ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8で味わう、北陸・癒やしのドライブトリップ

公開日 : 2021/05/04 13:55 最終更新日 : 2021/05/04 13:55

AUTHOR :

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションの走行シーン

Volvo V90 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション

 

 

北陸の地でボルボの新世代“リチャージ”をテストドライブ

 

V90のプラグイン ハイブリッドモデルを金沢の地で走らせた。普段は曇り空も多いという北陸の空は絵に描いたような快晴だった。日本海を有する豊かな自然環境と、区画整理の進んだ都市部や広い道路。この地でV90を走らせているとなぜだか自然とボルボの故郷であるスウェーデンを思い起こしたのだが、どうやらお互い似ている部分は多いらしい。貴重な陽の光をサンルーフから取り入れながら、しなやかな足取りで一路千里浜を目指した。

 

さていまいちど、昨年10月にマイナーチェンジが施された「V90 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription」の概要を説明しよう。端的に言ってしまえばそれは、内外装のデザイン変更が行われた以外、機関的には従来の「ツインエンジンAWD」と同じ内容だ。ボルボはピュアEVを含めた外部充電が可能なモデルに“リチャージ”のグレード名を今後は与えるため、今回その名称が改まったというわけである。

 

またグレード全体としては、昨年全てのモデルをハイブリッド化したことを機に、このMY21モデルからはガソリンエンジンの「T5」「T6」、ディーゼルユニットの「D4」が廃止された。そして今回試乗した「T8」は第二世代のままだが、「B5 AWD」と「B6」シリーズには第3世代の気筒休止エンジンが採用されるに至っている。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションのエンジン

搭載する2.0リッター直4ガソリンエンジンはターボとスーパーチャージャーで過給され、最高出力318ps/最大トルク400Nmを発揮。さらに最高出力87ps/最大トルク240Nmの電気モーターを採用する。

 

直4ツインチャージャーに電動モーターを加えたユニークなT8

 

話を「T8」に戻すとT8のツインエンジンは、直列4気筒ガソリンエンジンとモーターのふたつで構成されている。2.0リッターの排気量を持つ直列4気筒エンジンは、低回転領域をスーパーチャージャーで過給し、高回転域はターボ過給とすることで、318ps/400Nmの高出力を発揮。そしてこれがフロントタイヤを駆動する。対して65kW(87ps)/240Nmの出力を発揮するモーターはリヤタイヤを駆動。ドライブシャフトを介さない4WD制御となっている。

 

トランスミッションは、インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール(ISGM)を内蔵する8速ATギヤトロニック。センタートンネルに内蔵されるリチウムイオンバッテリーの容量は34Ahで、その重さは113kgだ。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションの給電口

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWDはその名の通りプラグインモデル。グリッド電源を利用可能で、EV走行可能距離は42.1kmを計上する。

 

電気のみでの航続可能距離はフルマラソン分に匹敵

 

充電時間は普通充電(200V/16A)で2.5~3時間を必要とし、ピュアEVによる航続可能距離は最大42.1km。その燃費は13.8km/L(WLTCモード総合)となっている。数値だけを見れば国産の最新P-HEVには敵わないが、果たしてその乗り味と醸しだされる雰囲気はどこまでプレミアムなものとなっているのか? そこがこのV90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWDにおける、ひとつの見所だと思われる。

 

実際その走りは、快適を通り越して大きな癒やしを筆者にもたらしてくれた。嬉しくなるのは静粛性の高さだ。まずはデフォルトのハイブリッドモードで走行したが、そのエンジンサウンドが抑え込まれており、驚くほどに快適である。これには低中速トルク型のエンジン特性に加え、積極的にモーターだけで走らせる制御が効いているのはもちろんなのだが、マイナーチェンジ後のV90がその遮音性を大幅に引き上げていることが功を奏していると感じた。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションのインテリア

ボルボ伝統のスカンジナビアンデザインは他メーカーにはない独自の佇まい。ガラス職人による手作りのクリスタル製シフトセレクターやLEDのインテリアイルミネーションがさりげない高級感を演出する。

 

騒音を相殺するANCは効果絶大

 

また「アクティブ・ノイズ・コントロール」(ANC)の効果も、相当に高いのではないかと思う。ANCは車内のバズスピーカーからノイズ低減音を発生し、バルクヘッド越しに伝わるエンジン音にぶつけてこれを相殺するシステムだ。かつダイナミックモード選択時にはエンジン回転数が2000rpmを超えると、増幅したサウンドをバズスピーカーから流すのだという。

 

だからエンジンは確かに回っているのに、ピュアEVと遜色ないほどV90の室内は静かなのである。そしてアクセルを踏み込めばエンジンがスカッ!と回る。その出足はスーパーチャージャーとモーターのトルク、そして4WDのトラクションが加わることによって、全方位的にリニアだった。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションのフロントスタイル

古都の静謐な佇まいに無粋なエンジンサウンドは似つかわしくない。V90 リチャージなら無音のEV走行も任意に選択できるから、環境に配慮したドライブを楽しめる。

 

ソフトな足まわりはゆったり走らせることを推奨するセッテイングか

 

ただせっかくのツインチャージャーにもかかわらず、ターボが制御する高回転領域までこれを回しきろうと思わなかったのも事実だった。エンジンは前述の通り、レスポンシブでとても気持ちが良い。しかし高速巡航におけるそのハンドリングは若干ナーバスで、アクセルを踏み込んで積極的に走らせる気持ちにならなかったのだ。いや、もっと正しい言い方をするならば、ゆったり走らせている方が遙かに幸せだったのである。

 

それは、初期ロールスピードの速いソフトな足まわりが理由だろう。ボルボとしては街中で快適な乗り心地と回頭性の良さを実現するために初期ダンピングを抑えているのだと思う。そしてパイロットアシストを働かると電動パワステがグッと座り、その操舵感は落ち着きを取り戻す。つまり高速巡航においてはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を使って走ることが、安全面も含め、前提とは言わないまでもボルボの推奨なのだと思われた。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションの走行シーン

千里浜なぎさドライブウェイを走行するV90 リチャージ。高速道路ではハンドリングにややナーバスな印象を覚えたという筆者だが、こうしてゆったり走らせると何よりも幸せを感じたという。

 

街中での快適さと制限速度180km/hから見えるボルボの安全思想

 

この考え方には筆者も賛成である。可変ダンパーを付ければ済むという話ではあるが、V90を活発に走らせたいなら足腰を引き締めたR-Designという選択がある。ボルボがこのT8で表現したいのは、平和で安全な走りなのだ。180km/hの速度リミッターを全車に採用したことから考えても、彼らは本気でスピードを抑えようとしているのだと思う。

 

制限速度の低い日本だとそのチャレンジは伝わりにくいのだが、スピードに慣れ親しんだ欧州でこれを実施することによって、彼らは本気で「ビジョン・ゼロ(交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするビジョン)」を実現しようとしているのである。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションの走行シーン

V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションがカタログに計上する燃費はWLTCモード総合で13.8km/L。今回の試乗(約100km走行)ではその数値を大きく凌ぐ15.8km/Lを記録した。

 

知性を刺激する多彩なドライブモード

 

出発地である金沢駅から街中を通り、国道60号線を通って千里浜へ。往復約100kmのドライブは極めて快適で、そして実に穏やかな旅路だった。ハイブリッドモードで走りながらも割と早くから“電欠”してしまったことはちょっと驚いたが、チャージモードで充電しながら走らせると、これまた割と回復が速かった。ちなみにインジケーター上で電池残量がゼロになったとしても後輪を駆動する電力は常に残されており、その駆動がFWDのみに限定されることはない。

 

そしてT8やT6に乗るオーナーたちはこのチャージモードやパワーホールドモード(エンジンのみを始動させ、バッテリーの使用を禁止するモード)を使い分けながら、どれが一番効率的な走りなのかを探して楽しんでいるのだという。参考までに筆者が約100km走った燃費は15.8km/L。別段燃費走行をしたわけでもないのだが、カタログ以上の数値をマークしたこともお伝えしておこう。

 

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションのリヤスタイル

美しさと実用性を両立するプレミアム・エステート、V90 リチャージ。ラゲッジ容量は560リットルを確保し、旅の荷物を難なく飲み込む。快適かつクリーンな旅の相棒として注目したいモデルだ。

 

「自分で運転できる電車」の如き乗車感覚が新鮮

 

総じて筆者はこのV90 リチャージ プラグインハイブリッド T8に「自分で運転できる電車」のようなワクワク感を覚えた。数値だけを見るとやっぱり国産P-HEVには敵わなかったのだが、そこにはどこまでも走らせていたくなる、効率化だけでは図れない癒やしの走りがあった。

 

電車は電車でも、グリーン車気分というところだろうか。V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWDは、旅をしたくなる一台だ。

 

 

REPORT/山田弘樹(Kouki YAMADA)

PHOTO/ボルボ・カー・ジャパン(Volvo Car Japan)

 

 

【SPECIFICATIONS】

ボルボ V90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション

ボディサイズ:全長4945 全幅1890 全高1475mm

ホイールベース:2940mm

車両重量:1980kg

エンジン:直列4気筒DOHCターボ+スーパーチャージャー

総排気量:1968cc

ボア×ストローク:82.0×93.2mm

エンジン最高出力:233kW(318ps)/6000rpm

エンジン最大トルク:400Nm/2200–5400rpm

電気モーター最高出力:65kW(87ps)

電気モーター最大トルク:240Nm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

バッテリー形式:リチウムイオン

バッテリー容量:34Ah

サスペンション形式:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

ブレーキ:前後ディスク

タイヤサイズ:前後245/40R20

車両本体価格(税込):1139万円

 

 

【問い合わせ先】

ボルボ・カスタマーセンター
TEL 0120-922-622

 

 

【関連リンク】

・ボルボ・カー・ジャパン公式サイト

https://www.volvocars.com/jp