モレスキン限定版にランボルギーニ仕様が登場! 「ジャケ買い」必至の名作ノートブック

公開日 : 2021/06/09 14:55 最終更新日 : 2021/06/09 14:55


ランボルギーニ仕様の限定モレスキン

ランボルギーニ仕様の限定モレスキン

 

クルマ好き必携といえる“ランボルギーニ仕様モレスキン”が登場した。いわゆる「クラシック」と呼ばれる、お馴染みのA5サイズのハードカバー版で、表紙や見返しをイラストレーターのエミリアーノ・ポンツィ(Emiliano Ponzi)によるグラフィックが飾る特別な仕立て。価格は4400円で、ランボルギーニの各販売店、及び公式オンラインストアで取り扱われる。

 

アウトモビリ・ランボルギーニがコラボレーションしたのは、“伝説的ノートブック”として知られるモレスキン。耐久性に優れたハードカバーや丸みを帯びた角のデザイン、ゴムバンド、しおり、180度フラットに開くページ構成、背表紙内側の拡張ポケットなど、独自のスタイルをもつ「クラシック」モデルは、デジタル全盛のいまも世界中で高く支持されている。なかでも、映画やアニメーション、アーティストなど、様々な世界とコラボレーションする限定仕様のモレスキンは、とりわけ愛好家が目を光らせているアイテムだ。

 

ランボルギーニのデザインチーム「チェントロ スティーレ」を率いるミティア・ボルケルトと、アーティストのエミリアーノ・ポンツィ

今回、限定モレスキンのイラストレーションを担当したアーティストのエミリアーノ・ポンツィ(右)。ランボルギーニのデザインチーム「チェントロ・スティーレ」を率いるミティア・ボルケルト(写真左)と。

 

有名イラストレーターによるアートワークを採用

 

そして今回登場したのが、ランボルギーニ仕様のスペシャルエディション。オレンジとブルーの配色が美しい表紙のイラストは、ミラノを拠点に活躍するアーティスト、エミリアーノ・ポンツィによる作品。彼のアートワークは、NYタイムスやル・モンドといった有名メディアをはじめ、ニューヨーカー、ルイ・ヴィトン、MoMAニューヨーク、カルティエといった錚々たるクライアントに支持されている。

 

ランボルギーニ仕様モレスキンの表紙と見返しに登場するのは、ウラカン EVO。都会からワインディングロードへ駆け出し、そして美しい日没の景色に出合うまでの、相棒との旅が一冊のノートブックに綴られている。

 

ランボルギーニ ウラカンEVOのリヤビュー

限定モレスキンの表紙に描かれたのは、ランボルギーニ ウラカン EVOが夕景に佇むワンシーン。大切な相棒との旅をテーマにしたモレスキンは、愛車に載せておくのに最適な一冊。

 

アウトモビリ・ランボルギーニのロゴが入った貴重なモレスキンは、オーナーはもちろん、クルマ好きへのギフトや文房具愛好家にとっても垂涎のアイテム。中身のレイアウトは無地となっており、使い方は自由自在。日々のつれづれを書き留めるもよし、トラベルログや仕事のメモ、愛車の記録簿としても活躍するはずだ。