2台のパナメーラに見る、ポルシェ製PHEVの現在地 【Playback GENROQ 2018】

公開日 : 2021/06/11 17:55 最終更新日 : 2021/06/11 17:55

AUTHOR :

ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッドとパナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモの走行シーン

Porsche Panamera TurboS E-Hybrid × Panamera4 E-Hybrid Sport Turismo

ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッド × パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモ

 

 

加速するDNA

 

モータースポーツ、そして市販車も含めて、ポルシェはEVに対して非常に積極的なブランドだと言えるだろう。2台のパナメーラPHEVからモーターがポルシェの走りにもたらす楽しさ、メリットを感じてみよう。

 

ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッドとパナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモのリヤスタイル

高性能内燃機によるスポーツカーを主軸に置くポルシェだが、電動化への取り組みは他メーカーに勝るとも劣らない。PHEVを与えられたパナメーラ ターボS Eハイブリッドと、パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモを試乗に連れ出し、ポルシェ製PHEVの現在地を探った。

 

「ポルシェが電動化で、そのスポーツ性に何をプラスしたのか」

 

ロードカーで、スーパースポーツで、そしてレーシングマシンで、世の流れをリードするかのように積極的に電動化を推し進めているスポーツカーメーカーがポルシェである。とは言っても、狙いは高効率性だけじゃない。電気の力をパフォーマンスに用いることにこそある。

 

それでも、新型パナメーラに“4 Eハイブリッド”だけでなく“ターボS Eハイブリッド”がラインナップされたことには驚かされた。最高峰モデルのパフォーマンス向上のために電気の力を用いるという戦略は、彼らがどれだけ電動化に本気かということを何より強く示すことになったと言っていいはずだ。

 

今回連れ立って出かけたのは、まさにその2台。“ターボS Eハイブリッド”と、新登場スポーツツーリズモの“4 Eハイブリッド”である。ポルシェが電動化で、そのスポーツ性に何をプラスしたのか、それともマイナスはあるのか、それぞれの個性を比較しながら、見ていくことにしたい。

 

ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッドのエンジン

パナメーラ ターボS Eハイブリッドのエンジン。4.0リッターのV8エンジンはそれだけで550ps、770Nmを発揮。さらに136ps、400Nmのモーターを組み合わせる。バッテリーは14kWhの容量を持ち、最大50kmのEV走行を可能とする。

 

「ボディ形状の違いによる走りの差はほとんど感じられなかった」

 

まずフットワークに関しては、前者が21インチタイヤでリヤホイールステア付き、後者が20インチのリヤホイールステアなしという違いはあるものの、ボディ形状の違いによる走りの差はほとんど感じられなかった。それを確認した上で、パワートレインを吟味していく。

 

ステアリングホイール右側に置かれたロータリースイッチで“E-POWER”、もしくは“HYBRID AUTO”を選べば、バッテリー充電量が十分な限りは両車とも最高出力136psの電気モーターだけで走行する。この時も8速PDKをうまく活用して、最高140km/hまでEVとして走ることが可能だ。

 

“HYBRID AUTO”では、必要とあればすぐにエンジンが始動する。また、充電量が基準値を下回った時には、エンジンと電気モーターをうまく使い分けてのハイブリッド車としての走行になる。

 

ポルシェ パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモのエンジン

パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモが搭載するV6ツインターボエンジンの排気量は2.9リッター。330psと450Nmのパワー&トルクを生み出す。モーターやバッテリーなどのハイブリッドシステムはパナメーラ ターボS Eハイブリッドと同じだ。

 

「ターボS Eハイブリッドでは、もっと電気モーターの出力が欲しくなる」

 

このモードでは、いずれのクルマも早め早めのシフトアップでエンジン回転数を低く保ち、トルクの余裕で走っていく。一方、必要がなければエンジンはすぐに停止してコースティング状態に入る。いかにも高効率な走りっぷりである。

 

もちろんパワー感は両車で明らかに差があり、4 Eハイブリッドの加速感が軽やかと評したいものなのに対して、ターボS Eハイブリッドは分厚い底力を感じさせる。そして実際、アクセルを深く踏み込むと凄まじい加速が始まるのだが、惜しいのはシフトダウンして過給が立ち上がり、加速に入るまでに若干のタイムラグを感じさせること。電気モーターのアシストが、ちょっと足りないのだろう。両車共通の電気モーターは4 Eハイブリッドのエンジンパワーとは良いマッチングだが、ターボS Eハイブリッドでは、もっと出力が欲しくなる。

 

もっとも“SPORT”もしくは“SPORT PLUS”モードに入れれば、不満はあらかた解消される。エンジンが常時かかり、レスポンスを重視して低いギヤが選ばれ、エンジンの美味しい回転数がキープされるおかげで、踏めば即座に望むだけのパワーを発揮させることができるのだ。あるいはロータリースイッチ中央のスポーツレスポンススイッチを押せば、一気にギヤが落とされ、過給圧が高められるなど、持てる最高のパフォーマンスを20秒間に渡って引き出すことができるから、これを使うのもアリだ。

 

ポルシェ パナメーラのインテリア

スポーティさの中にラグジュアリーな雰囲気を融合させたインパネ。写真はパナメーラのものだが、スポーツツーリズモもインパネデザインはまったく同じだ。

 

「おもしろいのはモード切り替えによりハイブリッドシステムの制御まで変更すること」

 

4 Eハイブリッドだって0-100km/h加速は4.6秒。決して遅くないのだが、ターボS Eハイブリッドのそれは実に3.4秒。その加速は背中を蹴飛ばされるどころか、ブルドーザーで押し続けられるような迫力である。特にターボS Eハイブリッドは、その後も勢いが衰えることなく、グングン速度が伸びていくことに圧倒される。

 

面白いのは、こうしたモード切り替えが、単にレスポンスを変化させるだけには留まらず、ハイブリッドシステムの制御まで変更することだ。アクセルオフなどで“HYBRID AUTO”ではエンジンを停止する状況でも“SPORT”や“SPORT PLUS”ではエンジンを止めず、出力をバッテリーの充電に回す。フル加速中には電気モーターによるアシストを行うが、パーシャルスロットル時にはやはりエンジン出力を駆動だけでなく充電にも分配する。こうして、次にいつでもフル加速できるよう備えるのだ。

 

ポルシェ パナメーラのセンターディスプレイ

センターの大型ディスプレイで車両の様々な設定も行える。ハイブリッドの走行モードは4種類、さらにオーナー独自の設定が可能なインディヴィジュアルモードがある。

 

「918スパイダーのテクノロジーがこの2台には余さず投入されている」

 

単に電気モーターでアシストするというだけでなく、それをフル活用するための充電マネージメントまで含めて、電気の力をインテリジェントに活用する。思えば、このロジックを最初に体験したのは918スパイダーにおいてであった。このPHEVの2台のパナメーラには、そこで培った知見が、余さず投入されている。

 

ポルシェのことである。きっと919ハイブリッドで培った技術やノウハウすらも、すぐに市販車まで降りてくるに違いない。つまり、まだまだこの先があるということ。今後もポルシェは、想像を超える走りの世界を見せてくれる。今回のテストは、改めてそれを確信させたのだ。

 

 

REPORT/島下泰久(Yasuhisa SHIMASHITA)
PHOTO/篠原晃一(Koichi SHINOHARA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッド

ボディサイズ:全長5049 全幅1937 全高1427mm
ホイールベース:2950mm
車両重量:2385kg
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3996cc
最高出力:404kW(550ps)/5750-6000rpm
最大トルク:770Nm(78.5kgm)/1960-4500rpm
最高出力:100kW(136ps)
最大トルク:400Nm(40.8kgm)
トランスミッション:8速DCT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)
タイヤ&ホイール:前275/35ZR21(9.5J) 後325/30ZR21(11.5J)
0-100km/h加速:3.4秒
燃料消費率:2.9L/100km(EU混合)
車両本体価格:2831万円

 

ポルシェ パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリズモ

ボディサイズ:全長5049 全幅1937 全高1428mm
ホイールベース:2950mm
車両重量:2265kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:2894cc
最高出力:243kW(330ps)/5250-6500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1750-5000rpm
最高出力:100kW(136ps)
最大トルク:400Nm(40.8kgm)
トランスミッション:8速DCT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前265/45ZR19(9J) 後295/40ZR19(10.5J)
0-100km/h加速:4.6秒
燃料消費率:2.6L/100km(EU混合)
車両本体価格:1521万3000円

 

 

※GENROQ 2018年 6月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連リンク】

・GENROQ  2018年 6月号 電子版

※雑誌版は販売終了