SUVクーペのトップランナー対決! メルセデスAMG GLC 43とBMW X4 M40iを吟味する 【Playback GENROQ 2017】

公開日 : 2021/05/02 17:55 最終更新日 : 2021/05/03 13:40

AUTHOR :
メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペとBMW X4 M40iのサイドビュー

Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC Coupe × BMW X4 M40i

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペ × BMW X4 M40i

 

 

異彩のSUVクーペ

 

プレミアム、カジュアル・・・カテゴリーを問わず世界中で人気のSUV。その中で特別に異彩を放っているのが、絞り込まれたキャビン形状のクーペスタイルを纏ったクロスオーバーSUVという存在だろう。6気筒ターボを積む個性派ミディアムSUV、2モデルの魅力を探った。

 

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペとBMW X4 M40iの走行シーン

従来の無骨なSUVモデルからイメージを異にするSUVクーペは瞬く間にトレンドとなった。今回はSUVクーペのカテゴリーに参入したメルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペとBMW X4 M40iを比較試乗した。

 

「どちらもブランドのキャラクターを色濃く発揮する好対照な2台」

 

メルセデス「GLCクーペ」が登場した。SUVセグメントを表す「GL」、クラス(車格)を表す「C」が車名の由来。つまりCクラスのSUV版であり、スタイリングはクーペとSUVのクロスオーバーということだ。今回は、その中でも最上位グレードとなるメルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペ(以下GLC 43)に試乗した。そして、真っ向からのライバルとなるBMW X4 M40i(以下X4)との比較試乗も行った。何といっても、今や大流行となっているSUVクーペのパイオニアはBMWだ。「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」として登場したX6が、SUVクーペに先鞭をつけたモデルだろう。

 

クロスオーバーモデルだけに、いろんな解釈ができるセグメントだが、先に結論を言ってしまうと、どちらもブランドのキャラクターを色濃く発揮したモデルだ。メーカーとしては、お互いを最大のライバルとしてマークしているのだろうが、買い手は、おそらくこの両車の間でどちらにしようか迷うということはなさそうに思える。それほど、「好対照」な2台であった。

 

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペのインテリア

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペは、中央のエアアウトレットからアームレストまで優美なカーブを描く上質なインパネをもつ。AMGダイナミックセレクトスイッチにより「Comfort」「Sport」「Sport+」の3つの減衰特性を選択できる「AIR BODY CONTROL」を装備する。

 

「SUVらしい、ストローク感のあるゆったりした乗り心地のGLC」

 

さて、GLC 43の運転席に乗り込むと、若干アイポイントは高いが、それほどアップライトなポジションではない。インテリアもCクラスとほぼ同じ眺めで、かなり乗用車感覚。アクセルを開けると、勇ましいサウンドが轟く。さすがAMGだ。ところが、走り出すとあまりにも“セダンライク”な走り味だったのでちょっとビックリした。

 

ただし、この“セダン”とはCクラスを指すものではない。最近のCクラス・セダンはスポーティなテイストに振っている。Cクラス・クーペはさらにキュッと締まった足で、軽快なフットワークを見せる。そのイメージが頭の中にあったため、GLC 43はさぞかしスポーティかと思いきや、実にSUVらしい、ストローク感のあるゆったりした乗り心地なのだ(足元には21インチという大径タイヤを履いているにも関わらずだ・・・)。

 

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペのエンジン

最大圧力200barのピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システム、アルミ製クランクケースを採用したことで最高出力367ps、最大トルク520Nmを実現した3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジン。専用セッティングの9Gトロニックと組み合わされる。

 

「AMGダイナミックセレクトの効果を顕著に感じる」

 

AMGスポーツサスペンションは、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3つのモードから電子制御式ダンピングシステムの減衰特性を選ぶことができるが、個人的にはスポーツがデフォルトでも良いのでは、と思えるほどだった。とはいえ、ボディの動きはちゃんとコントロールされていて不満はない。AMGダイナミックセレクトの効果も顕著だ。少ない舵角でクイックにノーズが動くし、上下方向のボディの動きはゆったりしているが、ロール方向の沈み込みは気にならない。

 

そして、Cクラス同様、半自動運転機能を含むディストロニック・プラスが装備される。ドライバーが自ら運転するのが前提ではあるが、かなりの精度でレーンキープをアシストしつつ前車を追従してくれるので、ロングドライブ時の疲労軽減、事故低減に大いに貢献するだろう。

 

BMW X4 M40iのインテリア

BMW X4 M40iのブラック基調に設えたデザインにブラッシュ・アルミ・トリムを効果的に配したスポーティなコクピットはいかにもBMWらしい。走行中にギヤレシオを連続的に変化させることで、少ない操舵量での操作を可能とするバリアブル・スポーツ・ステアリングも装備。

 

「BMW Mモデルの走りはこれだ! という心意気さえ感じる」

 

一方、BMW X4は、まったく“ブレない”キャラクターを感じる。ボディサイズやボディ形状がどうであれ、BMW Mモデルの走りはこれだ! という心意気さえ感じる。アクセルを踏み込むと実に元気に走り出し、こちらも低速域の60km/hくらいまでは重低音を轟かせるが、ある程度スピードが出てしまえばさほどエンジンサウンドをアピールしてこない。乗り味も、全体的にキュッと締まったドライブフィール。SUVらしい懐の深さと快適性、そして過度じゃない適度なスポーティ感のバランスが実に絶妙だ。

 

スポーツモードにするとアクセルレスポンスが高くなり、シフトスケジュールも変わるため、かなりパワフルに感じる。このレスポンスはスポーツーカーそのもの。そして、アクセルを踏み込むとシートに背中が押し付けられるような強烈な加速感がある。

 

BMW X4 M40iのエンジン

軽量な鍛造クランクシャフトを採用したことで高回転域でも力強い加速を実現した3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジン(360ps/465Nm)。0-100km/h加速4.9秒という俊足を実現しながら、11.2km/リッターという環境性能も達成している。

 

「乗っている感覚は、圧倒的にX4がパワフルに感じられた」

 

コーナーでは、シートのサイドサポートに脇が押し付けられ、ロール感というより真横に力がかかっているような感覚だ。操舵からエンジン回転まで、BMWらしいリニアなフィーリングが運転していて気持ち良い。高速道路や市街地での試乗だったが、攻めるほどに本領発揮という気配がある。何しろ足元には、ハイパフォーマンス・スポーツカー向けの、ミシュラン・パイロットスーパースポーツ20インチを履く。

 

そして、試乗後にパワースペックを見比べて驚いた。最高出力はGLC 43が270kWでX4が265kW、最大トルクはGLC 43が520Nm、X4が465Nmと、出力はほぼ互角ながらトルクはGLC 43が多少上回っている。車重はまったく同じだ。ところが乗っている感覚は、圧倒的にX4がパワフルに感じられたのだ。トルク特性や、レスポンス、サウンドなど、演出によってパワーフィールって随分違うものなのだと、改めて驚いた。

 

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペとBMW X4 M40iのリヤスタイル

セダン感覚でゆったり乗るのに向いたメルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペと、スポーツカーに劣らぬ動力性を誇るBMW X4 M40i。「スペック上は、見事なまでに“良い勝負”をしている2台。しかし、乗ってみると、面白いほど異なるキャラクターの両モデル」と筆者は評価する。

 

「意外なほどおおらかな乗り味のGLC 43。対照的にスポーツSUVを体現したX4」

 

今回の2台、いずれもMとAMGのブランドを掲げてはいるが、実はスタンダードラインとスポーツラインの中間に位置するモデルだ。そして、X4はかなりMモデル寄り、GLC 43は、スタンダードモデル寄りのチューニングであった。

 

X4はスポーツカーに乗りたいけど諸事情により乗れない人でも満足できるキャラクターのSUVクーペで、積極的にドライブを楽しみたい人向け。GLC 43は、スタイリッシュ志向でセダンよりスペースが欲しい、そして快適に楽に早く目的地まで行きたい、そんな人にオススメ。

 

スペック上は、見事なまでに“良い勝負”をしている2台。しかし、乗ってみると、面白いほど異なるキャラクターの両モデルであった。

 

 

REPORT/佐藤久実(Kumi SATO)
PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)

 

 

【SPECIFICATIONS】

メルセデスAMG GLC 43 4マティック クーペ

ボディサイズ:全長4735 全幅1930 全高1590mm
ホイールベース:2875mm
車両重量:1920kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2996cc
圧縮比:10.5
最高出力:270kW(367ps)/5500-6000rpm
最大トルク:520Nm(53.0kgm)/2000-4200rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション:前4リンク 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前255/40R21 後285/35R21
燃料消費率:10.3km/L(JC08モード)
車両本体価格:910万円

 

BMW X4 M40i

ボディサイズ:全長4680 全幅1900 全高1625mm
ホイールベース:2810mm
車両重量:1920kg
エンジンタイプ:直列6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2979cc
圧縮比:10.2
最高出力:265kW(360ps)/5800rpm
最大トルク:465Nm(47.4kgm)/1350-5250rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション:前ダブルジョイント・スプリングストラット 後5リンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前245/40ZR20 後275/35ZR20
燃料消費率:11.2km/L(JC08モード)
車両本体価格:876万円

 

 

※GENROQ 2017年 5月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連リンク】

・GENROQ  2017年 5月号 電子版

※雑誌版は販売終了