ブガッティ シロン スーパー スポーツが間もなく顧客の元へ。440km/hに狙いを定めた超速ハイパーカー

公開日 : 2021/06/30 06:30 最終更新日 : 2021/06/30 06:30

ブガッティ シロン スーパースポーツのフロントビュー

Bugatti Chiron Super Sport

ブガッティ シロン スーパースポーツ

 

 

400km/h以上の世界を重視

 

ブガッティシロンの最新派生モデル「シロン スーパー スポーツ」のデリバリーを2021年8月末以降にスタートする。400km/h超の最高速度性能を重視し、“量産最速スポーツカー”を目指して開発された1台は、いかなるテストを経て完成したのか。その舞台裏を覗いてみよう。

 

ブガッティのシャシー開発責任者、ヤーチン・シュワルベは語る。

 

「公道で実施した最高380km/hの走行テストを無事に終え、いまは440km/hという途方もない最高速度であってもシロン スーパー スポーツがしっかり安全に走行できるようハンドリングを磨き込んでいる最中です。特別なスピードであってもドライバーに優れたフィーリングと、そして安心感を抱いてもらえるように」

 

ブガッティ シロン スーパースポーツ

ブガッティ シロン スーパースポーツの左右フェンダーには9つの穴が開く。EB110 スーパースポーツへのオマージュであると同時に、フロントホイールアーチ内のエアを抜く役割も果たす。

 

ベース車両を徹底的にビルドアップ

 

ベース車両のシロンで基本的なパフォーマンスの優秀さはすでに実証されているが、400km/h超えの超高速域を重視するスーパー スポーツ仕様を作るとなれば、鍛え上げるべき点は多岐にわたる。リヤウイングの角度や車高、減衰力、ステアリングの電制アシストの具合まで、改良項目は数えあげればきりがない。

 

最高速度でのテストには最高6名のエンジニアが参加。ラップごとに完璧なセットアップについて侃々諤々の議論が交わされる。様々な領域のスペシャリストが集結した精鋭チームは、440km/hの世界における最適解を導き出すべくテストを繰り返してきた。

 

テスト走行には100を超える数のセンサーを投入し、気温や負荷などあらゆるデータを計測。驚異的なパワーとスピードのもとでは、車両にかかる負荷は刻々と変化し、考慮すべき揚力や熱力学も異なってくる。そのため、最高速度走行時のもっとも負荷のかかった状態ですべてのパーツを計測し、最適化する作業を行っているという。

 

ブガッティ シロン スーパースポーツのリヤ

ブガッティ シロン スーパースポーツは、シロン比で25cm長い“ロングテール”を採用。さらにリヤディフューザーの形状も変更し、下端を持ち上げることでリヤの断面積を44%縮小している。

 

プラス25cmの“ロングテール”を採用

 

また、高速域での最適な空力性能を実現するため、彼らはシロン スーパースポーツに“ロングテール”を与えた。乱流を防ぎ層流を保持できるように、ベース車両に比べてテールの長さをおよそ25cm延長している。このアイデアは2019年夏に登場したシロン スーパー スポーツ 300+の開発時に登場したものだという。

 

シロン スーパー スポーツ 300+は、シロンが実現した“史上初の量産車での時速300マイル(約482.8km/h)突破”という驚異的な記録を受けて誕生した限定モデル。2020年8月2日にドイツ北部のエーラ・レッシェンでシロンが叩き出した時速304.773マイル(約490.484km/h)を祝して作られた30台は、瞬く間に完売の札を掲げた。

 

ブガッティ シロン スーパースポーツのフロントグリル

ブガッティ シロン スーパースポーツのテスト車両。フロントグリルいっぱいにこびりついた汚れが、その驚異的な走行スピードを想像させる。

 

403km/hでトップギヤにシフトアップ

 

自慢のW16エンジンは4基のターボチャージャーを改良。8.0リッターエンジンの最高出力は、シロンを100ps上回る1600psを実現している。組み合わせる7速デュアルクラッチトランスミッションは、フルスロットル状態だと403km/hで6速から7速にシフトアップする。

 

シロン スーパー スポーツの0-100km/h加速は2.4秒。0-200km/h加速はシロンより5.8秒(シロン比マイナス0.3秒)、0-300km/h加速はシロンより1秒速い12.1秒(シロン比マイナス1秒)、0-400km/h加速は28.6秒(シロン比マイナス4秒)を記録している。この数字からも、“スーパー スポーツ”の名に相応しく、伸びのあるスピード性能を有していることが分かる。

 

ブガッティ シロン スーパースポーツのリヤビュー

“究極のコーナリングマシン”を標榜したシロン ピュール スポールのカウンターパートとして登場した、ブガッティ シロン スーパースポーツ。車両価格は320万ユーロ(約4億2200万円)から。デリバリーは2021年8月末以降を予定している。

 

シロンの生産台数は500台に限定されており、前述のシロン スーパー スポーツ 300+やハンドリング重視のシロン ピュール スポール(60台)、110周年記念モデルのシロン スポーツ(20台限定)のほかに、ワンオフやごく少量限定の派生モデルが存在する。

 

今回のシロン スーパー スポーツも500台という限られた枠の中に含まれるモデルであり、貴重なシロンを入手できるチャンスは残り少なくなっている。

 

 

【関連記事】

伝統の名を継承する「ブガッティ シロン スーパースポーツ」誕生! 低く長いロングテールで400km/h超を追求

 

異次元の扉を開いたゲームチェンジャー! ブガッティ シロンの1500psを味わう 【Playback GENROQ 2017】

 

ブガッティ シロンを徹底解剖。最高速度420km/hの秘密を暴く 【Playback GENROQ 2016】

 

ブガッティ110周年記念モデル「シロン・スポーツ」登場。

 

ワインディングロードを純粋に楽しむブガッティ、「シロン ピュール スポール」デビュー!

 

ブガッティ シロン ピュール スポール、振り回して楽しめる究極のハンドリングマシンに進化

 

ブガッティ シロンが量産車初の490km/h超えを実現! 世界記録樹立の舞台裏【動画】