ランドローバー ディスカバリーがマイナーチェンジ。2022年モデルの受注をスタート

公開日 : 2021/07/12 16:55 最終更新日 : 2021/07/12 16:55

AUTHOR :
ランドローバー ディスカバリーのフロントスタイル

LAND ROVER DISCOVERY

ランドローバー ディスカバリー

 

 

現行モデル登場の2017年以来初のマイナーチェンジ

 

ジャガー・ランドローバージャパンは、2021年7月8日よりフルサイズSUV「ランドローバー ディスカバリー」の2022年モデルを、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ネットワークにて受注を開始した。

 

DISCO22Y

ディーゼル、ガソリンエンジン共にパワフルなマイルドハイブリッドを搭載し、SUVらしい走破性も確保している。

 

ディスカバリーらしさをより際立たせるエクステリアデザインに

 

2022年モデルは現行のディスカバリーが登場した2017年以来、初めてのマイナーチェンジを施したモデルとなる。今モデルではエンジンラインナップを刷新して、ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BiSG)と48Vリチウムイオンバッテリーで構成されるマイルドハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用したことが大きなトピック。

 

パワートレインは3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力300ps、最大トルク650Nm)と、3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(最高出力360ps、最大トルク500Nm)の2種から選択可能となっている。

 

DISCO22Y

LEDヘッドライト、フロントグリル、バンパーのデザインを変更して、よりディスカバリーらしい精悍なマスクとなった。

 

3Dサラウンドカメラを初搭載

 

エクステリアはLEDヘッドライトをはじめ、テールライト、フロントグリル、フロント/リヤバンバーのデザインを変更して、ディスカバリーの持つキャラクターと力強さを際立たせている。インテリアは3列目のシートを標準装備としたほか、2列目シートの形状やシートクッションの角度、厚みを改善させ、7人の乗員が快適に過ごせる空間に改良している。また、よりダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」をラインナップに追加している。

 

装備もより充実させ、ディスカバリーには初搭載となる3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システム、さらに最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準で装備している。

 

DISCO22Y

多機能な空気清浄化システムをオプションで用意して、車内を常にクリーンで快適な空間に保つ。

 

多彩なインフォテインメントを標準で備え、多機能クリーンシステムを別途用意

 

「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意しており、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを快適な通信環境で、データ容量を気にすることなく使用することが可能となる。

 

さらに、多機能な空気清浄化システムをオプションで用意しており、社外の状況や社内のCO2量をモニタリングして、必要に応じて内気循環と外気導入の切り替え、エアコン動作時にマイナスイオンの発生、PM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターを装備するなど、車内をよりクリーンに維持してくれる。

 

 

【車両本体価格(税込)】

3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MEHV)搭載モデル

・ディスカバリー D300:840万円

・ディスカバリー S D300:886万円

・ディスカバリー SE D300:950万円

・ディスカバリー R-DYNAMIC SE D300:996万円

・ディスカバリー R-DYMAMIC HSE D300:1031万円

 

3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(MHEV)搭載モデル

・ディスカバリー P360:780万円

・ディスカバリー S P360:815万円

・ディスカバリー SE P360:885万円

・ディスカバリー R-DYNAMIC SE P360:930万円

・ディスカバリー R-DYMAMIC HSE P360:978万円

 

 

【主な特徴と装備】

・エクステリアカラーに「ハクバシルバー」「ランタオブロンズ」「シャラントグレイ」を追加

・シグネチャーLEDヘッドライト、テールライト、フロントグリル、フロント&リヤバンパーのデザインを変更

・3列目シートを標準装備(HSEは電動となる)。2列目シートの形状、シート角度、クッションを見直して快適性を向上

・ダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」をラインナップに追加

・最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックに専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索、ガソリン価格のオンライン取得、マップデータのオンラインアップデート)、音楽等のメディア(Spotify、Deezer、TuneInRadio)、天気予報(AccuWeather)、カレンダー(Google Suite、Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にせずに使用可能

・ドライバー支援システムを標準化(3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニター)

・多機能な空気清浄化システム。

 

 

【エクステリアカラー】

全12色:ハクバシルバー(新色)/ランタオブロンズ(新色)/シャラントグレイ(新色)/フジホワイト/サン トリーニブラック/ユーロンホワイト/バイロンブルー/アイガーグレイ/ポルトフィーノブルー/カルパチアングレイ/シリコンシルバー/ナミブオレンジ

 

 

【問い合わせ】

ランドローバーコール

TEL 0120-18-5568

 

 

【関連リンク】

・ランドローバー 公式サイト

http://www.landrover.co.jp