メルセデス・マイバッハ Sクラスが日本上陸! 豪華で広大なキャビンが自慢の「走るファーストクラス」

公開日 : 2021/07/03 06:30 最終更新日 : 2021/07/03 06:30

メルセデス・マイバッハ S 680 4マティック。フロントビュー

Mercedes-Maybach S-Class

メルセデス・マイバッハ Sクラス

 

 

Sクラスロングよりさらに180mm長いボディ

 

メルセデス・ベンツ日本は2021年7月1日、新型「メルセデス・マイバッハ Sクラス」を国内で発表。先行予約の受付を開始した。車両価格はV8搭載の「S 580 4マティック」が2648万円、V12搭載の「S 680 4マティック」が3201万円で、顧客へのデリバリーは2021年11月以降を予定している。

 

最新のSクラスをベースにしたマイバッハ仕様がいよいよ日本へ上陸した。およそ5.5mに達する全長に、3396mmのホイールベース(Sクラスのロングホイールベース比でプラス180mm)をもつ伸びやかな体躯が特徴。サイドから眺めると、前方のショートオーバーハング+後方のロングオーバーハングという、いかにもクラシカルなサルーン然としたプロポーションを描いていることが分かる。

 

メルセデス・マイバッハ Sクラスの日本発表イメージ

2021年7月1日、メルセデス・ベンツ日本は新型のメルセデス・マイバッハのSクラス及びGLSを日本で発表。マイバッハ Sクラスは同日より先行予約の受付を開始した。デリバリーは2021年11月以降を予定している。

 

圧倒的な広さを与えた後席空間

 

フロントグリルにはマイバッハブランド共通の繊細なピンストライプフィンを採用。その下のエプロン部分では、クローム仕上げのメッシュをあしらったエアインテークが表情を煌びやかに演出している。標準ホイールは20インチの鍛造アルミで、エレガントなディッシュデザインが趣深い(21インチのマルチスポークもオプションで用意)。

 

本物のショーファードリブンと呼ぶのに相応しい広大なキャビンには、贅をこらした装備・機能の数々が与えられている。180mmのホイールベース延長分はすべて後席乗員の居住空間のために充てられているそうで、膝前には圧倒的なスペースが洋々と広がっている。バックレストは通常19度、最大で43.5度までリクライニング。また、リクライニングポジション設定時に着座認識機能が「助手席に誰も座っていない」と判断した場合、自動的に助手席シートが前方的に移動する仕組みも採用した。

 

メルセデス・マイバッハ S680 4マティック。リヤシート

メルセデス・マイバッハ S 680 4マティックのリヤシート(欧州仕様)。助手席の背面下部分にフットレスト、後席下にレッグレストを格納している。

 

ドアはスムーズかつスマートな電動開閉式

 

助手席裏の下側にフットレストを、後席下にレッグレストを格納しているので、展開すれば体のほぼ全体を支える快適なポジションに身をゆだねることができる。シートにはもちろん、レッグレストにもリラクゼーション機能を搭載しているので、“ふくらはぎマッサージ”も可能。また、4人乗り仕様の「ファーストクラスパッケージ」を選択すれば、左右独立シートの間にクーラーボックスや格納式テーブル、シャンパングラスが“装備”される。

 

ホイールベースの延長によりリヤドアも拡大し重量が増しているが、電動開閉機能を備えているので乗降はスムーズ。後方から近づく障害物を検知するブラインドスポット機能と連動し、例えば歩行者などがいる場合は開閉機能を自動停止する。開閉スイッチはルーフライナーやドアハンドルなど、複数のエリアに用意している。

 

メルセデス・マイバッハ S680 4マティック。サイドビュー

メルセデス・マイバッハ S 680 4マティックのサイドビュー(欧州仕様)。Cピラーのクォーターライトに使用する合わせガラスの厚みを増すなど、Sクラス以上の防音対策を施している。

 

静粛性に優れたSクラスをさらに上回る“防音対策”

 

ベースのSクラス同様、世界初のリヤシート用フロントエアバッグも搭載。全席のシートバック裏側に格納されたエアバッグが、ベルトバッグ(シートベルトに格納されたエアバッグ)、クッションエアバッグ(座面に格納)と連動して後席乗員を衝撃から守る。ちなみに後席バックレスト上部にシートベルトフィーダーを標準装備しているので、体をねじまげてベルトを探し回る必要もない。

 

メルセデス・ベンツはSクラスでも圧倒的な静粛性を実現していたが、マイバッハ仕様ではさらにリヤホイール周辺に発泡吸音材を配置。Cピラーのクォーターライトに使用している合わせガラスの厚みも増し、ノイズ軽減タイヤも採用するなど、より万全な騒音対策を実施している。さらなる静粛を望むなら、Brumester4Dサラウンドシステムを装着すればまさに完璧。逆位相の音波を使うアクティブノイズキャンセレーション機能が不快なノイズを打ち消してくれる。

 

メルセデス・マイバッハ S580 4マティック。フロントビュー

メルセデス・マイバッハ S 580 4マティック(欧州仕様)。エンジンはV8+ISGと、長く愛されてきたV12の2種類を用意。巨体ながら後輪操舵を採用しているので取り回し性も良好という。

 

抗いがたい12気筒の魅力

 

マイバッハ Sクラスのパワートレインは2種。503ps/700Nmの4.0リッターV8ツインターボエンジン(M176型)に20ps/200Nmを発生するISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせた「S 580」と、いまや希少種となったV12ツインターボ(M279型)を積んだ「S 680」だ。

 

V12の最高出力は612ps、最大トルクはじつに900Nm。なにより、キャビンにずしりと響くチューバを彷彿させる低く太いサウンドと、どこまでも逞しい圧倒的な力強さは12気筒エンジンでしか味わうことができない。内燃機関としての抗いがたい魅力に溢れている。

 

いずれのエンジンにも、4輪駆動システムの「4マティック」と9速ATを組み合わせ、さらに取り回し性と安定性を向上する後輪操舵システムを採用している。

 

メルセデス・マイバッハ S580 4マティック。フェイシア

メルセデス・マイバッハ S 580 4マティック(欧州仕様)。前席と後席の間に設置するパーテーションの設定は無し。100%ショーファードリブンとして使うより、自らもステアリングを握るオーナーが多いのがその理由だそう。

 

新型マイバッハ Sクラスに「あれ」がない理由

 

V8エンジン+ISG搭載の「S 580」ならフルアクティブサスペンションの「Eアクティブ・ボディ・コントロール」を選択することも可能。4輪それぞれに48V対応のアクチュエーターを装着することで、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別に制御しばね上の動きを整える。路面前方の凹凸を読み取るロードサーフェススキャンやロール時の傾きを抑えるダイナミックカーブ機能とも連動し、常に安定感のある乗り心地を提供する。

 

ちなみに新型メルセデス マイバッハ Sクラスには前席と後席を隔てるパーティションの設定はない。このクルマの大半のオーナーは完全にショーファードリブンとして使うより、平日は運転手が、休日は自らステアリングを握る人が多いそうで、仕切り壁は不要との判断になったそう。

 

メルセデス・マイバッハ S580 4マティック。リヤビュー

メルセデス・マイバッハ S 580 4マティック(欧州仕様)。特徴的な2トーン塗装は手の込んだプロセスが必要で、仕上がりまでに1週間を費やす。大量生産モデルとは一線を画する特別な1台である証だ。

 

仕上げに1週間かかる専用の2トーン塗装

 

ちなみに特徴的な2トーンのボディカラーは、有償オプションとして今後導入する予定。これは通常の塗装工程に加えて手作業による塗装プロセスを組み合わせる手の込んだ仕様で、仕上がりまでに1週間を要するもの。ボディの上下段を精巧なバイカラーとして塗り分けるとともに、わずか4mmのピンストライプを美しく引いて工芸品のような見映えを実現する。

 

現在メルセデス・ベンツの高級車専用サブブランドとして名を残すマイバッハは、「最高の一流品を生み出す」という言葉とともに誕生した。1921年9月にベルリンの自動車ショーで「マイバッハ 22/70 HP(W3)」からちょうど100年。その記念すべき節目に、最新のマイバッハ Sクラスがまもなく日本の道を走り出そうとしている。

 

 

【関連記事】

新型メルセデス・ベンツ Sクラス国内最速試乗! 渡辺慎太郎が実感した「さすがSクラス」な進化をレポート

 

贅を極めた最新のマイバッハ Sクラス誕生! これぞメルセデス・ベンツが放つキング・オブ・フラッグシップサルーン

 

“マイバッハ”を冠するGLSが登場。これぞメルセデス製SUVのトップ・オブ・トップ

 

マイバッハという生ける伝説。100周年を迎えた高級車ブランドにメルセデス・ベンツがEVを追加!?

 

 

【SPECIFICATIONS】

メルセデス・マイバッハ S 580 4マティック

ボディスペック:全長5469 全幅1921 全高1510mm

ホイールベース:3396mm

車両重量:未発表

エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ(ISG搭載)

総排気量:3982cc

ボア×ストローク:83.0×92.0mm

最高出力:370kW(503ps)/5500rpm

最大トルク:700Nm/2000-4500rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

タイヤ&ホイール:前後255/40R20

車両価格:2648万円

 

メルセデス・マイバッハ S 680 4マティック

ボディスペック:全長5469 全幅1921 全高1510mm

ホイールベース:3396mm

車両重量:未発表

エンジンタイプ:V型12気筒SOHCツインターボ

総排気量:5980cc

ボア×ストローク:82.6×93.0mm

最高出力:450kW(612ps)/5250-5500rpm

最大トルク:900Nm/2000-4000rpm

トランスミッション:9速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前4リンク 後マルチリンク

タイヤ&ホイール:前後255/40R20

車両価格:3201万円

 

 

【問い合わせ】

メルセデスコール

TEL 0120-190-610

 

 

【関連リンク】

・メルセデス・ベンツ公式サイト

https://www.mercedes-benz.co.jp/