オンロードスポーツを凌ぐ最高出力650hpを発揮! ABTが「アウディ SQ7」用エンジンチューンをリリース

公開日 : 2021/06/26 17:55 最終更新日 : 2021/06/26 17:55

スポーツカーを凌ぐ最高出力650hpを発揮、ABTスポーツラインがアウディ SQ7用エンジンチューンをリリース

ABT Audi SQ7

ABT アウディ SQ7

 

 

エアロパーツやホイールを加えた専用パッケージも登場

 

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、アウディのフラッグシップSUV「SQ7」のアップデートプログラムに、待望のエンジンチューンを追加した。

 

アウディ SQ7は、最高出力507hp(373kW)を発揮する4.0リッターV型8気筒ガソリンツインターボを搭載、2.3トンという重量級モデルながらも0-100km/h加速はわずか4.1秒。オンロードスポーツカーをも凌ぐハイパフォーマンスSUVモデルだ。

 

このSQ7に搭載される4.0リッターV8 TSFIエンジンに「ABT パワーS」パフォーマンスアップグレードを装着したことで、最高出力は650hpにまで向上。さらに「ABT パワーS」に加えて、22「HR」ホイールセット、4本出しエキゾーストパイプ、レーシーなエアロパーツで構成された専用パッケージが、2万900ユーロでリリースされた。

 

スポーツカーを凌ぐ最高出力650hpを発揮、ABTスポーツラインがアウディ SQ7用エンジンチューンをリリース

ABTスポーツラインが得意とするコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール」を装着したことで、4.0リッターV8 TSFIガソリンエンジンは、143hpのパワーアップを果たした最高出力650hpを発揮する。

 

AECの装着によりベースから143hpものパワーアップ

 

今回、ABTスポーツラインはノーマルでも十分にパワフルなSQ7を獰猛に仕立て上げた。お馴染みとなったコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール(AEC)」を装着したことで、4.0リッターV8 TSFIエンジンは最高出力650hp(478kW)・最大トルク850Nmという強烈なスペックを実現。ベースモデルから143hp(105kW)もの大幅なパワーアップを果たしており、SQ7を「RS」レベルのパフォーマンスSUVへと引き上げてみせた。

 

スポーツカーを凌ぐ最高出力650hpを発揮、ABTスポーツラインがアウディ SQ7用エンジンチューンをリリース

ABT アウディ SQ7は、エンジンチューン、専用エアロ、22インチホイール、4本出しテールパイプが含まれた専用パッケージだけでなく、コンプリートカーとしても購入が可能となっている。

 

コンプリートカーとしての購入も可能

 

さらに、フォルクスワーゲン/アウディのスペシャリストであるABTスポーツラインは、最強のエンジンアップグレードに合わせて、フロントとリヤにレーシーなフォルムのスカートやドアストリップ・アタッチメントを追加する「エアロパッケージ」を用意。

 

このスペシャルパッケージには、リヤセクションに直径102mmの4本出しエンドパイプ、22インチ「HR」ホイールセットも含まれる。HRホイールはダークスモークとグロスブラックの2色を展開し、さらにオプションで22インチ「GR」ホイール(マットブラック/グロスブラック)をチョイスすることも可能となっている。

 

スペシャルパッケージだけでなく、コンプリートカーとして購入することも可能(12万1319ユーロ〜)。インテリアやさらなるエクステリアパーツに関しては、下記のコンフュギュレーターで確認することができる。

 

 

【関連リンク】

・ABTコンフィギュレーター
https://www.abt-sportsline.com/tuning/configurator/