボルギーニがこれまで開発したなかで最もパワフルなV12エンジンを搭載したスペシャルモデルは、近々オーナードライバー専用イベントで、サーキットデビューを果たす予定だ。

 

ル・マン24時間レースを5回も制覇した経験を持つピロは、エッセンサ SCV12プロジェクトの初日から参加。モンツァ、ポルティマオ、バルセロナ、ル・カステレなどのサーキットを舞台に、2年間にわたって何千kmもエッセンサ SCV12をドライブしてきた。

 

ピロと共に、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセの公式テストドライバーであり、ヤングスター・プログラムの責任者を務めるラファエル・ジャンマリアも開発に参加。ふたりが、テストプログラムを分担している。

 

「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」の開発が完了! テストドライバーのエマニュエル・ピロが振り返る開発プログラム

元F1ドライバーで、ル・マン24時間では5度の優勝経験を持つエマニュエル・ピロが、エッセンサ SCV12の開発テストドライバーを担当した。

 

元F1ドライバーのピロが開発を担当

 

誰よりもエッセンサ SCV12に触れてきたピロは、2年間のテストプログラムを「その旅は美しく魅力的なものでした」と振り返った。

 

「ありきたりなことを言っているように思えるかもしれませんが、これは真実なのです。プロジェクトの初期段階から関わり、まるで子供のように育ててきたのは、私にとっても初めての経験です。そのすべての瞬間が、感動的で刺激的でした。私はこれまでに何台ものクルマの開発に参加してきましたが、進化のすべての段階を追いかけ、それぞれの段階で貢献できたのはこのクルマが初めてです」

 

ピロは試作車両のステアリングを握り、サーキットで何千kmも走行。車両の微妙な動きを把握し、そのフィーリングをエンジニアへとフィードバックした。

 

「エッセンサ SCV12は、その聴き方さえわかれば、あなたに語りかけてくるでしょう。音、振動、加速、ハンドリングで、ドライバーに語りかけてくるのです。時には暗号化された言葉なので、その解読には時間と労力がかかりました。でも、その結果は特にサウンドとドライブフィールの両面で、驚く存在になったと確信しています。エッセンサSCV12は、パワフルでユニークな感動を与えてくれるクルマなのです」

 

「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」の開発が完了! テストドライバーのエマニュエル・ピロが振り返る開発プログラム

エッセンサ SCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラコルセが手掛けてきた、もっとも野心的なプログラム。ジェントルマンドライバーが、サーキットで最高のパフォーマンスを発揮できるよう、ピロにより入念に開発された。

 

セッティングの自由度と高度なバランス

 

ピロとジャンマリアからの有益なフィードバックを得て、スクアドラコルセはエッセンサ SCV12の開発を続けた。その開発初期段階から技術陣のターゲットは明確だったという。

 

「エッセンサ SCV12は、優れたラップタイムを記録するだけのクルマではありません。メカニカルや電子的に幅広いセットアップオプションにより、オーナードライバーが自分の要求に合わせたクルマを作り出せるように開発されています。他にはない個性を持った、“魂”を持つ1台を作りたかったのです」

 

エッセンサ SCV12は、ランボルギーニ・スクアドラコルセがこれまでに手がけた中で最も野心的なプロジェクトであり、その開発過程はチャレンジの連続だった。

 

「リヤに負荷のかかるトランスミッションと、信じられないほどパワフルなエンジンを搭載したエッセンサ SCV12は、コンペティションではなくサーキット走行のために生み出されました。だからこそ、エレガンス、デザイン、そして最高のパフォーマンスを一体化することを運命づけられています」

 

「適切なバランスを見つけることが、私たちのモチベーションになりました。その開発作業は妥協が一切なく、まるで次の日には耐久レースに参戦するかのようでした(笑)。サスペンション、ブレーキ、タイヤ・・・すべてが完璧に調整されていなければ、ジェントルマンドライバーの皆さんがこのクルマの可能性を最大限解き放って楽しむことはできないからです」

 

「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」の開発が完了! テストドライバーのエマニュエル・ピロが振り返る開発プログラム

開発プログラムが完了し、いよいよ40名のオーナーの元へとデリバリーが開始される「エッセンサ SCV12」。サーキットイベントが6月のヴァレルンガからスタートする。

 

6月のヴァレルンガからサーキットプログラムを開始

 

プロフェッショナルドライバーとして、40年という輝かしいキャリアのなかで、ピロは世界最高のチームと仕事をしてきた。その間もドライビングへの情熱を失ったことはない。

 

「長い月日をかけて、私はスクアドラコルセの開発チームを本当によく知ることができました。彼らのプロフェッショナリズムだけでなく、人間的な側面も評価しています。そして、すでに素晴らしい関係を築いていたラファエルとの関係もさらに強固になりました。それにしても、このプロジェクトにこれほど感情移入するとは思ってもいませんでした。このクルマは私の中に常に潜んでいたドライバーとしての情熱の火を再び灯してくれたのです」

 

テストプログラムが終了し、最初のクルマがデリバリーされると「クラブ・エッセンサ SCV12」のドライバーたちは、いよいよサーキット走行の機会を得ることになる。2021年夏以降、ピロはこのハイパーカーのために用意されたサーキットプログラムのエリートコーチを務める。開発プログラムという最初のチャプターが閉じられた今、さらにエキサイティングなチャプターがこれからスタートするのである。

 

「オーナーの皆さんがコースに出るのを待ち遠しく思います。その時には私の経験を彼らに伝え、このクルマが持つすべての秘密を発見してもらうことができるでしょう」

 

「でも、正直に言うと、それと同時に少し寂しい気持ちもあります。私にとってエッセンサ SCV12プロジェクトは、子供を育てるようなものだったのですから・・・。そして今、我が子が自分の道を歩むのを見るのは少し寂しさを感じているのです」

 

エッセンサ SCV12のイベントプログラムは、6月末にローマ近郊のヴァレルンガ・サーキットで開始。夏から秋にかけてスパ・フランコルシャン、ニュルブルクリンク、バルセロナで開催され、ミサノで行われている「ランボルギーニ・ワールド・ファイナル」で締め括られる予定だ。

 

【関連記事】

・史上最強のランボルギーニ、エッセンサ SCV12世界初披露! 830hpのV12エンジンを搭載するハイパーカー【動画】