アウディ S3 スポーツバック初試乗! 新型A3シリーズの上質なドライビングフィールをジャッジ

公開日 : 2021/06/26 14:55 最終更新日 : 2021/06/26 14:55

AUTHOR :
アウディ S3 スポーツバックの走行シーン

Audi S3 Sportback / A3 Sedan 30 TFSI

アウディ S3 スポーツバック/A3 セダン 30 TFSI

 

 

大胆不敵な進化

 

4代目となるアウディのCセグメントモデル、A3&S3がデビューを果たした。310ps/400Nmを誇る2.0リッター直4ターボを搭載するAWDホットハッチのS3 スポーツバックと、1.0リッター直3ターボに48Vマイルドハイブリッドを採用して売れ筋となるであろうA3 セダンのポテンシャルを確かめてきた。

 

 

アウディ S3 スポーツバックとA3 スポーツバックのスタイリング

フルモデルチェンジを果たしたアウディのベーシックライン、A3シリーズが国内上陸。モデルラインナップは1.0リッター直3にマイルドハイブリッドを擁するA3 セダン/スポーツバック(写真右)、2.0リッター直4を搭載したS3 セダン/スポーツバック(同左)を揃える。

 

「S3の感想はひとこと“ウェルカムバック!”に尽きる」

 

アウディのプレミアムコンパクトであるA3シリーズがとうとう日本上陸。その先陣を切る形でベーシックモデルとなる1.0リッターターボモデル「30 TFSI」のセダン及びスポーツバック、高性能モデルとなるS3 スポーツバックに試乗した。ちなみにこれらは「1stエディション」であり、それぞれが375台/125台/125台(スポーツバックのみ)限定となる。

 

さて本誌読者のお目当てとなるであろうS3だが、その感想はひとこと「ウェルカムバック!」だった。S3は先代モデル末期にシャシーを若干テコ入れしたことで、本来の魅力であるしなやかさが失われていた。しかし新型は再び、その路線に舵を戻してくれた。

 

アウディ S3 スポーツバックのエンジン

シリーズ上位モデルのS3は最高出力310ps/最大トルク400Nmを叩き出す2.0リッター直4ターボを搭載。

 

「先代最終型の290ps/380Nmから310ps/400Nmまで出力アップしたS3」

 

2.0リッターの直列4気筒TFSIは、先代最終型の290ps/380Nmから310ps/400Nmまで出力がアップ。これをFFベースのクワトロシステムで適宜4輪制御し、7速Sトロニックで操作するシステムは先代と同じである。

 

その走りは端的に言うとバランスが良い。圧倒的なボディ剛性を感じるわけではない。のけぞるようにパワーが強烈で、トラクションレベルが鬼のように高いということでもない。しかしアクセルを踏み込めばS3はタイムラグなく加速し、ステアリングを切れば自然なロール感でコーナーをクリアする。

 

アウディ S3 スポーツバックの走行シーン

310psのパワーを確実に路面へ伝えて上質なコーナリング性能を発揮するS3 スポーツバック。A3がリヤサスペンションにトレーリングアームを採用するのとは異なり、S3のリヤサスペンションはダブルウィッシュボーンとなる。

 

「すべての動きが上質で、走らせるほどにその味わいが増していく」

 

操舵に対して正確に反応する支持剛性の高いステアリングシャフト。ここから伝えられる命令を、しなやかなダンピングでタイヤに伝える電子制御の可変ダンパー。すべての動きが上質で、走らせるほどにその味わいが増していく。もしアナタが相棒に強烈な個性を求めるならRS 3の登場を待つべきだ。しかしクルマとの対話に喜びを感じるドライバーなら「コイツは速い!」と共感してくれるはずだ。

 

そもそもS3は歴代こうした玄人好みな個性であり、現行型となって濃くなったわけではない。むしろあまりの変わらなさに「もう少し何か新しさがあってもいいんじゃないの?」と思わないこともない。

 

アウディ S3 スポーツバックのインテリア

12.3インチフルデジタルディスプレイと10.1インチのタッチパネルを組み合わせたインフォテインメントシステムは使い勝手も良好。

 

「序列的にもゴルフはこの質感を超えられないだろう」

 

しかし電動化が急務の世の中でこれだけ味わい深いガソリン車を継続してくれたことはまず朗報だし、その変わらない頑固さこそが、老舗たる所以なのだろうと納得する。

 

そして先にS3の出来映えを見せつけられてしまうと、まだ見ぬゴルフ GTiやゴルフ Rに少なからず不安を覚えた。なぜなら序列的にもゴルフはこの質感を超えられないだろうし、となれば価格の安さは当然として、それこそ新しい価値観で我々を驚かせる必要があるからだ。

 

アウディ A3 セダン 30 TFSIの走行シーン

マトリクスLEDヘッドライトなどの快適装備満載の1stエディションは、A3 セダン(写真)とスポーツバック、S3 スポーツバックに設定される。

 

「新型A3の要は48Vマイルドハイブリッドを採用したことだ」

 

さてここからは、ベーシックモデルであるA3についても少し触れよう。その要となるのは1.0リッターの直列3気筒ターボ(110ps/200Nm)を48Vマイルドハイブリッド化したことで、駆動方式はFWD。S3と同様トランスミッションは7速Sトロニックを用い、要所要所に使われる機構はゴルフ eTSI(110ps/200Nm)とまったく同じだという。

 

しかしながらその乗り味は、やはりアウディが一枚上手だった。新型ゴルフから感じたステアリングシャフトから伝わる低級振動は見事に遮断されており、乗り味も明らかに高級。これはゴルフも同じだが、トーションビーム形式のリヤサスに剛性不足を感じないことにも驚いた。試乗車は18インチを履く限定車だったこともあり、ハンドリングがややクイックで乗り心地もしなやかさに欠けたが、ベースとなった「アドバンスド」の17インチや、ベースモデルの16インチであればよりアウディらしいしっとり感が得られると思う。

 

アウディ A3 セダン 30 TFSIのエンジン

1.0リッター直3ターボに48Vマイルドハイブリッドを加えたA3 セダン 30 TFSIのエンジン。最高出力110ps/最大トルク200Nmをスペックシートに掲げる。

 

「その排気量から想像する以上にクオリティが高い30 TFSI」

 

エンジンはその排気量から想像する以上にクオリティが高い。アクセル開度が少なめでも上手に低中速トルクが発揮できるのは、BAS(ベルト駆動式オルタネータースターター)の黒子的なアシストに加え、可変ジオメトリーターボが過給圧を確保するからだろう。これを7速DCTで巧みに変速させながら、A3は山道を力強く登ってくれる。そしていざアクセルを踏み込めば、スムーズな中にも独特な振動を放つ3気筒ターボが元気に吹け上がる。

 

気になるのはコースティングがやや頻繁に行われることで、エンジンブレーキが効かずアクセルオフ時に空走感が強いこと。これは環境対応に追われての結果だとは思うが、乗り手はこれに慣れる必要がある。

 

セダンとスポーツバック、2つのボディ形状で1.0リッターターボと相性が良いのはスポーツバックの方だと思う。両者の車重はセダンが10kg重いだけなのだが、ボディ剛性やセッティングの違いからか、スポーツバックは軽やかに走る。対してセダンはオーソドックスで堅牢感のある乗り味が魅力なので、2.0リッタークワトロの「40 TFSI」を選んだ方が高い満足感を得られると思う。

 

 

REPORT/山田弘樹(Kouki YAMADA)
PHOTO/服部真哉(Shinya HATTORI)

MAGAZINE/GENROQ 2021年 8月号

 

 

【SPECIFICATIONS】

アウディ S3 スポーツバック 1stエディション〈A3 セダン 30 TFSI 1stエディション〉

ボディサイズ:全長4350〈4495〉×全幅1815×全高1440〈1425〉mm
ホイールベース:2630〈2635〉mm
車両重量:1560〈1330〉kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ〈直列3気筒DOHCターボ〉
総排気量:1984〈999〉cc
最高出力:228kW(310ps)/5450-6500rpm〈81kW(110ps)/5500rpm〉
最大トルク:400Nm/2000-5450rpm〈200Nm/2000-3000rpm〉
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:AWD〈FWD〉
サスペンション形式:前マクファーソンストラット 後ダブルウィッシュボーン〈トレーリングアーム〉
ブレーキ:前後ディスク
タイヤサイズ:前後235/35R19〈225/40R18〉
環境性能:11.6〈17.9〉km/L(WLTC)
車両本体価格:711万円〈472万円〉

 

 

【問い合わせ】
アウディ コミュニティセンター
TEL 0120-598106

 

 

【関連リンク】

・アウディ 公式サイト

https://www.audi.co.jp/