エルメスとロールス・ロイスがコラボ! 前澤友作氏が注文した世界に1台の「ファントム オリベ」は織部焼がテーマ

公開日 : 2021/04/28 13:25 最終更新日 : 2021/04/30 18:44


ロールス・ロイス ファントム オリベのリヤシート

Rolls-Royce Phantom Oribe

ロールス・ロイス ファントム オリベ

 

 

ZOZO前澤氏がオーダーした世界に1台のファントム

 

ロールス・ロイスはフラッグシップサルーン「ファントム」のビスポーク仕様として、エルメスとコラボレーションした特別な「ファントム オリベ(=織部)」を公開した。織部焼をモチーフにした「緑」を基調とした独特の世界観を放つ1台で、注文主は衣料品通販サイト運営会社ZOZOの創業者、前澤友作氏だ。

 

前澤氏がオーダーしたファントムは、エルメスとロールス・ロイスのビスポーク専門チームが連携してデザイン。パリ、英国、そして日本の感性とクラフトマンシップが融合した1台となっている。

 

ロールス・ロイス ファントム オリベのフロントビュー

ZOZO創業者の前澤友作氏がオーダーした、世界に1台の「ロールス・ロイス ファントム オリベ」。数ヵ月かけて特別に調色されたボディカラーは、日本古来の焼き物である織部焼をイメージしたもの。

 

織部焼をイメージした特別色を開発

 

特徴的なボディのグリーンとクリームの2トーンカラーは、日本古来の焼き物である織部焼をイメージしたもの。16世紀、安土桃山時代末期に花開いた織部焼は、緑釉(銅緑釉)の深い色合いで知られる。前澤氏は、織部や黄瀬戸などの美濃焼のコレクターでもある。

 

車体のアッパー部分はこのクルマのために特別に調色された「MZ 織部グリーン」でペイント。ロールス・ロイスとしては異例の取り組みだが、今回は特別に前澤氏の所有するプライベートジェットにも使える塗料を開発している。グッドウッド本社では、数ヵ月を費やして世界にひとつだけの「織部グリーン」を生み出したという。

 

ロールス・ロイス ファントム オリベのサイドビュー

「ロールス・ロイス ファントム オリベ」の内装仕立てには、エルメスが協力。世界最高峰のレザーや、独自のキャンバス地などをふんだんに使用している。

 

世界最高峰のエルメスレザーをふんだんに使用

 

内装では、世界最高峰のクオリティといわれるエルメスのレザーを、ダッシュボードやピラー、ステアリングホイール、ギヤセレクター、ロータリー型コントローラーへふんだんに使用。グローブボックスやラゲッジのライニング、センターコンソール、シャンパンクーラー部分に至るまで、細部に渡ってミルクのように繊細なレザーを張り巡らしている。

 

ヘッドレストのパイピングやリヤシートのサポート部の美しい仕上げや、「シーシェル ホワイト」と呼ばれる白のアクセント、ラムウール仕立てのフロアマットも、キャビン全体に独特の静謐な雰囲気をもたらしている。

 

織部焼のイメージ

桃山茶陶の集大成とも言われる織部焼。深く神秘的な緑は、織部焼に多く見られる特徴的な色味。

 

ルーフ一面に張り巡らされた“エルメスのキャンバス”

 

美野古陶の持つ風雅な趣に合わせるように、ロールス・ロイスのビスポークチームはスピーカーカバーも特製。ロイヤルウォールナットをオープンポア(導管を樹脂で塞がずに木のもつ風合いを活かした表面仕上げ)加工した加飾パネルには、工芸品を思わせる精巧なパターンが施された。このオープンポア・ウォルナットはセンターコンソールとリヤコンソール、そしてピクニックテーブル裏にも使用されている。

 

さらに、ロールス・ロイス初の試みとして、ドアアームレストやセンターコンソール、そしてルーフライナーには、エルメスを代表するテキスタイルである「トワル・アッシュ(Toile-H)」キャンバス地を採用。独特のドライな風合いは、ミニマルで凜としたファントムのキャビンへ気品と和らぎを与えている。

 

ロールス・ロイス ファントム オリベのフェイシア

「ロールス・ロイス ファントム オリベ」のフェイシア。エルメスのスカーフを思わせるグラフィックが“ギャラリー”を飾る。工芸品のようなスピーカーカバーにもご注目。

 

歴史を超えてイギリス、フランス、日本が交流

 

「ギャラリー」と呼ばれるファントムのダッシュボードには、透明なガラスの向こうにオーナーがそれぞれの世界を嵌め込んで眺めるのが定番となっている。純金やタイル、陶器など、ありとあらゆる素材を用いた“芸術作品”を展示する場所だから、ギャラリーと呼ぶのである。

 

今回このダッシュボードを飾るのは、フランスが生んだ芸術家ピエール・ペロン(1905年〜1988年)の作品をベースにしたアートワーク。ピエールの絵はこれまでにも、エルメスのスカーフに何度も使用されてきた。ウォールナット上には、やはりエルメスを象徴するモチーフである馬の姿が描き出された。

 

ロールス・ロイス ファントム オリベのリヤビュー

「ロールス・ロイス ファントム オリベ」は、前澤氏所有のプライベートジェットに合わせて、“地上用のジェット”として生み出されたものだという。

 

前澤友作氏は自身のインスタグラムで、「車買いました。車名は『ファントム オリベ』です。ロールスロイスとエルメスの初コラボです」(原文ママ)と報告。「安土桃山時代の織部焼をモチーフにしました。歴史を超えたイギリスとフランスと日本を代表するクラフツマンシップと芸術の交流」と説明している。