アストンマーティンが限定18本のトゥールビヨンを発表! ジラール・ペルゴと組んだ画期的タイムピース

公開日 : 2021/06/04 11:55 最終更新日 : 2021/06/04 11:55

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディションの着用イメージ

Girard-Perregaux Tourbillon with Three Flying Bridges – Aston Martin Edition

ジラール・ペルゴ スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション

 

 

価格は邦貨で約1580万円

 

アストンマーティンは2021年6月1日、限定18本生産の腕時計「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」を公開した。

 

スイスの老舗機械式時計メーカー、ジラール・ペルゴとのコラボレーション第1弾となるモデルで、世界で初めてラバー合金(ホワイトゴールドを注入したラバー)インサートを組み合わせたカーフレザーストラップを採用するなど、独創的な素材づかいが特徴。価格は12万9100スイスフラン(約1580万円)。

 

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション

アストンマーティンは2021年2月にジラール・ペルゴと公式ウォッチパートナーシップを締結。今回、その第1弾として発表したのが「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」だ。

 

ジラール・ペルゴとの公式コラボ第1弾

 

キャビンのクロックはもちろん、モータースポーツにおける厳格な記録測定など、クルマと時計は切っても切れない関係にある。なかでも、ブガッティはジェイコブ、マクラーレンはリシャール・ミル、ベントレーはブライトリングといったように、高級自動車メーカーの多くは高級時計ブランドとパートナーシップを締結。魅力的なコラボウォッチを多数送り出している。

 

アストンマーティンが公式ウォッチパートナーを結んだ相手は、創業230年の歴史を誇るスイスの時計メーカー、ジラール・ペルゴ。2021年2月に提携を発表し、今回その第1弾となるコラボウォッチを早速発表した形だ。

 

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション

地板が消えたよう見え、まるでケースの内部でムーブメントが浮かんでいるような「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − ストンマーティン エディション」。ジラール・ペルゴではこれを「フライング ブリッジ」と称している。

 

象徴的な“3本の架け橋”を搭載

 

ジラール・ペルゴの“ブリッジ”といえば、そのルーツは1860年代にコンスタン・ジラールが開発した懐中時計「スリー ゴールドブリッジ トゥールビヨン」に遡る。1867年と1889年のパリ万国博覧会で金賞を獲得するなど、歴史上に重要な足跡を残した象徴的な機構だ。創業200年を迎えた1991年には、腕時計「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」として復刻。3本の架け橋は、同社を代表するメカニズムでありデザインとなっている。

 

「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」は、44mmのチタン製ケースを採用する。軽量かつ頑丈で、アレルギー反応を起こしにくい合金であるグレード5のチタンを、ブラックDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングで加工。まるで、大きな黒い宝石のように硬質な雰囲気をまとっている。

 

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディションの裏面。ブラックカーフレザーストラップ仕様

「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」は裏面もサファイヤクリスタル仕様。写真は、ホワイトゴールドを注入したラバー合金をインサートに用いたブラックカーフレザーストラップ仕様。

 

空中に浮遊しているようなムーブメント

 

ケースの前面と背面はサファイヤクリスタル仕上げとし、同軸照明によって内部の視認性を向上。まるで空中に浮いているかのようなムーブメントを、いかなるときでも心ゆくまで賞玩することができる。

 

独自の機構であるスリー・ブリッジは、ブラックPVD(物理蒸着法)処理を施したチタン製。さらに角をポリッシュ仕上げとすることで、「空気のように軽やかな印象」(公式資料)を作り出しているという。

 

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディションとアストンマーティン

「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」は世界限定18本のみの取り扱い。すべてのウォッチにシリアルナンバーが刻印される。

 

香箱もスケルトン仕様

 

文字盤下部に配置されたトゥールビヨンケージの独特の形は、「竪琴(リラ)」がモチーフ。これは、19世紀からジラール・ペルゴのすべてのトゥールビヨンに見られる特徴敵な意匠だ。ケージの直径はわずか10mm。79個の部品で構成しているが、単体重量は0.25gと、超軽量構造となっている。

 

12時位置の香箱もスケルトン仕様で、主ゼンマイの一部を眺めることが可能。主ゼンマイは香箱下のホワイトゴールド製マイクロローターで駆動されるので、多くの自動巻き時計とは異なりムーブメントの眺めが妨げられることもない。マイクロローター側方に刻印されたアストンマーティンのロゴ、インデックス、針にはホワイトの蓄光塗料を施しており、暗闇では青い光を放つ仕組みである。

 

ジラール・ペルゴのパトリック・プルニエCEOは次のように語っている。

 

「通常、私たちが他の方々との共同作業によってスリー・ブリッジに新しい解釈を加えることはほとんどありません。しかし、デザインに冠するアストンマーティンの優れた能力を踏まえ、今回は例外としました」

 

限定18本のみの生産となる「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン − アストンマーティン エディション」は、世界各国のジラール・ペルゴ正規販売店で販売されている。

 

 

【SPECIFICATION】

スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン −アストンマーティン エディション

・ムーブメント

機械式自動巻き(GP09400-1683)

直径:42mm

厚さ:9.45mm

コンポーネント:260個

石数:27

パワーリザーブ:約60時間

振動数:2万1600vib/h(3Hz)

機能:トゥールビヨン、時、分、トゥールビヨンケージ上にスモールセコンド

 

・トゥールビヨン

79個の部品で構成したトゥールビヨン ケージ

重量:0.25g

 

・ケース

素材:グレード5チタン、ブラックDLC処理

直径:44mm

厚さ:15.52mm

風防:反射防止加工サファイヤクリスタル「ボックス」

裏蓋:サファイヤクリスタル「ボックス」

文字盤:文字盤なし、ブラックPVD処理ブリッジ

針:「ドーフィン」型スケルトン仕上げ、ブラックゴールド加工のソリッドゴールド、蓄光塗料処理

防水:30m

 

・ストラップ

素材:ラバー調アリゲーターストラップ

バックル:トリプル フォールディングバックル、グレード5チタン製(ブラックDLC処理)

※ラバー合金(ホワイトゴールドを注入したラバー)インサートを用いたブラックカーフレザー ストラップも付属。