ジャガー・レーシング、フォーミュラE第11戦ニューヨークでサム・バードが自身3度目の優勝 【動画】

公開日 : 2021/07/14 11:55 最終更新日 : 2021/07/14 11:55

フォーミュラE第11戦ニューヨーク、ジャガー・レーシングのサム・バードが自身3度目の優勝

Jaguar I-TYPE 5

ジャガー I-TYPE 5

 

 

バードがドライバーズランキング首位に浮上

 

ジャガー・レーシングは、ニューヨークで行われたABB FIA フォーミュラE世界選手権第10戦/第11戦に「I-TYPE 5」で出走し、第11戦でサム・バードがニューヨークで3度目の優勝を飾るという歴史的快挙を成し遂げた。また、ドライバーズランキングでも再び首位に浮上している。

 

ニューヨークの市街地レースを制したバードは、次のように喜びを語った。

 

「残念ながら第10戦ではミスをしてしまい、そのダメージはとても大きかったのですが、チームのみんなは信じられないような仕事をしてくれました。レースに出走できたことだけでも驚きなのに、ポイントを獲得できたのは、チームへのささやかなお返しになったと思います」

 

「翌日の第11戦は素晴らしい1日となりました。これ以上嬉しいことはなく、チームを誇りに思います。第10戦の状況から挽回し、このような結果を勝ち取ることは私たちが望んでいた展開であり、とても良い気分です。ジャガー・レーシングのみんな、ありがとう!と言いたいです」

 

フォーミュラE第11戦ニューヨーク、ジャガー・レーシングのサム・バードが自身3度目の優勝

これまでニューヨークで行われたフォーミュラEで2勝の経験を持つバードだったが、第10戦はプラクティスから様々なトラブルに見舞われることになった。

 

第10戦で様々な不運に見舞われたバード

 

7月10日に開催された第10戦、バードは不運な出来事に襲われることになった。フリープラクティス1でウォールに衝突し、急遽シャシー変更を余儀なくされる。しかし、ジャガー・レーシングのメカニックとエンジニアが驚異的なチームワークで、パルクフェルメまであと6秒というところで修理を終えた。

 

予選になんとか間に合ったものの、今度はオリバー・ローランド(ニッサン e.dams)とのクラッシュに見舞われ、決勝は20番グリッドからのスタート。しかしファステストラップを叩き出すなど快調な走りをみせ、9位まで順位を上げてポイント圏内でフィニッシュした。

 

一方、16番グリッドからスタートしたエバンスは、巧みなレース運びでオリバー・ターベイ(NIOフォーミュラEチーム)とセルジオ・セッテ・カマラ(ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツ)を抜いて14位に浮上した。

 

その後、ノーマン・ナト(ロキット・ベンチュリ・レーシング)、ジェイク・デニス(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)をオーバーテイク。ポイント圏内に浮上したものの、電気系統のトラブルにより、レース残り27分でリタイアとなった。

 

フォーミュラE第11戦ニューヨーク、ジャガー・レーシングのサム・バードが自身3度目の優勝

ジャガー・レーシングはバードとエバンスが、スーパーポールに進出。ポールのバードがそもままトップフィニッシュを果たした。

 

バードが第11戦でポール・トゥ・フィニッシュ

 

11日に行われた第11戦では、バードとエバンスの両ドライバーが、チーム史上はじめてスーパーポールに進出。フロントロウを独占するという快挙を成し遂げた。

 

ポールポジションを獲得したバードはそのまま首位をキープし、トップでフィニッシュした。バードにとってニューヨークのサーキットでの優勝は3度目で、フォーミュラEにおける同一サーキットで3回優勝した初のドライバーとなっている。

 

一方のエバンスは2番グリッドから出走し、1-2フィニッシュの可能性がみえていたが、ニック・キャシディ(エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング)との攻防戦の末、レース終盤にウォールにヒット。これでペースを崩し、最終的に13位でレースを終えた。悔しいレースとなったエバンスは、次のようにレースを振り返った。

 

「第10戦は順調なスタートを切ることができ、10位以内を走行していましたが、電気系統のトラブルでマシンが停止してしまい、再起動することができませんでした。第11戦は、まさに待ち望んでいた展開だったのに台無しにしてしまいました。本当に悔しくてとても辛いですが、優勝したサムには心からおめでとうと言いたいです」

 

フォーミュラE第11戦ニューヨーク、ジャガー・レーシングのサム・バードが自身3度目の優勝

ニューヨーク・ラウンドを終えて、ジャガー・レーシングはバードがドライバーズランキングトップ。チームズランキングでも、首位の5ポイント差の3位に付けている。

 

チームズランキングでも首位のヴァージンを射程に

 

ドライバーズランキングで、バードが現在首位に浮上し、エバンスは8位。チームランキングでは、ジャガー・レーシングは、現在首位のエンヴィジョン・ヴァージン・レーシングに5ポイント差の3位につけている。

 

ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーは、ニューヨークでのレースを以下のように総括した。

 

「初日の第10戦は厳しい結果となりましたが、第11戦では一転し、素晴らしい結果を残しました。サムとミッチがフロントローを独占したことは、小さくも新たな歴史を刻んだ瞬間です。ふたりは、グループ・クオリファイ・セッションを突破し、スーパーポールに進出しました。決勝では、サムとチームが素晴らしいパフォーマンスを発揮し、完璧な勝利を収めました」

 

「ミッチは後続のニック・キャシディの差をコントロールしながらポジションを維持していましたが、壁にぶつかった際にリヤサスペンションが壊れてしまい、ゴールまであと一歩というところでポイント圏外にまで後退し、苦い思いをしました。サムがドライバーズ・ランキングのトップに返り咲き、この勢いを維持しながら、2週間後のジャガー・レーシングとして初めてホームグラウンドでのレースに挑むのが待ち遠しいです」