世界限定15台、大胆なワイドボディを手にした「ノヴィテック フェラーリ F8 “N-LARGO”」デビュー 【動画】

公開日 : 2021/07/14 06:30 最終更新日 : 2021/07/14 06:30

世界限定15台、大胆なワイドボディを手にした「ノヴィテック フェラーリ F8 トリブート “N-LARGO”」がデビュー

NOVITEC Ferrari F8 “N-LARGO”

ノヴィテック フェラーリ F8 “N-LARGO”

 

 

ノヴィテックが手掛けた大胆な空力パーツを装着

 

フェラーリやランボルギーニなど、スーパースポーツのチューニングカーを展開するドイツのノヴィテック(NOVITEC)が「フェラーリ F8 トリブート」をベースに、大胆なワイドボディを実現したカスタマイズプログラム「N-LARGO」を発表した。ノヴィテックが手掛けたF8  N-LARGOは世界限定15台のみのリリースとなる。

 

ミッドに搭載される3.9リッターV型8気筒ツインターボは、オリジナルの720psから818ps(602kW)へと大幅にパワーアップ。0-100km/h加速はわずか2.6秒、最高速度は340km/hを超えるスペックが与えられた。

 

世界限定15台、大胆なワイドボディを手にした「ノヴィテック フェラーリ F8 トリブート “N-LARGO”」がデビュー

F8 トリブートの端正なボディワークをベースに、ノヴィテックは風洞施設を利用して130mm拡幅化という大胆なボディワークを開発した。

 

風洞実験で決定された130mmの拡幅化

 

ノヴィテックは前作のマクラーレン 720S スパイダー N-LARGOと同様にドイツのカーデザイナー、ヴィットリオ・ストロセクトと協力。カーボンファイバー製パーツをふんだんに使用し、大胆なフォルムを実現した軽量ボディワークキットの開発に取り組んだ。

 

今回も風洞施設を積極的に活用することで最適化された空力性能を獲得しただけでなく、世界最強のスーパーツポーツに相応しいエキサイティングなアピアランスを手にしている。130mmも拡幅化されたボディワークに使用されるマテリアルには、軽量かつ高強度のカーボンファイバーが積極的に採用された。

 

世界限定15台、大胆なワイドボディを手にした「ノヴィテック フェラーリ F8 トリブート “N-LARGO”」がデビュー

ホイールは、F8のウェッジシェイプをより強調する、ヴォッセと共同開発したフィンタイプの「NF10 NL」ホイールを装着する。

 

足元には専用の「NF10 NL」鍛造アルミホイール

 

足元には、ノヴィテックの公式パートナー、アメリカのヴォッセ(Vossen)社が、N-LARG専用に開発したハイテク鍛造「NF10 NL」ホイールを装着した。フロント21インチ、リヤ22インチと前後異なるサイズを採用したことで、ミッドエンジンスーパースポーツのウェッジシェイプをさらに強調する効果を持つ。

 

足まわりにはノヴィテック製スポーツスプリングを装着し、ベースモデル比で20mmローダウン化。さらに、段差のある場所で活用するフロントリフトアップ機能も採用された。

 

世界限定15台、大胆なワイドボディを手にした「ノヴィテック フェラーリ F8 トリブート “N-LARGO”」がデビュー

エクステリアに合わせて、インテリアも様々なマテリアルを組み合わせたカスタマイズが可能となっている。

 

多彩なメニューからチョイス可能なインテリア

 

これまでのノヴィテックのプログラム同様、フェラーリ F8 “N-LARGO”のインテリアも様々なカスタマイズが可能。ユーザーの好みに合わせ、レザー、アルカンターラ、カーボンなど、カラーや素材に拘った独自のコクピットを作り出すことができる。