SUVもポルシェか? カイエン ターボとマセラティ レヴァンテ、アルファロメオ ステルビオが真剣勝負 【Playback GENROQ 2019】

公開日 : 2021/04/21 17:55 最終更新日 : 2021/04/21 17:55

AUTHOR :

ポルシェ カイエンターボとマセラティ レヴァンテ トロフェオとアルファロメオ ステルビオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオの走行シーン

Porsche Cayenne Turbo × Maserati Levante Trofeo × Alfa Romeo Stelvio 2.9 V6 Bi-turbo Quadrifoglio

ポルシェ カイエンターボ × マセラティ レヴァンテ トロフェオ × アルファロメオ ステルビオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオ

 

 

3車3様の煌めく個性

 

新型カイエンの大注目グレード、カイエンターボがついに導入された。550ps/770Nmを発生する4.0リッターV8ツインターボを搭載する超高性能SUVだ。対するのはイタリアの雄、レヴァンテ トロフェオとステルヴィオ クアドリフォリオの2台。それぞれの個性が光る3台の超高性能SUVの世界に触れてみたい。

 

マセラティ レヴァンテ トロフェオの走行シーン

500ps超のスーパーSUV対決、王者ポルシェ カイエンターボに対してマセラティ レヴァンテ トロフェオは至高のV8エンジンで対抗する。

 

「フェラーリ製の極上V8を搭載するレヴァンテに分があるか?」

 

先月号のGOTY(ゲンロク・カー・オブ・ザ・イヤー:2019年3月号)の中で、私はただひとりだけ新型カイエンに疑問符を付けた。フルモデルチェンジを経てもなおキープコンセプトを通すカイエンのスタイリングに、メルセデス Gクラスほどの「どうしてもこうあらねばならない」という理由を見つけられなかったからである。

 

一気に12台ものキャラの濃いパフォーマンスモデルを試乗した中の1台とは言え、最新のポルシェの存在感が薄くていいはずがない。

 

マセラティ レヴァンテ トロフェオのエンジン

クアトロポルテにも積まれるフェラーリ製の3.8リッターV8ツインターボを搭載する。まさに極上のエンジンフィーリングだ。

 

「新型カイエンはレヴァンテに劣る? そんな印象が頭を過った」

 

そんなカイエンとは対照的に、予想外の角度から私の顎をめがけて強烈なアッパーを放ってきたSUVがいた。マセラティ レヴァンテ トロフェオである。デビュー当初のレヴァンテの印象は「シャシーがぎこちない」という以外になかったのだが、最強エンジンを得たトロフェオでは、エアサスのセッティングも含めて見事に帳尻を合わせてきている。ことクルマ好きの視点から見れば、新型カイエンはレヴァンテに劣る? そんな印象が頭を過ったのだった。

 

とはいえ冷静に考えるならば、590psを誇るレヴァンテ最強のトロフェオと340psのベーシックなカイエンを比較するのはスペック的に無理がある。と思っていたところにジャストタイミングで登場したモデルが550psを誇るカイエンターボだったのである。

 

さらに今回は500psオーバーのスーパーSUV頂上バトルと銘打って、3.0リッターのV6ターボから510psを絞り出すアルファロメオ ステルヴィオ クアドリフォリオも加えることにした。進境著しい2台のイタリアンSUVで王者カイエンの実力を推し量ろうという目論見である。

 

アルファロメオ ステルビオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオの走行シーン

アルファロメオ初のSUVモデルとしてデビューしたステルビオのハイパフォーマンス版が2.9リッターV6ビターボ(ツインターボ)エンジンを搭載するクアドリフォリオ。アルファロメオらしいスポーツマインドを実感できる。

 

「ステルビオのドライブフィールはクセのないFR車のそれだ」

 

バトル当日、ターンパイクまではステルヴィオをドライブした。何しろ初めてなので、少しでも長く乗りたかったのだ。ステルヴィオの外観はアルファそのものだがフロントマスクは少し大味に見える。ドアやリヤゲートの開口部は小さめだが、その分ボディの硬さが否応なしに伝わってくる。すでにジュリア クアドリフォリオで体験済みのV6ターボはレヴァンテ トロフェオのV8ターボほどではないが、いかにもマラネロ製らしい獰猛な性格。そう、このユニットはフェラーリV8の2気筒切り落とし版なのである。

 

カイエンやレヴァンテよりひと回り小ぶりなステルヴィオ クアドリフォリオは、SUVらしからぬキビキビとした身のこなしを見せ、鋭いダッシュ力で乗り手を魅了する。だが4駆にかまけているとコーナーの出口でテールが振り出しそうになってヒヤリとさせられる。そのドライブフィールはクセのないFR車のそれなのである。フロント側にスタンバイトルクは入っているのだろうが、よほどのことがない限り前輪は出しゃばらない性格と見た。

 

アルファロメオ ステルビオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオのエンジン

最新の2.9リッターV6ツインターボエンジンは510ps/600Nmのアウトプットを誇る。0-100km/h加速は3.8秒、最高速度283km/hを実現している。

 

「挑戦者にいっちょ噛みしてきたステルヴィオもまったく譲らない」

 

一方マセラティはアルファと対照的な走りを見せてくれた。重量感たっぷりのボディをしっかりとロールさせながら、SUV界随一の刺激的V8エンジンで猛然と加速していく。その際4輪にしっかり駆動トルクを分配して車体を安定させることも忘れない。さらにペースを上げ、いよいよフロントのスリップアングルが大きくなってくると、MSP(マセラティ・スタビリティ・プログラム)がかなり大胆に内輪側のブレーキをつまみ、ブレーキステアで強引に鼻先を入れていく。結果的にコーナリングラインの帳尻は合うのだけれど、圧倒的なパワーの最終的な処理方法としては少し荒っぽく感じられた。

 

その点ステルヴィオのコーナー捌きはフロントマスクとは裏腹に繊細で、内輪が微かにスキール音を発する領域になると、リヤデフを挟み込むように配置された多板クラッチのベクタリング効果によって、極めて自然にジワッと曲げていくのだ。てっきりレヴァンテ トロフェオが挑戦者代表なのだと信じて疑わなかったのだが、いっちょ噛みしてきたステルヴィオもまったく譲らない。

 

ポルシェ カイエンターボの走行シーン

無印のカイエン(V6)を試乗した際にはさほどポジティブな印象を得なかったという筆者だが、シリーズ最強のスペックを与えられたカイエンターボでは考えを新たにしたという。

 

「現在3モデルが揃うカイエンシリーズの最強モデル、カイエンターボ」

 

ではここでパラジウムメタリックのボディが王者の貫禄を湛えるカイエンターボのステアリングを握ることにしよう。今回の個体は現在3モデルが揃うカイエンシリーズの最強モデルであり、ポルシェ広報車の例にもれずオプションてんこ盛り。オプションの価格だけで素のマカンが買えてしまうほどなのだが、リヤアクスルステアリングやスポーツクロノ、そしてポルシェトルクベクタリングプラスといった装備は今回の「スーパーSUV」というテーマに欠かせないように思う。

 

カイエンターボのインパネのデザイン、操作系は見慣れたポルシェの景色であり、質感は高い。そこに色気を加えているのはトリュフブラウンのレザーでトリムされたインテリアである。内装の質感にまで話が及んでしまうと、約1200万円のアルファと2000万クラスのマセラティ、ポルシェを比較することはできない。マセラティはずいぶんと質を上げ、一方ポルシェは急激に見た目の豊かさに目覚めてきているので、ここは互角ではないだろうか。

 

フレンチのコース料理をちゃんと味わおうと思ったら、料理の間にグラニテを挟んで舌の感覚をニュートラルに戻すべきだが、クルマの場合は旧ル・マン式スタートのように乗り換えた方が違いがよくわかる。

 

ポルシェ カイエンターボのインテリア

プレミアムSUVに相応しい内装の新型カイエン。とりわけインフォテインメントシステムの充実が素晴らしい。レザーシートの質感も高く、所有する満足を大いに得られる。

 

「カイエンターボはどこまでも理詰めで攻め込んでいる印象」

 

ステルヴィオから乗り換えたカイエンターボは走り出しこそ後ろに誰か乗っているのでは? というくらいズシリと重かったのだが、ペースを上げるほどに重量感が霧散していくのがわかった。エンジンのパンチによってスピードと軽快感を前面に押し出してくるイタリアンSUVに対し、カイエンターボはどこまでも理詰めで攻め込んでいる印象。

 

V8ターボユニットもGOTYで試乗した3.0リッターV6のカイエンと比べれば遥かにターボらしさが感じられるが、あまりドラマ性は強くない。上屋の動きがそれなりに大きく「そろそろ限界ですよ! ほら、いいスピードでしょ!」と主張してくるイタリアの2台に対し、ドイツはペースに比例して身のこなしが軽くなるため、危機感なしにけっこうな所まで行けてしまう。これは性格の違いだろうか? それとも根幹のデキがそもそも違うのだろうか?

 

「頂上バトル!」と銘打っては見たものの、今回の3台はまるで個性が異なっている。普段ほとんど国産車に触れない私が言うのもどうかと思うが、レヴァンテとステルヴィオとカイエンターボは、昔のランエボとインプレッサとGT-Rのそれによく似ている。つまりランエボとインプはガチンコだが性格がまったく違い、GT-Rはクラスが違うということ。

 

ポルシェ カイエンターボのエンジン

最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生する4.0リッターV8ツインターボを搭載。低回転ではジェントルながら、過給が高まると獰猛さを増す。

 

「とある上り左コーナーの通過速度を比較して興味深い結果が出た」

 

というグダグダな例えではオチというか勝負がつきそうにないので、とある上り左コーナーの通過速度を自分なりにチェックしてみることにした。ペースはポテンシャルの8割ぐらい、をこちらが勝手に解釈したテキトーなものだが、なかなか興味深い数字が出た。

 

実際の速度は秘密(笑)だが、最もスピード感がなかったにも関わらず最速だったカイエンターボ比でレヴァンテはマイナス3km/h、ステルヴィオはマイナス6km/hだった。ちなみに8割で走ったつもりだが、踏めば踏むほどリヤステアも手伝って旋回能力が高まり、限界が遠のくカイエンの8割が果たしてどこだったのかという点は判然としない。一方、マセラティはピレリのウインタータイヤを履いていたので大いに健闘した結果と言えるが、ボディの重さで特にフロント側のロールが限界に達し、MSPが入りはじめていたことを考えれば、例えサマータイヤを履いていてもカイエン越えは難しかっただろう。最後にFRの(ような)ステルヴィオは「これ以上はムリ」とはっきりわかったので、8割を超えていた(?)。

 

ポルシェ カイエンターボとマセラティ レヴァンテ トロフェオとアルファロメオ ステルビオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオのリヤスタイル

いよいよ競争が激しくなっているスーパーSUVカテゴリー。筆者は「近年はライバルがヤンチャな手法でちょっかいを出してきたりしているので、より大人びた方向に成熟することを選んだのかもしれない」と、カイエンターボの先駆者らしい余裕を高く評価した。

 

「新型カイエンはひとクラス上の時空をひた走っている」

 

スーパーな動力性能とスーパーな価格設定とはいえ、そこはSUVであることも考慮しなければならない。乗車人数や積載量が増えれば3車の速度差というかポテンシャルの違いはさらに開いていくはずだ。ちなみに3車の前後重量配分はカイエンが最もフロントヘビーで、レヴァンテが少しフロントヘビー、ステルヴィオは前後イーブン。スポーツカーなら50対50でいいけれど、SUVは荷物を積んでナンボなのだから、ここでもカイエンの設計が際立つ。

 

見た目の主張は最小限で、性能的にもアピール下手な感じがするのだが、新型カイエンはひとクラス上の時空をひた走っているのである。近年はライバルがヤンチャな手法でちょっかいを出してきたりしているので、より大人びた方向に成熟することを選んだのかもしれない。

 

ポルシェ カイエンの優位性に変化はなかったが、スーパーSUVシーンはこれから最も熱くなっていくカテゴリーだと感じた。

 

 

REPORT/吉田拓生(Takuo YOSHIDA)
PHOTO/神村 聖(Satoshi KAMIMURA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ カイエンターボ

ボディサイズ:全長4926 全幅1983 全高1673mm
ホイールベース:2895mm
車両重量:2175kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3996cc
最高出力:404kW(550ps)/5750-6000rpm
最大トルク:770Nm(78.5kgm)/1960-4500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前285/40ZR21 後315/35ZR21
燃料消費率(EU複合モード):11.9-11.7L/100km
車両本体価格:1855万円

 

マセラティ レヴァンテ トロフェオ

ボディサイズ:全長5020 全幅1985 全高1700mm
ホイールベース:3005mm
車両重量:2340kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3798cc
最高出力:434kW(590ps)/6250rpm
最大トルク:734Nm(74.8kgm)/2500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前265/40R21 後295/35R21
燃料消費率(EU複合モード):13.5L/100km
車両本体価格:1990万円

 

アルファロメオ ステルヴィオ 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオ

ボディサイズ:全長4700 全幅1955 全高1680mm
ホイールベース:2820mm
車両重量:1910kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2891cc
最高出力:375kW(510ps)/6500rpm
最大トルク:600Nm(61.2kgm)/2500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前255/45R20 後285/40R20
燃料消費率(EU複合モード):-
車両本体価格:1167万円

 

 

※GENROQ 2019年 4月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連リンク】

・GENROQ  2019年 4月号 電子版

※雑誌版は販売終了