マクラーレン、特別なオーナーに向けた「ガルフ・オイル リバリー」を720Sに設定

公開日 : 2021/05/21 06:30 最終更新日 : 2021/05/21 06:30

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ、特別なオーナーに向けた「ガルフ・オイル リバリー」を発表

McLaren 720S with Gulf Oil-liveried

マクラーレン 720S ガルフ・オイル リバリー

 

 

MSOによって製作されたスペシャルカラーリング

 

マクラーレン・オートモーティブのビスポーク部門「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)」は、ガルフ・オイルのアイコニックなレーシングカラーを採用したビスポーク仕様の「マクラーレン 720S」を公開した。

 

マクラーレンとガルフは、オフィシャル戦略的パートナーシップの再開を2020年夏に発表。今回のプロジェクトはその一環であり、マクラーレン製スーパースポーツによるパーソナライゼーションの可能性を示したものとなる。

 

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ、特別なオーナーに向けた「ガルフ・オイル リバリー」を発表

これまでもモータースポーツにおいて、協力関係を築いてきたガルフとマクラーレン。2020年に、両社のパートナーシップが復活を果たした。

 

昨年復活を果たしたガルフ・オイルとの協力関係

 

マクラーレンとガルフが最初にパートナーとなったのは、1968~73年のF1とCan-Amシリーズ。その関係は90年代に蘇り、GTCコンペティション・チームのマクラーレンF1 GTRが96年シーズンのBPRグローバル耐久選手権を制したほか、97年のル・マン24時間レースでGT1クラス優勝を果たしている。

 

2020年、両社のパートナーシップ復活を受けて、2021年からガルフがマクラーレン・オートモーティブの推奨潤滑油サプライヤーとなり、高性能エンジンに最適化したガルフのオイルと燃料が全車両に採用されている。ガルフ・オイル・インターナショナルのマイク・ジョーンズCEOは、今回のコラボレーションについて次のようにコメントした。

 

「ガルフとマクラーレンの関係は1968年にまでさかのぼり、そのパートナーシップは成功と最高の知名度を誇っています。720Sにガルフの名高いレーシングブルーとネオンオレンジのカラーリングを施すために、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズと協力できたことを誇らしく思います」

 

「マクラーレンは、未来への志や革新を追い求める野心を私たちと共有するブランドです。今後も長期にわたり、関係をさらに発展させていくことを楽しみにしています」

 

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ、特別なオーナーに向けた「ガルフ・オイル リバリー」を発表

マクラーレンのモータースポーツ活動を象徴する“Gulf”カラーは、職人たちの手で20日間をかけてハンドペイントで完成された。

 

ハンドペイントで施されたガルフ・カラー

 

今回公開された720Sは、MSOとガルフによる共同プロジェクトの集大成として製作。MSOによるガルフ・リバリー(カラーリング)のハンドペイントは、限られたカスタマーのみに提供されるという。完璧なカラーに配合したペイントをメタリック塗装とソリッド塗装で施し、両ブランドのユニークなアイデンティティが表現されている。

 

マクラーレン・オートモーティブの塗装テクノロジー・パートナーである「アクゾノーベル」には、あらゆるカラーの高品質な塗料が取り揃えられている。そのカラーパレットから完璧な仕上がりを生み出すために複数のバージョンを試作。最終バージョンだけでも、完成までにはMSOの職人たちの手で20日を要したという。

 

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ、特別なオーナーに向けた「ガルフ・オイル リバリー」を発表

コクピットにもガルフ・リバリーを象徴するブルーとオレンジをチョイス。ヘッドレストやドアシルには“Gulf”のロゴが入れられた。

 

インテリアにも採り入れられたスペシャルカラー

 

アイコニックなブルーとオレンジのレーシングカラーに加えて、ブレーキキャリパーもガルフのソリッド・オレンジを採用。また、インテリアにはボディ同色のブルーとオレンジのステッチが施され、ヘッドレストには刺繍、ドアシルにはペイントでガルフのロゴがあしらわれている。

 

ステアリングホイールでは、エクステリアに合わせたガルフのソリッド・オレンジとソリッド・ダークブルーのストライプをセンターバンドにチョイス。スポークはビジュアル・カーボンファイバーが組み合わせられている。

 

最高の仕上がりを持って完成した特別な720Sについて、マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは次のようにコメントした。

 

「マクラーレン・オートモーティブは、わずか10年で先駆的スーパースポーツメーカーとして不動の地位を確立しました。そしてマクラーレン・ブランドにはそれ以前から素晴らしい歴史があります。お客様が現代のマクラーレンにこの有名なリバリーを採り入れるのがとても楽しみです」

 

「ガルフ・カラーの720Sは、自動車とレースの歴史に深く根ざしたふたつのハイパフォーマンスブランドが、世界中のお客様やファンの皆様を楽しませるため新たに始動させた戦略的パートナーシップを記念して誕生しました」

 

「このプロジェクトはMSOの技術力を証明しています。最近も1990年代にレースで活躍したマクラーレンF1 GTR 25Rをフルレストアで蘇えらせました。この720Sでは、ガルフとの協力で当時を彷彿とさせるリバリーとインテリアが実現し、お客様がMSOの有能なチームと共にご自身のマクラーレンを幅広くパーソナライズできることを示しています」

 

 

【関連記事】

・ガルフとマクラーレンがパートナーシップ契約を締結、スーパースポーツとF1で長期的に協力

 

・栄光を築いたカラーリングが復活。「マクラーレン エルバ ガルフ テーマ by MSO」を日本初公開!