ポルシェとヒップホップの共通点とは? ポッドキャスト「9:11 Porsche Podcast」の最新エピソードが紐解く

公開日 : 2021/07/08 11:55 最終更新日 : 2021/07/08 11:55

ポルシェのポッドキャスト「9:11 Porsche Podcast」最新エピソードは、欧州のヒップホップ・カルチャーを紐解く

ドイツの人気ラッパー、クール・サバスが出演

 

ポルシェが展開するポッドキャストチャンネル「9:11 Porsche Podcast」が更新され、最新回に音楽ジャーナリストのニコ・バックスピン(Niko Backspin)と、ヒップホップアーティストのクール・サバス(Kool Savas)が出演。新たなムーブメント『Back 2 Tape』についてや、若者のヒップホップカルチャーが社会に与える影響について語り合った。

 

2018年4月に『Back 2 Tape』が発表されて以来、国境を越えて、開かれた文化的空間を共有するムーブメントが形成されてきた。音楽ジャーナリストのニコ・バックスピンは、このプロジェクトでヨーロッパ中を旅しながら、ラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティのルーツを探っている。

 

その過程で、2本のドキュメンタリーフィルムとヨーロッパのヒップホップに関するトラベル&カルチャーガイドを制作。カルチャーをベースにした価値観を共有することで、言語や宗教、人種などの壁を越えられることが示された。ドイツ・ラップ界のレジェンドであるクール・サバスは、改めて「ヒップホップには寛容さが不可欠」だと指摘する。

 

ポルシェのポッドキャスト「9:11 Porsche Podcast」最新エピソードは、欧州のヒップホップ・カルチャーを紐解く

音楽ジャーナリストのニコ・バックスピン(左)とクール・サバス(写真右)は、ヨーロッパにおけるヒップホップカルチャーの新たなムーブメント『Back 2 Tape』の中心を担ってきた。

 

国境を超えたムーブメント『Back 2 Tape』

 

今回公開されたポッドキャストの最新エピソードでは、ポルシェのコミュニケーション/サステナビリティ/ポリティクス担当副社長のセバスチャン・ルドルフが、ゲストのふたりと共にヒップホップとポルシェに共通する価値観、パイオニア精神、クオリティ、リスペクトについて語り合った。

 

トルコ系ドイツ人のカリスマ的存在であるサバスは、音楽業界においてあらゆる成功を手にしてきた。キング・オブ・ラップと称され、ベルリンで撮影された『Back 2 Tape』にも出演し多くの音楽アワードを受賞している。彼はまた、ポルシェの熱狂的なファンであることも知られている。

 

「私はよく、自分の音楽活動をポルシェの品質に喩えることがあります。ポルシェが持つ強力なイメージが大好きで、それを自分自身に投影しようとしてきました」と、サバスは語る。

 

ポルシェのポッドキャスト「9:11 Porsche Podcast」最新エピソードは、欧州のヒップホップ・カルチャーを紐解く

バックスピンとサバスは、ポルシェとヒップホップは新たな世界を開拓するというパイオニア精神を共有していると指摘する。

 

ポルシェとヒップホップの共通点とは?

 

ニコ・バックスピンもまた、ポルシェとヒップホップカルチャーに類似点を見出している。

 

「ポルシェが、それまで世界に存在しなかった全く新しいスポーツカーを生み出してきたように、ヒップホップもまた、アートやカルチャーの世界にまったく新しい価値観を生み出してきました」

 

一見、全く別の世界に見えるポルシェとヒップホップの共通点は、その分野のパイオニアということだけではない。ポッドキャストではクール・サバスが創作活動においてポルシェから得たインスピレーションや、どのように新たな音楽やカルチャーを生み出してきたか、その情熱の源泉を語っている。そして今回、ふたりはポルシェのファクトリーで、インテリアの製作過程を見学し、新たな刺激も得たようだ。

 

さらに番組の企画として、ポルシェのエンジンサウンドを当てるクイズも行われた。この最新エピソードは下記リンクから視聴できるほか、すべてのポッドキャスト・プラットフォームで無料配信中。ドイツ語での番組となるが、英語のトランスクリプトも公開されている。

 

 

【関連リンク】
・「9:11. ポルシェ・ポッドキャスト」チャンネル
https://newsroom.porsche.com/de/podcasts/911-porsche-podcast.html