プジョーの新たなモータースポーツシーンを切り拓く「9X8 ハイパーカー 」公開 【動画】

公開日 : 2021/07/09 17:55 最終更新日 : 2021/07/09 17:55

リヤウイングを排除した最新LMHプロトタイプレーシングカー、「プジョー 9X8 ハイパーカー 」を公開

PEUGEOT 9X8 Hypercar

プジョー 9X8 ハイパーカー

 

 

2022年シーズンのWECでデビュー予定

 

プジョーは、2022年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)に投入するル・マン・ハイパーカー(LMH)規定マシン「プジョー 9X8 ハイパーカー」を発表した。2022年シーズンから2台のプジョー 9X8 ハイパーカーを、ポール・ディ・レスタ、ロイック・デュバル、ミッケル・イェンセン、ケビン・マグヌッセン、グスタヴォ・メネゼス、ジェイムス・ロシター、ジャン=エリック・ベルニュの6名がドライブする。

 

2021年シーズンから導入されたLMH規定をベースに完全新規開発された9X8 ハイパーカーは、ハイブリッドテクノロジーを搭載した4輪駆動プロトタイプレーシングカー。プジョーは市販モデルとモータースポーツにおいて新戦略「ネオ・パフォーマンス(Neo-Performance)」を掲げており、プジョーの新たなモータースポーツ活動を象徴するマシンとなる。

 

リヤウイングを排除した最新LMHプロトタイプレーシングカー、「プジョー 9X8 ハイパーカー 」を公開

9X8に与えられた「9」の名称は、1992〜1993年にル・マン24時間を制したプジョー 905と、2009年にル・マン24時間のウイナーとなった908の直系プロトタイプレーシングカーであることを示している。

 

かつてル・マンを制覇した905、908の直系モデル

 

9X8 ハイパーカーの「9」は、1992年と1993年にル・マン24時間を制したプジョー 905と、2009年にル・マン24時間のウイナーであるプジョー908の直径モデルであることをアピール。この新しいプロトタイプレーシングカーは、トップレベルのモータースポーツにおけるプジョー成功の歴史を引き継ぐ存在となる。

 

また「X」は、4輪駆動技術とハイブリッドパワートレインの搭載を意味し、モータースポーツにおけるプジョー・ブランドの電動化戦略を体現。「8」は208、2008、308、508、3008、5008などプジョー現行モデルから採り入れられている。

 

リヤウイングを排除した最新LMHプロトタイプレーシングカー、「プジョー 9X8 ハイパーカー 」を公開

9X8には、プロトタイプレーシングカーではお馴染みとなってきた大型リヤウイングが装着されていない。この先進的なスタイルはプジョー・スポールの研究開発の末に決定された。

 

リヤウイングを排した先進的なフォルム

 

プジョーのデザインチームと開発チームは、モータースポーツ部門のプジョー・スポールと協力し、新たな空力ソリューションとスタイリングのアイデアを研究。これまでにない完全にオリジナルな存在のレーシングカーを作り上げた。

 

特にエアロダイナミクスに関して、LMH規定はより大きな柔軟性が認められており、9X8 ハイパーカーでは先進的なフォルムが採用された。また、これまでのレーシングカーで当たり前のように存在していたリヤウイングをあえて廃止。フェンダー上のウイングベントはタイヤの上部を露出し、完全にボディカウルに統合されたミラーはエアロダイナミクス向上に貢献している。

 

9X8の前後シグニチャーライトは3本の爪痕のようなストロークで構成。現行プジョーのトレードマークとなるデザインがレーシングカーにも採り入れられた。また、ボディやコクピット内に配されたセレンシウムグレーとクリプトナイト・アシッドグリーン/イエローのコントラストは、508と508 SWで初めて採用された新しい「プジョー・スポール エンジニアード」ラインと同様のカラースキームとなる。

 

リヤウイングを排除した最新LMHプロトタイプレーシングカー、「プジョー 9X8 ハイパーカー 」を公開

外装同様に、セレンシウムグレーとクリプトナイト・アシッドグリーン/イエローのコントラストが採用されたコクピット。ステアリングホイールやリヤビューディスプレイなど、これまでのレーシングカーとは一線を画する装備が採用された。

 

これまでの常識を覆す先進的なコクピット

 

エクステリアだけでなく、コクピットも大型ディスプレイが配置されたスクエアなステアリングホイールをはじめ、リヤビューミラーがデジタル化されるなど、これまでのレーシングカーの常識を覆す仕様となっている。プジョーのリンダ・ジャクソンCEOは、9X8 ハイパーカーの先進性について、次のようにコメントした。

 

「私はプジョー・デザインとプジョー・スポールが、常に質の高い革新的な作品を生み出してきたことをよく知っています。しかしこの9X8 ハイパーカーには圧倒されました。とにかく素晴らしいのです。その革新的で流れるようなラインが、パワフルなブランド・アイデンティティを見事に表現しています」

 

「9X8 ハイパーカーのディフューザー上に『We didn’t want a rear wing(私たちにリヤウイングは必要ない)』というメッセージが記されています。リヤウイングは、1967年にル・マン24時間レースに参戦したシャパラル 2Fで初めて採用されたもので、半世紀以上当たり前に取り付けられましたが、採用が疑問視されたのは今回が初めてのことです」

 

「9X8の革新的なリヤセクションは、プジョー・スポールの開発チームが人目を惹くスタイルを維持しながら、可能な限り空力的に優れたモデルにするために行った研究から生まれたものです」

 

リヤウイングを排除した最新LMHプロトタイプレーシングカー、「プジョー 9X8 ハイパーカー 」を公開

パワートレインは最高出力680hpを発揮する2.6リッターV6ツインターボに、200KWの電動モーターが組み合わせられた。

 

最高出力680hpの2.6V6ターボに電動モーターの組み合わせ

 

2020年9月、新たにル・マン・ハイパーカークラスへのプジョー参戦が発表されて以来、パリ近郊ベルサイユにあるプジョー・スポールのファクトリーでは9X8 ハイパーカーの開発が精力的に進められてきた。

 

搭載される「プジョー ハイブリッド4 500kWパワートレイン」は、最高出力680hpを発揮するバンク角90度2.6リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジンをミッドに搭載。これに7速ギヤボックスを組み合わせ、フロントアクスルに200kWの電動モーターユニットが配置される。

 

すでに内燃機関は4月からテストが開始されており、モーター、ギヤボックス、バッテリーの各ユニットは現在組み立て中。900V高電圧・高密度バッテリーは、プジョー・スポールとトタルの子会社であるサフト(Saft)が共同開発したものが搭載される。