A110Sと同じエンジンスペックと専用装備を与えた限定車、アルピーヌ A110 リネージ GT 2021、受注販売開始

公開日 : 2021/06/11 15:55 最終更新日 : 2021/06/11 15:55

アルピーヌ A110 リネージ GT 2021のスタイリング

ALPINE A110 LINEAGE GT 2021

アルピーヌ A110 リネージ GT 2021

 

 

世界販売数300台のみのプレミアムモデル

 

アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌ A110 リネージに特別装備を施した世界限定300台のみとなるスペシャルモデル「A110 リネージ GT 2021」の受注を開始。全国15店舗のアルピーヌ正規販売店にて7月18日(日)まで受付ける。なお、販売台数の300台は世界全体における台数であり、受注は300台に達した時点で終了する。

 

アルピーヌ A110 リネージ GT 2021のリヤスタイル

アルピーヌ A110 リネージ GT 2021は、上位モデルのA110Sと同じパワースペックのエンジン(最高出力292ps/最大トルク320Nm)を搭載し、よりGT性能を強めた性格となる。

 

A110Sと同じ最高出力292psエンジンを搭載

 

2020年にも限定モデルとして発売されたA110 リネージ GTは、世界限定400台のうち30台を国内受注分として確保し人気を博した。今回は2020年に続く限定モデルだが、A110 リネージ GT 2021の販売台数は世界限定300台となり、国内への割り当ても決まっていないため早い者勝ちとなる。

 

A110 リネージ GT 2021はシリーズの上位モデルであるA110Sと同じ最高出力292ps/最大トルク320Nmを発生する1.8リッター直4ターボを搭載。余裕のあるパワースペックにより、グランドツアラーとしての性格を強めているのが性能上のトピック。さらに内外装に専用のカラーリングと装備が与えられる。

 

エクステリアでは専用ボディカラーの「アルジャン メルキュール マット」を採用し、足元には新デザインの「GRAND PRIXホイール」と「ゴールドキャリパー」を備えてスポーティなイメージを助長。さらにペールゴールドのロゴとエンブレム、クリアタイプのリヤLEDランプがエレガンスな印象を高める。

 

アルピーヌ A110 リネージ GT 2021のインテリア

A110 リネージ GT 2021ではインテリアも特別仕様。サベルト製レザーシートやチタンブラック内装他、細部に至るまで特別モデルらしいエレガントかつスポーティなイメージが演出されている。

 

アルピーヌ・ジャポンの公式サイトから申し込み可能

 

インテリアではアンバーブラウンのサベルト製レザーシートとドアトリム、チタンブラック内装、ブリリアントカーボン(銅色アウトライン入り)、マイクロファイバールーフトリムなど特別モデルに相応しいスポーティかつ個性的な装いを纏う。ハンドル位置は受注時に左右から好きなほうを選べるのもエンスージアスト的にはありがたい。

 

その他にもシリアルナンバープレートやブラウンステッチの専用フロアマットなど、細部に至るまでスペシャルな演出がもたらされたA110 リネージ GT 2021は、アルピーヌ・ジャポン正規販売店での申し込みの他、アルピーヌ・ジャポンのオフィシャルウェブサイト内の専用ページからも申し込みが可能だ。ただしウェブからの申し込みでは、申し込み時に15万円のデポジットが必要となる。車両本体価格(税込)は941万円。

 

 

【問い合わせ】

アルピーヌ コール

TEL 0800-1238-110

 

 

【関連リンク】

・アルピーヌ・ジャポン 公式サイト

https://www.alpinecars.jp